滑川海彦の TechCrunch40 速報レポート

TechCrunch40 Summary #5

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2日間で40社のプレゼンテーション,100社のデモ,8セッションのパネル討論という中身の濃いカンファレンスも無事終了した。

リリースされた情報は膨大だが,TechCrunch本家サイトにリアルタイムで発表された記事が日本版で読めるので,基本文献として参照していただきたい(タイトルとリンクを一覧にしておいた)。

TCの記事に平行するかたちで全セッションの概要を紹介してみよう。

1日目

TechCrunch40,チケット完売間近―さらにニュースも

主催者のマイケル・アリントンがTechCrunch40カンファレンスの概要と特長を紹介。

TechCrunch40,いよいよスタート

開会の挨拶をする凸凹コンビ,TechCrunchファウンダーのマイケル・アリントンとWeblogの元ファウンダー,ジェイソン・カラカニス(TechCrunch)

開会の挨拶をする凸凹コンビ,TechCrunchファウンダーのマイケル・アリントンとWeblogの元ファウンダー,ジェイソン・カラカニス(TechCrunch)

TechCrunch40 セッション1:検索と発見

「打倒Googleか?」と呼び声の高かった自然言語検索エンジンのPowersetなどがプレゼン。バーティカル(特定)やニッチ・マーケットではある程度有望そうな企画が紹介されたが,網羅的な検索ではGoogleの優位性がますます確認されたのが皮肉。

クールにメモをとるマリッサ・メイヤーGoogle上級副社長(TechCrunch)

クールにメモをとるマリッサ・メイヤーGoogle上級副社長(TechCrunch)

Yahoo,「Yahoo Teachers」をTechCrunch40で発表

スタートアップのプレゼンとは別枠の大企業の特別発表の1つ。Yahoo!が小中高の先生のコミュニティー向けに特化したマルチメディアWikiデータベース。マルチメディア素材を簡単にドラッグ&ドロップして資料データベースを作り,さらに教材用プレゼンを作成して共有できる。SNS機能も備えている。

TechCrunch40セッション2:モバイルとコミュニケーション

技術的な問題で壇上で立ち往生するプレゼンター続出。通信関係のライブデモの怖さを再確認。

TC40 基調講演―「Humble Beginnings(始まりはささやかだった)」

デビッド・ファイロ(Yahoo!共同ファウンダー),チャド・ハーレー(YouTube共同ファウンダー),マーク・アンドリーセン(最初のブラウザ Mosaic共同開発者,Netscape共同ファウンダー)という伝説的シリコンバレーの成功者に,セコイア・キャピタル共同ファウンダーで Googleへの初期投資でも有名な,これも伝説的ベンチャーキャピタリスト,マイク・モリッツが話を聞いた。5人の総資産は計算するのもうんざりだが,千億円単位になるはず。マーク・アンドリーセンが「CEOをよそから連れてくるな。食い物にされるかもしれない」と警告していたのが印象に残った。

左からファイロ,ハーレー,アンドリーセン,モリッツ(TechCrunch)

左からフィロ,ハーレー,アンドリーセン,モリッツ(TechCrunch)

TechCrunch 40セッション3: コミュニティとコラボレーション

マルチメディアWikiの一種StoryBlenderとオンライン音楽作成ツールのmusicshakeは韓国からの参加。musicshakeのファウンダーは韓国の8歳の女の子のユーザーが作曲したという曲に合わせて踊りながら登場。満場の喝采を浴びた。韓国勢の元気さが目立った。

StoryBlenderとmusicshake

StoryBlender musicshake

AOLがBlueStringをローンチ

別枠の大企業の特別発表の2つ目。今回全体を通して目についたが,これも広い意味でマルチメディアWikiのひとつ。複数のユーザーが共同してマルチメディア・スライドショーを簡単に作成,共有できる。

TechCrunch40 セッション4:クラウドソーシング

DocStocは文書の共有サービスだが,Scribとかぶるような気がする。TeachThePeopleはマルテメディアWiki機能とSNS機能を組み合わせてユーザー同士が特定の分野について教えあうというもの。アイデアの方向はいいのだが,そういう場合には無数の同じようなことを考えているライバルとの競争に勝ち抜いていかねばならない。PonokoとCrowdSpiritはハードウェアのデザインと製造をユーザー参加型で実現しようというもの。実現までのハードルは高そうだが,ウィキノミクス(マスコラボレーションによるユーザー主導型経済)を次のステップに導く可能性がある。注目。

TC40 Mark Zuckerbergを迎えての基調講演トーク

若々しいのとおり越してビールを買うにも免許証を見せろといわれそうなFacebookのファウンダー,マーク・ザカーバーグ(TechCrunch)

マーク・ザカーバーグ(TechCrunch)

TechCrunch40 初日まとめ

著者プロフィール

滑川海彦(なめかわうみひこ)

東大法学部卒業後,都庁勤務などを経てIT関係のライター,翻訳者。TechCrunch日本語版を翻訳中。著書に「データベース・電子図書館の検索・活用法」(東洋経済新報社・共著),「ソーシャル・ウェブ入門 Google, mixi, ブログ…新しいWeb世界の歩き方」(技術評論社)など。個人のブログはSocial Web Rambling

著書

コメント

コメントの記入