「Web Directions East 2008」カンファレンス レポート

#2 ダン・セダーホルム氏『Bulletproof A-Z─あらゆるデバイスに対応できるウェブデザインの考え方』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「Web Directions East 2008」のカンファレンス,2番目のトラックでは,Dan Cederholm(ダン・セダーホルム)氏による,『Bulletproof A-Z─あらゆるデバイスに対応できるウェブデザインの考え方』と題した講演が行われた。

写真1 ダン・セダーホルム氏

写真1 ダン・セダーホルム氏

ダン氏は「Craftsmanship in implementation」と力強く語る。「デザインも,職人による手作業である。家具で例えてみよう。家具の取っ手の重要性は,使ってみなければわからないだろう。Webもそうだ。使ってみなければ,その重要性に気づくことはない」と述べた。

そして,ダン氏は自身が制作したIced or Hot.comの制作事例を元に,単純な作業で複雑な構造が必要ない柔軟性に富んだサンプルをAtoUで紹介した。

写真2 ダン氏は自身が制作した「Iced or Hot.com」

写真2 ダン氏は自身が制作した「Iced or Hot.com」

以下に,その一部を紹介するので,参考にしてほしい。

A:ANCHOR LINKS WITH META INFORMATION

メタ情報入りアンカーリンク(データに関してのデータ)をfloatを使って左右に重ならないように配置することで、リスト式ナビゲーションは全ての行が選択できる。

写真3 メタ情報の付属するアンカーリンク

写真3

B:BORDER-RADIUS

CSS3で実装されている角丸。これらのデザインが要求される場合には、それぞれのブラウザにあった処理を施す。これらの処理はCSSを分けて記述することで可読性を向上できる。

写真4 CSS3で実装されるプロパティを利用する場合はCSSを分けて記述する。このスライドの場合は,WebKiteとGecko向けの角丸の指定をenriched.cssに,IE向けの角丸の指定をie.cssに記述している

写真4 CSS3で実装されるプロパティを利用する場合はCSSを分けて記述する

C:COLOR TRANSPARENCY WITH RGBa

ある要素を透過する場合には,opacityプロパティよりもbackground-colorをRGBaで記述するのが有効だろう。IEなど透過そのものがサポートされていないブラウザでは,ベタの背景色を指定し,要素そのものをユーザーが視認できない状況を回避しなければならない。

写真5 opacityプロパティよりもbackground-colorをRGBaで記述するのが有効

写真5 opacityプロパティよりもbackground-colorをRGBaで記述するのが有効

D:DO WEBSITES NEED TO LOOK EXACTLY THE SAME IN EVERY BROWSER?

「Webサイトはすべてのブラウザにおいてまったく同じように表示されなければならないのか?」。この恒久的に制作者を悩まし続ける疑問に,「No」と明確に答えた。Sundance Film Festival 2008(※すでに2009年バージョンのデザインになっている)」やFoameeを例にあげて,「可読性に影響しない範囲で,重要な要素でない場合は,それがある種のブラウザで表示されなくても構わない。変にマークアップを使うよりはずっといい」と述べた。

写真6 Sundance Film Festival 2008」のサイトでは,モダンブラウザ向けに,メニューのインターフェース部分で透過処理が利用されていた

写真6 Sundance Film Festival 2008」のサイトでは,モダンブラウザ向けに,メニューのインターフェース部分で透過処理が利用されていた

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入