Sapporo RubyKaigi 2012 スペシャルレポート

札幌Ruby会議2012 事前特集 第4回

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

いよいよ今週9月14日~16日に開催される札幌Ruby会議。その見どころを紹介する事前特集も最終回の第4回目です。今回は3日目のセッションとRuby Kaja,会期中に開催されるサブイベントを紹介します。

セッション紹介 3日目

"Ruby の世界の継続的デリバリ" - 柴田博志

Rubyで実装されたWeb日記システム,tDialyのコミッターの一人として知られる柴田博志さんによるセッションです。柴田さんは現在、株式会社paperboy&co.に在籍し,技術基盤整備エンジニアとして新しい方法論や技術の導入,開発手法の整備などソフトウェア,サービス開発でよいとされていることを普及させる活動をメインに行なっています。

柴田さんによると継続的デリバリーを実現するためには導入する組織のプロセスに合わせた仕組み作りやツールの採用が必要とのことで,今回の発表では特にRubyistが継続的デリバリーを導入する場合に効果的なパターンやツールについて紹介します。また,柴田さん自身の経験をベースとした内容になるそうで「継続的デリバリー」などの書籍だけでは得られない実践的なものとなるでしょう。

継続的デリバリーに興味を持っている方や,実際に導入されている方,ソフトウェアの開発・リリースプロセスの改善に興味のある方にとって特に有意義なセッションです。

"コードについて語るときに我々の語ること" - 向井ジョニー

PIVOTAL TRACKERの開発でも有名なPivotal Labsの向井ジョニーさんによる講演です。⁠コードについて語るときに我々の語ること(What We Talk About When We Talk About Code)⁠というタイトルはレイモンド・カーヴァーの小説を連想させますね。

小説は,誰が読んでも同じ文字が書いてあるのに,人によって受け取り方が異なります。不思議ですね。読む人のすごしてきた人生,考え方や立場の違いが影響するのでしょうか。コードも同様に,誰にとっても同じ文字なのに,経験の浅い開発者と熟練の開発者,プロダクトマネージャーにとってはそれぞれ捉え方が異なるようです。

様々な観点からコードを眺めることで,既存のコードにも新たな発見があるでしょう。それはコードをより良く保ってくれるはずです。どうしたら,今ある観点を元に,新しい観点でコードを眺めることができるでしょうか。どうしたら,コードへの考え方の違いを,開発の手助けとすることができるでしょうか。このセッションではそういったことをご紹介いただきます。楽しみですね。

"分散 RSpec" - 村田賢太

村田賢太さんはRubyコミッターであり,桁数の制限のない小数値を扱うライブラリ「BigDecimal」など,数学関連のライブラリを中心に貢献をしています。札幌在住当時はRuby札幌の中心メンバーの一人として活動していました。

RSpecはRubyのテスティングツールです。このセッションではRSpecのスペックファイルが書かれたファイルが与えられたとき,それらの処理を分散して実行することについてご紹介いただきます。これはすなわち,複数のCPUコアや複数のマシンに処理を分担させることが可能ということであり,実際に村田さんが所属しているクックパッドでは,このライブラリがCIジョブの時間短縮に貢献したとのことです。

分散実行の際に問題になる点,例えばProducer-Consumer問題(DB書き込みなど依存関係のある処理があっても,意図した結果が出るような手順で処理する)への対応についても言及される予定です。分散処理全般に関心のある方にも興味深い内容になるのではないでしょうか。

"The First Cut is Deepest" - Linda Liukas,Terence Lee

Rails Girlsの共同設立者Linda Liukasさんと,Rails Girlsのお手伝いをしているTerence Leeさんによるセッションです。

何であっても,初めての時は大変ですよね。一般的に,初心を持ち新鮮な観点で物事を見つめている場合に得られるものは多いようです。逆に,ある程度慣れてしまい,初心を忘れると得られるものも減ってしまうようです。

Rubyのコミュニティに置き換えても,同様なことが言えるのではないでしょうか。読者の方の中にも,初めてRubyやRailsを触った時,環境構築や未知の概念に触れて,悩んだり戸惑ったことのある方がいると思います。自分がかつて悩んだ問題と同じ悩みを持つRuby初心者がいたとして,してあげられることは何でしょうか。その問題の解決を手助けしたとして,手助けは初心者のためにのみなるのでしょうか。手助けした方は何を得るでしょうか。

このセッションでは,そういった我々(コミュニティ)がRuby初心者に対して手助けできることは何か,また,良いコミュニティをつくるために彼らから我々が学べることは何か などについてご紹介いただきます。

"ユーザ指向サービスデザイン" - 江渡浩一郎

江渡浩一郎さんは,独立行政法人 産業技術総合研究所に所属しています。専門分野は集合知で,特に多くの人が共同で一つの構築物を作り上げる過程に興味を持っています。主な代表作はメーリングリストとWikiを組み合わせたqwikWeb」⁠物理シミュレーションシステムを用いた作品を共有するModulobe」⁠今回紹介されるWedataなどがあり,書籍『パターン,Wiki,XP ―― 時を超えた創造の原則』の著者でもあります。

「インターネット上の多種多様なWebサイトを処理対象とするサービスを設計することは難しいが,それはそれぞれのWebサイト毎に異なる処理方法を記述する必要があるからである。これは,ユーザ自身が自分で処理方法を記述するようにすれば解決できる」というのが"ユーザー指向サービスデザイン"の目指す方向です。

今回は,Wedataを基盤として使用している,AutoPagerizeを実例として"ユーザ指向サービスデザイン"についてご紹介いただきます。AutoPagerizeは閲覧しているWebページに自動で継ぎ足しを行うGreasemonkeyスクリプトです。このAutoPagerizeに必要なメタデータを共有するサイトがWedataであり,Wikiのように誰でも書換えられるデータベースを作成するシステムです。

AutoPagerizeやWedateを通して「ユーザ指向サービスデザイン」について知ることができるでしょう。

"Spree で約3ヶ月でイチからEコマースサービスを作るまで" - 白土慧

Ruby on Rails製のオープンソースのEコマースサイト構築ソリューション Spree についてRuby札幌に所属する白土慧さんにご紹介いただきます。

札幌生まれ札幌育ちの白土さん。大学ではWebと複雑ネットワークを学び,卒業後はディスカバリーエンジンを手がける株式会社サイジニアに所属。その後フリーランスを経て,現在はWebエンジニアとして活動しています。Twitterユーザ向けリアルタイム通知サービス NotWife の開発者です。好きな言語はRubyとJavaScript。雑誌『Web+DB Press』で2011,2012年にかけRubyの連載を担当。過去にRubyKaigi2010,2011の実行委員も務めました。

これまで Eコマース案件に関わったことがなかったという白土さん。しかしRailsとSpreeを利用することで,開発に携わったメガネ・サングラスの通販サイトOh My Glassesを開発者2人とデザイナー1人という少人数チームで3ヶ月という期間で構築できたとのことです。

日本国内でSpreeを本格的に活用した事例はおそらく初めてで,本セッションではSpreeを利用した開発や,運用における様々なノウハウが聞けることでしょう。RailsでEコマース案件に携わる開発者には色々参考にできる内容となるかもしれません。

"たのしい開発へ至る道" - Tatsuo Sakurai (tatsuoSakurai)

スタートアップRubyの著者の一人であり,札幌Ruby会議2012のGold Sponsorである株式会社万葉の櫻井さんの発表です。櫻井さんは数年前プログラマになったときにいろんな悩みを抱えていました。そこで,たのしい開発につながりそうな,気になる言葉に出会いました。それは,⁠アジャイル開発」と,⁠ペアプログラミング」という2つの言葉でした。

この2つの言葉と,⁠社長がエンジニアであること」⁠⁠コミュニティに参加している」点を合わせて会社を探したところ,万葉という会社を見つけ出し思い切って転職したそうです。

たのしく仕事をできるようになるまでの経緯と「どのようにRubyコミュニティに入って行くか」⁠どうすればRubyが楽しめるか」についてお話いただきます。発表を通して,たのしい開発へ至る道が示されるでしょう。

"DCI and the application builds our mental models" - 角谷信太郎

Ruby会議ではおなじみ,角谷信太郎さんが今年も登壇します。角谷信太郎さんは株式会社永和システムマネジメントに所属するエンジニアであり,⁠一般社団法人日本Rubyの会」の理事も勤めています。札幌Ruby会議も含まれる地域Ruby会議プロジェクトに深く関わるキーパーソンの一人です。

「DCI and the application builds our mental models」と題されたこの講演では,一部Rubyistからも関心を集めているDCI(Data,Context and Interaction)という考え方に関してご紹介いただきます。DCIはMVCアーキテクチャの提唱者でもあるTrygve Reenskaug氏により提唱され,デンマーク在住のDCIエヴァンジェリストJames O.Coplien氏により普及が進められてる,MVCアーキテクチャを補完する新たなパラダイムです。

DCIの特徴は,これまでは実装とは関係なく思えていた,プログラマ・エンドユーザ自身の思考もシステムを構築するアーキテクチャーの一つに含めてシステムを考える点にあります。ユーザの思考をソースコードに折り込むために,DCIでは「ロール」と呼ばれる概念をオブジェクトに紐づけます。現在DCIが注目を集めているのは,Ruby on Railsで構築されたWebアプリケーションでも,初期構築から時間を経つとともに保守しづらくなっている状況が背景にあるのではないか?と発表者の角谷さんは考えています。

本発表では,角谷さんが開発に関わったRuby on Railsを使ったWebアプリケーションにどのようにDCIを取り入れていくか実践例もふまえつつ,DCIについてご紹介いただくことになります。

著者プロフィール

KaigiFreaks レポート班

KaigiFreaksとは,会場に来れなかった人にも雰囲気や内容を楽しんでもらえることをミッションとする特別編成チーム。配信班とレポート班の2班で構成される。レポート班の作業はエクストリームスポーツとして知られていたが,今回はその評判を覆すべく史上最大規模の編成で臨む。


前鼻毅(まえはなつよし)

Ruby札幌,アジャイル札幌,CLR/Hなど札幌のコミュニティで活動中。RICOH IT SOLUTIONSにてRubyやObjective-Cのコードを書いている。

twitter:http://twitter.com/sandinist


にく

北海道出身で沖縄や東京に住んだ後,今は札幌在住のプログラマ。コンサドーレ札幌が好き。Ruby,Emacsが心のメインツール。最近はHaskellを試している。

twitter:https://twitter.com/niku_name
blog:http://niku.name/


小野寺大地(おのでらだいち)

北海道大学大学院,一般社団法人LOCAL,Ruby札幌あたりで活動中。普段は複雑ネットワークの研究をしていて,肉チャーと二郎系ラーメンをこよなく愛している。

twitter:http://twitter.com/onodes
facebook:https://facebook.com/onodes


H.Hiro

北海道大学大学院在籍。Ruby札幌,札幌C++勉強会などで活動中。コレクションの要素数を数えるのに便利なライブラリ「multiset」などを作っている。Rubyで好きなものは「ブロック付きメソッド呼び出し」「Domain-Specific Languageの文化」。

twitter:http://twitter.com/h_hiro_


小玉直樹(こだまなおき)

生まれも育ちも札幌のプログラマ。RubyにハマってからはWebアプリを作るのが楽しくて日課になっている。1年ほど前からコミュニティ活動にも参加を開始し,素敵な技術者と出会える日々に感謝。

twitter:https://twitter.com/volpe_hd28v
blog:http://d.hatena.ne.jp/koda_hd28v/


うさみけんた

いまをときめく自宅警備員…だったのですが,Ruby会議の半月前に退職して東京に移住しました。Python札幌などでも活動。セキュリティ&プログラミングキャンプ2011言語クラスチューター。函数型言語の浅瀬で溺れる。

twitter:http://twitter.com/zonu_exe
blog:http://d.hatena.ne.jp/zonu_exe


すずきゆうすけ

札幌市に隣接する風の街・江別市で働く自営業。Ruby札幌にときどき顔を出す。Garage Labsにもときどき出没。プリキュアと朝ドラをこよなく愛し,日々変動する体重に怯えるごくごく普通のアラフォー。

twitter:https://twitter.com/yuskesuzki


みぃお

一般社団法人LOCALで主に活動中。お家でRubyをちょくちょく書いている。男の娘。お仕事はPHPでソーシャルゲームを作っている。

twitter:https://twitter.com/ayako119
homepage:http://miio.info/


永沼智比呂(ながぬまちひろ)

首の長いプログラマー。達人プログラマー読書会を主催したりしていた。Ruby札幌やSapporo.js,アジャイル札幌に参加。Ruby界隈の文化って面白い!

twitter:https://twitter.com/onjiro_mohyahya
blog:http://onjiro.blogspot.jp/


わたなべしゅうじ

札幌在住のプログラマ。札幌Javaコミュニティ代表。Java,Ruby,Python,JavaScriptなどを扱い,ユニットテストが好物。

twitter:https://twitter.com/shuji_w6e/
blog:http://d.hatena.ne.jp/shuji_w6e/


菅井祐太朗(すがいゆうたろう)

北海道から上京して一年。ようやく仕事でRubyを使えそう。Ruby札幌,Asakusa.rb,Yokohama.rbなどに顔を出している。

twitter:https://twitter.com/hokkai7go
blog:http://d.hatena.ne.jp/lncr_ct9a

コメント

コメントの記入