レポート

PHPカンファレンス2008開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2008年7月21日,大田区産業プラザにてPHPカンファレンス2008が開催されました。同カンファレンスは,今回で9回目を迎える,日本で最大規模のWebデベロッパーやWebデザイナーなどPHPユーザのためのイベントです。

※本レポート記事に掲載した写真はPHPユーザー会の月宮紀柳さんに提供いただきました。

基調講演

写真1 日本PHPユーザ会 廣川 類氏

写真1 日本PHPユーザ会 廣川 類氏

基調講演を務めたのは,日本PHPユーザ会の廣川 類氏。「PHPの今とこれから 2008」と題し,PHPを取り巻く現状,技術的動向について述べました。

まず,現在のPHPの普及具合に触れ,Nexsen Servicesのデータを元に,WebサーバにおけるPHPのシェアが34%であること,また,TIOBE Softwareが行った人気プログラミング言語でPHPが9.5%(トップはJavaの21%)という数字を提示した他,MicrosoftのIISやIBMのProject Zeroなど,大手ベンダによるPHPサポートがスタートしていることを紹介しました。

また,使用しているPHPのバージョンについて,来場者からの挙手によるアンケートを採ったところ,大まかにPHP4が2~3割,PHP5が7~8割という結果になりました。しかし,実際にはまだまだPHP4を使っているユーザが多い状況の中,PHP4→5への移行のポイントとして,

  • オブジェクト(クラス)に関係する部分は要確認
  • E_STRICT(E_DEPRECATED)による構文互換性チェック
  • Zend Engine 1互換モード
  • 一部の関数の処理が非互換?

などを挙げたうえで,PHP5への移行に関するPHPマニュアルを勧めました。

PHP 5.3の話題

続いて,2008年10月ごろのリリースが予想されるPHP 5.3に関する話題が取り上げられました。PHP 5.3のおもな特徴のうち,

  • 循環コレクタ
  • MySQL NDのネイティブ実装
  • Namespace(名前空間)のサポート
  • ラムダ関数/クロージャ
  • ext/intl
  • Late Static Binding
  • 文法の拡張

などについて取り上げ,PHP 6へのつなぎという位置付けではあるものの,当面の本命であると説明しました。

PHPとQA,テストへの参加

次に,PHPそのものの品質に関する話題に移り,Coverity, Inc.と米国国土安全保障省による「Scan Report on Open Source Software 2008」の結果から,PHPが高い信頼性を持っているという評価を得たことを紹介しました。

ただし,きちんとテストされていないコードにはまだ欠陥があること,そして,それを解決するためにたくさんのテスト参加者が必要であると述べ,「オープンソースソフトウェアはユーザが改善に参加できます」と,来場者へテストへの参加を促しました。

PHP 6.0

この後,PEARやPECLの最新アップデートに触れた後,次期メジャーバージョンアップとなるPHP 6.0の機能紹介がされました。PHP 6.0では,国際化やレガシーコードの削除,エクステンションに関してアップデートされる予定です。これらの改善や機能追加に対し,日本語対応がどのぐらいか,文字コードの検出がどの程度なのかなど,とくに日本語周りに対して課題が見られると解説しました。

PHPの未来

最後に,PHPの未来と題し,

  • つねに改善・改良を求めること(オープンソースの活力維持)
  • 新たな開発者に参加してもらう工夫
  • 改善/機能強化の提案方法

など,これからのPHPのさらなる発展に対する課題と期待のコメントを述べ,まとめの言葉としました。

写真2 熱心に聞き入る来場者

写真2 熱心に聞き入る来場者

コメント

コメントの記入