WordCamp Yokohama 2010開催!

第1回 最新3.0動向,ソーシャル観点から見たWordPress

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第1回目は,AutomatticでHappiness EngineerとしてWordPressの普及・促進・啓蒙に励むマクラケン直子氏のオープニングセッションを中心にレポートします。

会場となった東京都市大学横浜キャンパス。

会場となった東京都市大学横浜キャンパス。

メインホールの司会を務めたmegane9988氏。

メインホールの司会を務めたmegane9988氏。

WordPressの現況~事例とバージョン 3.0 紹介~
マクラケン直子氏(Automattic, Happiness Engineer)

オープニングセッションを務めたのは,AutomatticでHappiness Engineerとして活躍するマクラケン直子氏。これまでの日本でのWordCampでも中心となってイベントを盛り上げてきました。今回は「WordPressの現況」というテーマで,最新の導入事例とリリースに向けて開発が進んでいる最新版3.0について紹介しました。

マクラケン直子氏は,WordPressの普及に向けてイベントでの講演の他,各種雑誌や書籍での執筆も行っている。先月末に発売されたWeb Site Expert #30』でもWordPress特集の執筆を行った。

マクラケン直子氏は,WordPressの普及に向けてイベントでの講演の他,各種雑誌や書籍での執筆も行っている。先月末に発売された『Web Site Expert #30』でもWordPress特集の執筆を行った。

まず,現況として日本のレンタルサーバですでに20種類のサービスからWordPressが使えるようになったことを説明した後に,世界規模では920万ダウンロードされていることを紹介した。さらに,InfoWorldの記事からの引用として「現在,世界に存在するWebサイトの8.5%がWordPressを利用しています」と,WordPressが世界標準ツールの1つとして利用されていることについて数値とともに紹介しました。

さらに,日本での導入実績について,暮らしの手帖をはじめ,メディアやコーポレートサイトなど年々導入が進んでいることについても言及しました。

その後,WordPress Yokohama開催直前にRC1がリリースされた3.0の機能紹介へと移りました。

「おそらく6月中にはリリースされます」というコメントともに,3.0の目玉である「WordPress MUの統合」⁠新デフォルトテーマTwenty Ten」などの紹介を,実際にデモを交えながら解説しました。

この他,3.0では「カスタム背景」「カスタムメニュー」など,より柔軟なカスタマイズが行えるようになるのも特徴で,⁠3.0はまもなく出ますので,今回参加している皆さんもぜひ触って,使いながら覚えてください」とコメントし,講演を終えました。

カスタム背景を使うと,ユーザ自身が背景を自由に変えられる。

カスタム背景を使うと,ユーザ自身が背景を自由に変えられる。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

WordCamp Yokohama 2010開催!

コメント

コメントの記入