YAPC::Asia Tokyo 2009 スペシャルレポート

前夜祭レポート[随時更新]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

明日,明後日(9月10日,11日)に,YAPC::Asia 2009が開催されます。それに先立ち, 本日Yokohama.pm 出張版 - YAPC::Asia 前夜祭が開かれます(スピーカーはこちらのページを参照)。

本ページでは,このYAPC::Asia 2009 前夜祭をレポートしていきます!

イベント前の受付

イベント前の受付準備中の風景です。

画像

前夜祭開催!

前夜祭の開催にあたり,yokohama.pmの栗原さんより挨拶がありました。

画像

acotieさん「AnyEvent的ななにか(仮)」

AnyEventについてacotieさんが発表しました。AnyEventはイベント・ドリブンを実現するフレームワークです。例えばTwitterのフィードから特定の発言を抜き出したり、新着のフィードがあったときだけ何か処理行なったりすることが可能です。

デモではTwitterの発言の中から「髪を切った」というコメントだけを抜きだし、それを集計するアプリケーションについて説明がありました。実装は簡単ですが、とても奥の深いフレームワークで、継続的あるいはリアルタイムに何かしたいときに使えます。興味のある方はAnyEvent::Introを参照してください。

画像

画像

spiritlooseさん「Schenker - DSL for quickly creating web applications in Perl」

spiritlooseさんが紹介するのは、Sinatraにインスパイアを受けた、DSLによるWEBフレームワークであるSchenkerです。SinatraとはRubyのWEBフレームワークで、DSL的にWEBアプリケーションを記述できるのが特徴です。また、DancerやMojolicious::Liteなど、他にも似たフレームワークはあるとのことです。

実装には、HTTP::Engineを使っているそうです。これは、RubyでいうRack、PythonでいうWSGIであり、WEBサーバとWEBアプリケーションフレームワークの中間に位置する、様々な処理の規格を決めてくれる物です。

Schenkerでは、WEBアプリケーションはDSL的な記述をします。例えば、ルーティングは get '/' => sub {} のように書いたり、入力パラメータを取得するには直接 params->{hoge} と記述したりできます。これは、直感的で非常に便利と思いました。

今後はPSGIやPlack等の動向を見て、対応ができたらリリースを行いたいとのことでした。また、最後の質疑応答でmiyagawaさんが「セッション中にPlackで動作するようにした」と発言し、会場を多いに沸かせました。

画像

画像

kawanetさん「YAPC::Europe 2009(ポルトガル)参加報告」

ポルトガルのリスボンで開催されたYAPC::Europe 2009に参加した感想についてkawanetさんから報告がありました。 YAPC::Europeはヨーロッパ全土から参加者が集まる「最も国際的なYAPC」ということでした。 今回のYAPC::Europeの参加者は328人で、その特徴として

  • コーヒーブレイクの時間が多く食べ物も沢山用意してあるので空腹の心配が無い。
  • プレゼン中のとっこみが多い。
  • BoFが多い。
  • 女性がいくらか多い。 ということが挙げられました。 また、日本との比較として、
  • 日本とヨーロッパではカンファレンスに求めている価値が違う。
  • 運営面は日本の方が優れていることが多い。 などが挙げられました。そして
  • 日本人も海外のカンファレンスへ参加しよう。
  • 日本のYAPCでも海外からの参加者を暖かく迎えよう。 という呼び掛けもありました。

画像

画像

著者プロフィール

杉山誠(すぎやままこと)

企業やプロジェクト間を渡り歩いて仕事をしているフリーランス・プログラマー。昨年福岡へ移住したのをきっかけにFukuoka Perl Mongersを立ち上げる。デジタルハリウッド福岡校講師。山口県山口市出身。

blog:http://sugmak.com/
twitter:sugmak


本間雅洋(ほんままさひろ)

北海道苫小牧市出身のプログラマー。好きな言語はPerlやPython,Java,Objective-C,Haskellなど。在学中には数学を専攻しており,今も数学好き。現在はオンライン不動産株式会社にて自社サイトの開発に従事している。

共著書に「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)がある。

blog:http://d.hatena.ne.jp/hiratara/

コメント

コメントの記入