マイクロソフト WebMatrix Dayレポート

#3 EC-CUBE+Windowsプラットフォームで加速するECの変革─株式会社ロックオン 梶原直樹氏

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本の商習慣にマッチするECサイト構築システムを題材にした,株式会社ロックオンの梶原直樹氏による「EC-CUBE+Windowsプラットフォームで加速するECの変革」のセッションの模様をお伝えします。

株式会社ロックオン 梶原直樹氏

株式会社手嶋屋 手嶋守氏

Windowsと重なっていくことで,「おもてなし」できるECサイトの実現へ

2001年に設立された株式会社ロックオンは大阪に本社,東京およびシリコンバレーに支社を持つ社員50名のITベンチャー。広告効果測定システム「AD EBiS」やリスティング自動入札ツール「AD EBiS AutoBid」⁠マーケティング活動におけるデータ分析を行う「マーケティングメトリックス研究所」といった製品やサービスを提供しています。

「EC-CUBE」は,⁠こだわりのECサイトを,自分の手で。」を合い言葉に開発,提供されている日本発のオープンソースECサイト構築システム。⁠EC-CUBE」で構築されたECサイトは推定1万2,000店舗と,ECオープンソースとして国内No.1の実績があり,日本の商習慣に合ったUIを採用していることが特徴です。

またパートナー制度により,EC制作会社であるインテグレートパートナー約100社,レンタルサーバ会社であるホスティングパートナー7社,EC関連サービス会社であるアライアンスパートナー14社と,サードパーティ・ビジネス環境が充実しているほか,公式サービスも幅広く提供しています。開発コミュニティの参加者は5千名以上と非常に活発であるといいます。

「EC-CUBE」の最新バージョンは「2.11.0」3月23日にリリースする予定。現在のバージョンが「2.4.4」であることからもわかるように,大幅なバージョンアップを行います。新バージョンでは,データベースの構造を見直すことによって大幅な高速化を実現し,デザインも一新しています。さらに新機能としてスマートフォンへの標準対応,ダウンロード商品の販売機能,複数配送先指定機能,管理画面のXHTML化など,約150の機能修正や機能追加を行ったといいます。なお,⁠2.11.0」というバージョンは2011年にかけているそうです。

続いて梶原氏は,EC-CUBEが目指す世界は「個々のECサイトがオリジナルの『おもてなし』を提供できる」ことであり,そのためにオープンソースとしてカスタマイズを可能にしていると述べました。ECサイトの現状は,見た目が同じサイトが増加していることで,結局は価格競争が激化していると指摘し,それはここ4年間くらい変わっていないといいます。価格競争の波に呑まれずに「買い物をして楽しく,また来たくなるECサイト」が増加するよう,⁠EC-CUBE」の普及に精力を注いでいるのです。

そして,Windows Serverといった基幹サーバと連携することは,個人情報を扱うECサイトにおいて非常に重要。また「Web Platform Installer」「WebMatrix」により,これまで高い障壁であった導入を大幅に容易になります。Windowsと重なっていくことでECの変革も進んでいき,⁠EC-CUBE」も広がっていくことが期待できます。⁠EC-CUBE」の広がりはECサイトやオープンソースの広がりにもなるので,今後もマイクロソフトと一緒にECを変えていきたいとして,セッションを締めくくりました。

コメント

コメントの記入