滑川海彦の TechCrunch40 速報レポート

TechCrunch40 レポート番外編:ランダムメモ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

TechCrunch40カンファレンスを6回にわたってご紹介してきたが,どんな感想を持たれただろうか? 以下は思いつくまま,筆者の雑感を書いてみたい。

Web2.0ブーム続く

Web2.0がバブルではないかといわれて久しいが,TC40を見るかぎり,ブームは続いているようだ。会場は非常に盛り上がっていた。共同主催者のジェイソン・カラカニスが「40社のプレゼンを全部聞いた人は?」とたずねると7割くらいの手が挙がっていたし,5万ドルの大賞の発表までほとんど席を立つ参加者がみられなかった。後部と壁際の「椅子のみ」席も最後まで埋まったままだった。

もちろん,テーブル席に座れなかった参加者はブログで不満をもらしていたが,これは無理ない。来年(があるよう期待するが)はこういう事態が起きないように計画する必要があるだろう。

2500ドル払ってこれではいささか待遇が悪い

2500ドル払ってこれではいささか待遇が悪い

プレスは一番前の3列が専用席に確保されていて助かった。有線LANケーブルとAC電源も人数分用意されていて,初日にいっときインターネット接続がパンクしてあわてたが,その後は順調に作動した。

必死にタイプする筆者。大量に入力するときはラップトップのキーボードよりずっと速くなるので,別売キーボードを接続している(Hiroki Akimoto)

必死にタイプする筆者

スコットランドのプレス。伝統の衣装に身を固めて異彩を放っていた

スコットランドのプレス。伝統の衣装に身を固めて異彩を放っていた

あと問題点としては,ランチタイムも含めてセッションとセッションの間の休憩時間がなんといっても短すぎて,とくにわれわれ取材陣はプレゼンテーションを聞き逃すわけにいかないので,隣のデモピットをほとんど見ることができなかった。資料を見るとこちらにも面白そうな参加者がいろいろあったので残念だった。やはり公平に言って,2日で40社というのは少し欲張りすぎではなかっただろうか。

と,そういった多少の問題はあったものの, IDGなど専門のカンファレンス企業を入れず,ビデオや音響など技術スタッフの一部を除いて,マイク・アリントンとジェイソン・カラカニスの10人足らずの手勢だけでよくこれほどの規模のカンファレンスを開催できたものだと感心した。

音響エンジニア(手前)に指示を出すジェイソン・カラカニスの会社の副社長

音響エンジニア(手前)に指示を出すジェイソン・カラカニスの会社の副社長

ジェイソン・カラカニスが司会,進行,時間管理から聴衆へのマイクの手渡しまで文字通り八面六臂で活躍していたのが印象に残った。主催者一同にサンキューメールを送って,その中でこの連載のリンクをあげておいたら,ジェイソン,さっさく自分のブログで国際的に報道された成果として写真入りで紹介していた。ほんとにあきれるほどよく働く男である。

よく働くといえば,TechCrunchのヘザー・ハードCEOは,News Corpという世界最大のメディア帝国の企業買収担当上級副社長という職を捨てて小さなブログネットワークのCEOに転身した。さすがにこれはアメリカでも珍しく,話題になったが,「もう一度現場に戻って仕事をしたかったから」という理由にシリコンバレーでは共感する声が多かったようだ。このあたりの連中はみな自分で手足を動かして仕事をするのが好きである。

クリップボードを抱えて笑顔で2日間走り回りつづけたヘザー・ハードCEO(左端)

クリップボードを抱えて笑顔で2日間走り回りつづけたヘザー・ハードCEO(左端)

著者プロフィール

滑川海彦(なめかわうみひこ)

東大法学部卒業後,都庁勤務などを経てIT関係のライター,翻訳者。TechCrunch日本語版を翻訳中。著書に「データベース・電子図書館の検索・活用法」(東洋経済新報社・共著),「ソーシャル・ウェブ入門 Google, mixi, ブログ…新しいWeb世界の歩き方」(技術評論社)など。個人のブログはSocial Web Rambling

著書

コメント

コメントの記入