NEWS & REPORT

Adobe開発者向けカンファレンスの詳細をお届け! Adobe MAX 2007 レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Adobe Systems社主催の開発者向けカンファレンスAdobe MAX 2007(旧Macromedia MAX)が,米国シカゴにあるMcCormick Place Westにて開催されました。開催期間はプレイベントを含め9月30日~10月3日。事前登録者は3500人を超えチケットはSOLD OUTとのことでした。本レポートでは,イベントの雰囲気を交えながら,Flash,Flexをはじめとした要注目の技術情報を厳選紹介します。

実装&デモ満載の今年のMAX

同社のチーフソフトウェアアーキテクトKevin Lynch氏のオープニングトークで本格的に始動したMAX 2007。基調講演では「Web」「デスクトップ」「モバイル」といった既存のアプリケーションの枠組みを越えた数々のデモンストレーションが展開され,Adobe Systems社とMacromedia社の合併後の方向性がアプリケーションという具体的な姿で鮮明に発信されました。

やっぱり花形Flash Player

Flash Playerに関しては2点の発表。動画再生機能を強化したマイナーバージョンアップ「Moviestar」(Flash Player 9.1相当)とメジャーバージョンアップ「Astro」。Astroは開発者の間で関心が高まっていた3D効果がシンプルながらも実装されました。テキストレイアウト処理に関しても新たにPlayerレベルで吸収する形で機能向上し,デモンストレーションでは各国語のハイフンネーションや日本語の禁則処理が披露されました図A)。

図A Astroのテキストレイアウト処理

図A Astroのテキストレイアウト処理

Thermo登場&ワークフローの変化の兆し

開発中の「Thermo」が登場すると会場からどよめきが! ThermoはRIA(Rich Internet Applications)デザインツールで,GUIによるUIの描画に合わせたMXMLコードが生成されます図B)。Flex Builderとのデータキャプチャが可能で,Thermoが生成したMXMLコードにFlexでロジックを埋め込む,そしてThermoでUIの追加修正作業も可能。

開発者・デザイナ間でプロジェクトを共有可能になる点で,既存のワークフローに対する画期的な製品とされています。Photoshop,Illustrator,Fireworksからの取り込みも紐づけられていて,デザイナはCS3スイート,開発者はFlexフレームワークという既存の作業形態を尊重しつつ開発への機動的な参加を促すというストーリーも重視しているとのこと。

図B ThermoによるUIデザインのデモ

図B ThermoによるUIデザインのデモ

コメント

コメントの記入