みんなで“今”を“未来”を考えぬいた1日―WebSig1日学校2011開催

第0回 速報!写真で見るWebSig1日学校

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Webサイトに関連するマーケットの健全な発展を促し,人々の生活を豊かにすることを目的とした任意団体「WebSig24/7」が主催したイベント「WebSig1日学校2011」が,9月10日に開催されました。

会場となったのは,昨年(http://gihyo.jp/design/serial/01/websig)に引き続き,デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ。ここは,旧三本松小学校跡地をデジタルハリウッドが制作スタジオにした,まさに1日学校にふさわしい会場です。

テーマは「考えぬく」

WebSig1日学校は「未来」をテーマに,近視眼的なTipsを追うことやHow Toではなく,本質的な視点で考える,オトナのための1日学校です。プログラムにも算数や国語,社会など,会場以外のイベント設計にも「学校」というメタファが活かされているのが特徴です。

チャイムの音とともにWebSig1日学校2011が開校しました

チャイムの音とともにWebSig1日学校2011が開校しました

昨年は「未来を考える」がテーマでしたが,今年は,それを踏襲し,さらに突き詰める形で「考えぬく」がテーマとなりました。これは,社会全体の構造が厳しくなる中,Webに関わる人たちが何を考えるべきなのか,また,不幸にも起きてしまった3.11―東日本大震災のあと,私たちは何を考え行動するのかを,みんなで共有することを目的に設定されたものです。

オープニングで開校の主旨説明が行われました

画像

今年は5クラス,全17授業を用意

昨年は3クラス,9授業だったのが,今年は5クラス,全17授業が用意されました。

クラスについては,エンジニアクラスをサーバサイド/フロントエンドに分け,さらにマネジメントクラスを,ディレクター+プロデューサーとWeb担当者という分け方に変えています。

これは,制作者の中で最も多いと言われているコーダー/マークアップエンジニア向けの授業と,発注側となるWeb担当者に向けたクラスを明確にするために設定されました。

これに伴い,参加者数も昨年よりも増え,合計で150名を超える生徒が集まりました。

算数でスキルアップ,国語でキャリアパス,選択授業で拡張を

授業については,算数/国語/選択授業/社会/課外授業の5種類が用意されました。このうち,算数/国語/選択授業は5つのクラスごとに,社会と課外授業は全員参加で行われています。

算数では各職域におけるスキルアップを,国語ではその先にあるキャリアパスを考えることをテーマとした授業が行われました。

画像 画像 画像

画像 画像

算数を担当した先生方

画像 画像 画像

画像 画像

国語を担当した先生方

3時間目の選択授業では,自分の職域以外の授業を受けることで,隣接する職種の目線を考えるための授業が行われました。

画像 画像 画像

画像 画像

選択授業を担当した先生方

4時間目の社会では,再度場所を体育館に移して,全員参加の授業が行われました。ここでは,昨年に引き続いて,株式会社パンアジア・パートナーズ 荒井尚英氏が,日本という国・社会での考え方,働き方に関して地震の経験と考察を交えた授業を展開しました。厳しい状況が続く中で,何を強みとして働き生きていくか,熱い内容でした。

荒井先生が担当した授業。体育館の中を所狭しと動き回りながらの,WebSig1日学校ならではの授業風景

荒井先生が担当した授業。体育館の中を所狭しと動き回りながらの,WebSig1日学校ならではの授業風景

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

みんなで“今”を“未来”を考えぬいた1日―WebSig1日学校2011開催

  • 第0回 速報!写真で見るWebSig1日学校

コメント

コメントの記入