YAPC::Asia Tokyo 2010スペシャルレポート

前夜祭レポート[随時更新]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

明日,明後日(10月15日,16日)に,YAPC::Asia 2010が開催されます。それに先立ちPre-conference Meetupとして,本日YAPC::Asia 2010 前夜祭が開かれます。

本ページでは,このYAPC::Asia 2010 前夜祭を随時レポートしていきます!

画像

なお,yusukebeさんから,発表を聞かずに,ホールのビールを飲んで構いませんとアナウンスがありました(会場内では飲食NGとのこと)⁠

yusukebeさん「イントロダクション」

「出張PerlCasual #04」と題して,yusukebeこと和田裕介氏さんから前夜祭開始の挨拶がありました。その後,ライブラリ利用者や日曜大工的にPerlを利用している方などを対象にした「PerlCasual」ができた経緯やこれまでの活動報告が説明されました。

その後,今回のプログラムである,WAF(Web Application Framework)祭り,LT(Lighting Talk)⁠スペシャルゲスト ITMedia News記者「岡田有花」さんの対談について,それぞれ紹介がありました。

画像

WAF作者+利用者の集い

nekokakさん「神威 - Plack base frame work」⁠

WAFの一番手を飾ったのは,DBIx::Skinnyの作者でもあるnekokakさんによる神威に関するトークでした。神威はWEBからの利用だけではなく,バッチ等のCLIまでを統括するフレームワークとして開発されています。nekokakさんは去年のYAPCの前夜祭でもSmokerというHTTP::EngineをベースとしたWAFを紹介されていましたが,今回お話された神威はPlackベースであり,PSGIに対応しているとのことです。

作りとしてはSledgeをかなり意識しており,Sledgeを使ったことがあれば問題なく使えるのではないかという印象を受けました。また,モバイルの公式サイトでも多数実績があるそうです。Twitter上でも「良さそうだ」という声が上がっており,今後が楽しみなWAFの1つであると思います。

画像

画像

sugyanさん「Ark」

当初開発者であるtypesterさんが発表される予定でしたが欠席になったということで、sugyanさんによる代打トークとなりました。

ArkはCatalyst likeなフレームワークで、CGIモードでも実用的な動作をすることを意識して開発されています。カヤックではバックエンド処理だけではなく、各種サービスやソーシャルアプリなどでも活用されているそうです。昨年のYAPCでも発表されたArkですが、その後HTTP::EngineからPlackベースへと移行されており、非同期処理も作り易くなるなどの進化をしているとのことです。

概要説明の後、実際にArkでアプリケーションを作成する際の解説がありました。Arkアプリケーションの最小構成は下記の3ファイルとなるそうです。

app.psgi
lib/MyApp.pm
lib/MyApp/Controller/Root.pm

この後実際にライブコーディングでのデモが行われ、数分で何も無いところからplackupで起動できるプログラムが披露され、会場から拍手が起こっていました。

Arkの今後の展開としては、Model, Formの分離や、CPANへのアップロードなどが予定されているそうです。

sugyanさんの発表資料はこちらになります → http://jsdo.it/sugyan/yapc2010-ark/fullscreen

画像

画像

charsbarさん「Mojolicious::Live!?」

Mojoliciousを初期の頃から追いかけているというcharsbarさんが,Mojoliciousの近況をお話しして下さいました。WebSocketが使えるというのがMojoliciousの魅力の1つであり,charsbarさんのスライドもMojoliciousとWebSocketを使って作られているとのことでした。

また,Mojoliciousの開発履歴について分析をした結果を紹介し,Mojoの開発がコードを読みやすく保つことに重点が置かれており,保守性に優れていると指摘していました。ただし,開発ラインはまだ活発で後方互換性が保たれない変更も発生しているため,本家の変更の影響を避けたい場合はアプリのサブモジュールとして組み込んでしまうのがよいとのことです。

画像

画像

tokuhiromさん「Amon」

tokuhiromさんによるご自身が開発されているフレームワークAmonのトークです。本日Amon2.0を公開されたという告知の後、コードは使わず設計思想やコアコンポーネントの紹介という内容となりました。

まずはtokuhiromさんのWAFに対する思想について説明がありました。開発者はそれぞれやりたいことがのでそれぞれが自由にWAFを作ればいいのではないかとのことです。とはいえ同じことを皆が再実装するのは無駄なので、Plackなど共有できるところはしていこうという思想を持っておられるそうです。

続いてAmon2.0の基本コンセプトが解説されました。Amon2.0はSledgeをベースとしていて、有名でないモジュールやXSを使わずにシンプルに薄く実装されています。実装コードはわずか800行未満で、Plack、Text::Xslate、DBIx::Skinny、Router::Simple、Tiffany、Log::Dispatch、perlコードによる設定ファイルという構成がメインとなっているとのことです。

特に印象的だったのはWAFを使うならコードを全て読んでから使うべきという主張でした。フレームワーク側のコードは理解しやすいようシンプルに保っておくことで、自分でコードを読んでカスタマイズ出来る程度の裁量を持ったエンジニアに対して自由を与えているのだと感じました。

逆に好まないフレームワークの特徴としてはコードの流れが追いにくい、実行効率がよくない、分かりづらいXSなど特殊なコードを使用している、起動が遅いといったことをあげられていました。

画像

画像

著者プロフィール

本間雅洋(ほんままさひろ)

北海道苫小牧市出身のプログラマー。好きな言語はPerlやPython,Java,Objective-C,Haskellなど。在学中には数学を専攻しており,余暇の楽しみは圏論や論理学を学ぶこと。現在はオンライン不動産株式会社にて自社システムの開発に従事している。

共訳書に「実用Git」(オライリー・ジャパン)、共著書に「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)がある。

blog:http://d.hatena.ne.jp/hiratara/


臼井洋文(うすいひろふみ)

WEBアプリケーションエンジニア。京都府京都市出身。仕事ではPerlでサーバサイドプログラムを書きつつ,Objective-CでiPhoneアプリケーションの開発を行っている。最近の興味は統計,機械学習など。

twitter:usuihiro
blog:http://d.hatena.ne.jp/usuihiro1978/

コメント

コメントの記入