RubyKaigi2009 スペシャルレポート

Ruby会議2009 直前レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

オブジェクト指向スクリプト言語Rubyに関する世界を代表するイベント,日本Ruby会議が今年も開催されます。

2006年の開催から4回目を数える日本Ruby会議2009(略称:RubyKaigi2009)は,7月17日(金)から19日(日)までの3日間,過去最大のスケールで開催されます。

今回,RubyKaigi2009を3日間に渡ってレポートします。基調講演や一般発表,Lightning Talksの様子を,写真付きで随時更新してお届けしますので,現地にこられない方も,RubyKaigiの熱気を感じていただければ幸いです。

初回は事前レポートということで,これまでのRubyKaigiを振り返りつつ,RubyKaigi2009の見所を紹介します。

イベント概要

チケット(初回販売分)が発売から約2時間で売り切れるなど,開催前から期待の高さをうかがわせました。チケットは追加販売を含め既に完売しています。また,昨年設置されたチケット無しで入場できるフリースペースは,今年は設置されません。

会場は東京都千代田区の学術総合センターです。昨年はつくばでの開催でしたが,今年は都内での開催となり,多くの人にアクセスしやすい会場となりました。基調講演が行われるメインの会場は約500人が収容できる大規模なホールです。

なお,現地参加できない方のために,今年もUstreamを利用したライブストリーミング配信が予定されています(詳細は後述)。

テーマは「変える/変わる」

RubyKaigi2009のテーマは,「変える/変わる」です。

昨年のRubyKaigi2008は「多様性」をテーマとし,Ruby1.9.0のリリースやRuby on Railsの話題だけでなく,JRubyやIronRubyなどオリジナルRuby処理系以外の実装についての発表がありました。

本会議終了後のRejectKaigiでは,運営委員長である角谷信太郎さんから地域Ruby会議(Regional RubyKaigi)が提案されました。これを受けてこの一年の間に札幌や九州など8カ所で開催され,いずれも好評を博しています。 Rubyの実装だけでなく,Rubyコミュニティにも多様性を目指す動きがみられ,まさしくRubyのポリシーである「多様性は善」を体現したものとなりました。

今年のRubyKaigi2009では,Ruby1.9系の安定リリースであるRuby1.9.1の発表を受け,1.8系からの変化を知ることができるでしょう。 RubyKaigi自体にも変化があります。大きな変更として,発表が3トラック並列に行われ,Lightning Talksも2セッション準備されています。また今年の特徴として,海外からの参加者も例年以上に多いそうで,このあたりもRubyKaigiの「変化」を肌で感じられるのではないでしょうか。

昨年の多様性というテーマを発展させ,日本Ruby会議2009の紹介にもあるように,「変革への期待と決意を一望できる場所」となることを期待しています。

プログラムの紹介

続いて,タイムテーブルを眺めながら,今年のプログラムを紹介します。3日間,3トラックを合計して,54個の発表と22個のLightning Talksが予定されており,過去最高に盛りだくさんの内容となっています。

基調講演

まつもとゆきひろさんの基調講演は,現時点で内容未定(!)となっているのでなんとも言えませんが,RubyKaigi2008のときの「Rubyをキメると気持ちいい」に続く,素敵なフレーズの登場を期待せずにはいられません。

もう一方,高橋征義さんの基調講演の題は「Rubyと私、そして日本Rubyの会」。高橋さんは,先月末に発行されたRubyist Magazine 0026 号巻頭言の中で,

私にとって一番変えるべきなのは、このるびまも含めたRubyの会で。なので、会長を辞めることもそれなりに考えていたのだけれど、まだもうちょっとやれそうな気がするので、それ以外の「変えること」を、話してみたいと思う。

とドキッとするようなことを述べられています。今後の大きな動きについてお話されるようで,要チェックです。

一般発表,Lightning Talks

発表のタイトルからキーワードを抜き出してみると「Ruby 1.9」「Ruby VM」等のRubyそのものの進化の話,「Rails」「JRuby」といったここ数年のトレンドを汲んだものから,「Sinatra」「Ramaze」「Sequel」 のような新たなフレームワーク,ライブラリまで,内容が多岐に渡っていることがうかがえます。

特に,「Sinatra」「Ramaze」に代表される,よりシンプルで軽量なWebアプリケーションフレームワークの台頭は,皆が沸いた「Rails時代」の先にある世界を予見させてくれます。

また,Rubyを取り巻くコミュニティやイベントの話も多数あり,今後のRuby界の動向を追いかけていく上ではこちらも目が離せません。

発表者の2割以上が海外からの参加であり,総じて,日本国内だけに留まらない「世界のRuby情勢の今」を知る絶好の機会となります。先に紹介した「Sinatra」など,開発者自らがRubyKaigiのために多数来日し,彼らがコードに込めた想いを聞かせてくれることでしょう。このような豪華ラインナップですが,悩みは,魅力的な発表が同じ時間に重なってしまうことでしょうか…!

その他

最後に,ここまでの話に含められなかったトピックをまとめて紹介します。

会場へのアクセス

会場は東京都千代田区の学術総合センター地図です。最寄り駅は,東京メトロ半蔵門線,都営地下鉄三田線,都営地下鉄新宿線の神保町駅,または東京メトロ東西線の竹橋駅です。

Ustreamを利用した映像配信

3つのトラック(会場)それぞれにおいて,発表の様子が配信されます。当日,会場にこられない方も,中継を見てぜひRubyKaigi2009に参加しましょう!

ジュンク堂書店RubyKaigi店

今年も「ジュンク堂書店RubyKaigi店」が出店します。Rubyistな著者の方々によるサイン会も行われます!

公式タグ,公式ハッシュタグ

ブログやTwitter上で利用していただきたい,公式タグ,公式ハッシュタグは以下のとおりです。

  • 公式タグ: rubykaigi2009
  • 公式ハッシュタグ: #rubykaigi

これらを利用することで,以下のように情報を共有することができます。

おわりに

開催まであとわずかです。それでは,RubyKaigi2009でお会いしましょう!

著者プロフィール

大和田純(おおわだじゅん)

ハンドルネームはjune29。RubyKaigi2009当日スタッフ(KaigiFreaks)。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebクリエイタ。北海道出身。技術が人々の生活をどのように豊かにしていくかを考えるのが楽しくて,新しいものはどんどん日常に取り入れてみる。好きな言語はRuby。尊敬する漫画家は荒木飛呂彦先生,好きな擬音語は「メギャン」。

URLhttp://june29.jp/


白土慧(しらつちけい)

ハンドルネームはkei-s。RubyKaigi2009当日スタッフ(KaigiFreaks)。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebエンジニア。札幌市出身。大学時代にWebと複雑ネットワークの楽しさを知る。人と情報のつながりを考えるのが好き。好きな言語はJavaScriptとRuby。好きな小説家は舞城王太郎。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/kei-shttp://friendfeed.com/keis

コメント

コメントの記入