キーパーソンに訊く,ITの今

「言葉本来の力を活かしたインターフェースを作りたかった」─Ubiquity開発者Aza Raskin氏インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Aza Raskin氏は,Mozilla Labsに所属し,FirefoxでのWebブラウジングに新しいユーザ体験をもたらす数々のプロジェクトに携わっています。中でも,現在の作業を続けたままWebアプリケーションなどを自由に操作できるFirefox拡張機能「Ubiquity」は,今までのインターフェースにはない新しいユーザ体験をもたらすものとして注目を集めています。今回,Aza Raskin氏にインタビューする機会を得ることができました。Ubiquity考案のきっかけから,インターフェース全般の話まで幅広くお話を聞くことができました。

Aza Raskin氏。
インターフェースへの熱い想いがインタビュー中の言葉のいたるところに感じられました。

Aza Raskin氏。

Ubiquityについて

―― Ubiquityのアイディアを思いついた経緯について教えてください。

Raskin:

たとえばメールを書いているときに,場所がわかりやすいように地図を張り付けたい。そのために,今までは地図のサイトを開き,マップを表示して,それを張り付けようとして,でも失敗して…。結局,リンクをメールに張るくらいしかできませんでした。

Ubiquityを利用すると,上記の操作をメールを書いているウィンドウから切り替えることなく実現することができます。その模様のデモンストレーションがアップロードされています。

私は「孤立した街」と表現していますが,現在のWebにはそれぞれの習慣やインフラなどの独自性があり,自由に連携することができません。この壁を取り払い,皆で共有したい―これが,Ubiquityの開発を思い立った理由です。

Ubiquityのインターフェースは,以前に「Enso Launcher」「Enso Words」というアプリケーションを開発していて,それが着想のベースになっています。文章を書いていて,スペルがわからない文字が結構あり,どこでも使えるようなスペルチェックソフトがほしいと思って開発したのですが,Ensoのインターフェースを思いついたきっかけは特になく,なんとなくシャワーを浴びていたらイメージが沸いた,というような感じです(笑)。

―― なぜコマンドを入力するというインターフェースになったのでしょうか。

先日(2008年11月16日)に行われた「Firefox Developers Conference 2008」でも,Ubiquityについて「サービスのところに行くのではなく必要なときに来てもらう」という表現をしていたのですが,それをなぜコマンド入力というインターフェースに至ったのか疑問に思い質問しました。

Raskin:

それは,コマンドラインがパワフルだからです。CUIというとUNIXなどをイメージしてしまい,「CUIは使い勝手が悪い」と思われがちですが,UNIXなどのコマンドラインは1960年代の頭の固い人たちが作ったから使いにくいのです。

その後,GUIへと移行しましたが,GUIは動作が遅く拡張性もほとんどありません。たとえば,Microsoft Office Wordは非常に多くの機能を持っていますが,そのアイコンをすべて表示しようとすると,ウィンドウのほぼすべてがボタンで埋め尽くされてしまいます。反面,Wordで要望が出る機能の90%がすでに実装済みと言われているくらい,ユーザはWordの機能を把握できていません。

そこで,もっと自然なやり方,つまり,まるで人間同士が会話するような,人間とコンピュータの言葉によるコミュニケーションを考えたのです。言葉は本来非常にパワフルなものなのですが,それがGUIによって遮断されてしまっていたのです。

そう言って,Aza Raskin氏はGoogleカレンダーの「Quick Add」の例などを見せてくれました。「Dinner 7pm tomorrow」のようにコンピュータに話しかけると,コンピュータが答えてスケジュールを登録してくれるのです。

通常のスケジュール追加方法では,まるでデータベースに入力しているようなインターフェースです。Quick Addのほうが自然だと思いませんか?

コメント

コメントの記入