レポート

群衆の叡智サミット2008 Spring 開催
-群衆の叡智が生まれるメカニズムとイノベーションと群衆の叡智の関係について熱く語られた1日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2008年5月21日,東京丸ビルホール&コンファレンススクエア7階「丸ビルホール」にて,株式会社テックスタイル主催,株式会社Prediction共催の「群衆の叡智サミット(WOCS)2008 Spring」が開催された。

WOCSは今回で2回目の開催となる。今回も「群衆の叡智―Wisdom of Crowds」をテーマに,ITやWebを中心としたパネラー陣による熱いディスカッションが行われた。

会場入口

会場入口

セッション1:「群衆の叡智」につながる条件とメカニズム~人々の関心とムーブメント―はてなブックマークの明日はどっちだ?

セッション1は,群衆の叡智が生まれるための「メカニズム」にフォーカスを当て,株式会社テックスタイルの岡田良太郎氏をチェアに,以下6名によるパネルディスカッション形式で進んだ。

伊藤久美氏(IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社)
伊藤直也氏(株式会社はてな)
生越昌己氏(WASP株式会社)
鈴木友峰氏(日立製作所)
谷川正剛氏(株式会社Prediction)
西田隆一氏(CNET Networks Japan)

セッション1の登壇者。左から岡田氏,伊藤久美氏,伊藤直也氏,生越氏,鈴木氏,谷川氏,西田氏

セッション1の登壇者。

まず,はてな伊藤直也氏による,はてなブックマークに関するプレゼンが行われ,はてなブックマークの現状分析や,今後予定されているはてなブックマークのリニューアルなどについて取り上げられた。具体的には,統計的手法による改善や(現状の)均一化からの脱却などをポイントに挙げていた。

また今回のサミットでは,進行中に携帯電話を利用した参加者アンケートが実施され,「はてブに足りないものは?」という質問に対して,「集約性が不足している」という声が多数挙がっていた。

続いて,日立製作所鈴木雄峰氏による,日立および業界によるオープンソースソフトウェア(OSS)開発やOSSビジネス戦略という内容で話が進み,OSSの開発モデルのメリットや課題というところで議論が進んだ。

3番目は,株式会社Prediction谷川正剛氏による同社の予測市場サイトPrediction.jpを題材に,予測市場と群衆の叡智というテーマで展開が進んだ。予測市場に関して,はてな伊藤氏から「オリコンやGoogleのようなユーザを説得する材料がない場合,どのような理由付けが可能なのか?」という質問が上がり,それに対して「予測市場は数値化しやすいものに向いている」「モチベーションとの紐付けが難しい」「予測市場は当たるか当たらないかが重要なポイントである」というように,さまざまな回答が上がって,熱い議論が交わされた。

その中で,チェアの岡田氏は「リアルを数値化するというのはその時点でデフォルメ化されている。そう考えるとThink or Feelという考え方が大事なのでは」というコメントをしていた。

最後に,IBMビジネスコンサルティングサービス伊藤久美氏による,IBMとしての群衆の叡智(WOCS)への取り組みをテーマにしたプレゼンが行われた。具体的に,群衆の叡智を実現するための4条件として「独立性」「多様性」「集約性」「分散性」を取り上げ,その回答としてIBMは「Jam」「IoFT」「GIO」「Extreme Blue」というキーワードを掲げて実行していると説明した。

中でも印象的だったのがIoFT(Innovation on Future Technology)。これは,未来学者(Futurist)がサインポストを決め,サインポストの動向に関して出現率をデータマイニングするという考え方。つまり,大きなロードマップを作るときに,1つ1つのポイントを細分化し,その中でサインポストのつながりを元に実現性を高めていくというもの(写真)。ここが,群衆の叡智の考え方とクロスオーバーする部分と言えるだろう。また,この解説の後に『Harvard Business Review 2007 Sept.』から「Wisdom of "Expert" Crowds?」を引用し,専門家の重要性などについても説明した。

一方で,パネリストの中からは「エキスパートの考えではなく,普通の人たちから生まれてくるものが群衆の叡智」というコメントも上がっており,その1つの例としてOSSプロジェクトの進め方が取り上げられた。

今回のサミットでは,携帯電話を利用した来場者参加型アンケートが随時行われた。

今回のサミットでは,携帯電話を利用した来場者参加型アンケートが随時行われた。

最終的に,群衆の叡智を実現するメカニズムの正解は出なかったが,実際にさまざまな企業やインターネットサービスで,群衆の叡智を可視化する取り組みは始まっており,今もなおたくさんの課題が残っている,というまとめとともにセッション1の幕が下りた。

セッション1と2の間の休憩で配られた「GOLDEN SPOON」のフローズンヨーグルト。

セッション1と2の間の休憩で配られた「GOLDEN SPOON」のフローズンヨーグルト。

セッションの合間に,司会の船橋氏より,2008年5月28日に開催される,業界横断イノベータコミュニティJELLY BEANS PARTYのキックオフのアナウンスがされた。

セッションの合間に,司会の船橋氏より,「JELLY BEANS PARTY」のキックオフのアナウンスがされた。

コメント

コメントの記入