レポート

「長く使える技術力を自分に蓄えていく」―はてな伊藤直也氏がジュンク堂書店大阪本店トークセッションに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2008年8月23日(土),ジュンク堂書店大阪本店にて,(株)はてなの伊藤直也氏によるトークセッションが開催された。今回のイベントは,[24時間365日]サーバ/インフラを支える技術(伊藤直也/勝見祐己/田中慎司/ひろせまさあき/安井真伸/横川和哉著,技術評論社)発刊に関連して,ジュンク堂書店大阪本店企画/主催で実現された。

はてな伊藤直也氏

はてな伊藤直也氏

私にとっての技術書,読書

今回のテーマは「私と技術書」。トーク中に「プログラミングは世界を変える※注)」「ハッカーになりたい」,そんな率直な思いを言葉にした伊藤氏にとっての技術書とは,読書とは,いかなるものなのだろうか。

テーマは「私と技術書」

テーマは「私と技術書」

※注)
伊藤氏は,小学校時代のパソピア7(東芝製パソコン)でのプログラミング体験に始まり,数々のソフトウェア,インターネットで世界が変わったその時期に高校/大学時代を過ごし,ユーザ数日本一のはてなブックマークを開発した経験などを経て,「プログラミングは世界を変える」と思うに至った経緯も紹介された。

冒頭,自分にとって"本を読む"ということについて,以下のように紹介。

本を読むこととは,その本を読んだことに費やした時間の間,その書籍のテーマについて考えを巡らせることではないかと近頃思います。本を読みながら集中して,ある特定のテーマについて考え続ける。本を読み終えた頃には,その思考の量的な価値が,自らの中で質的な価値に変換されているというのが理想であり,それが読書の醍醐味ではないかと思います。

※「naoyaのはてなダイアリー ― インターフェイス指向設計より引用。

人生の転機は読書とともに訪れた

そして,「人生の転機は読書とともに訪れた」という伊藤氏。書籍によって何かが変わったと意識したのは,受験時代とのこと。剣道に打ち込んでいたらいつのまにか授業についていっていなかった,そこで必然的に書籍,参考書が先生となっていたのがはじまり。同じ本を繰り返し読むと,読むたびに発見があり,かつてわからなかったことがどんどんわかってくるようになるという変化の中で「書籍と努力で人生を好転させられる」と意識したという。

無事合格後も,プログラミング技術の習得,Blogサービスの開発,Shibuya.pmでの講演,Blog Hacks(宮川達彦/伊藤直也著,オライリー・ジャパン)の執筆とさまざまな転機のなかで,挫折を繰り返しながらもさまざまな書籍に出会い,その中で「本質的な書籍」を1冊1冊を繰り返し読んだことで,そこから深い知識が得られる感覚が強まってきた。本を読みながら,仕事やブログ記事などのアウトプットに明け暮れ,何か結果に結び付くのは5年くらい先かなと考えていたが,1年程度で好転しはじめ「学習が結ぶという手応え」を得たそうだ。

宮川達彦氏から声がかかり,Shibuya.pm講演へ

宮川達彦氏から声がかかり,Shibuya.pm講演へ

はてなブックマークの開発,運用

はてなに入社後,はてなブックマークの開発に。いまや月間300万ユーザものを抱え,日本一を誇るソーシャルブックマークサービスだが,そこに至るまで技術責任者というプレッシャー,先行してしまう世間のイメージ,足りない技術に焦りを覚えることがあったという。そこで,自分にできることは「愚直に本を読むしかないと思った」。かつて先輩から「これ読んでおいて」と渡されながらなかなか手が出なかったAdvanced Programming in the Unix Environment(W. Richard Stevens著,Addison-Wesley)を読んだ。

はてなブックマークを開発

はてなブックマークを開発

そして,成長し続けるサービスとともに技術的困難に直面することになる。深夜に復旧作業へ向かい,早朝5時に戻る,戻るやいなや再び障害が発生という過酷な事態も経験。体力消耗,精神的にまいる同僚を目の前に,やりきれない思いもこみ上げてきたという。「大規模なサービスの運用」に必要なことがわからない。「ローレイヤ」(Low Layer)のことがわからない。何に手を付けていいかわからない。でも,Web開発だけをやっていても習得できない,そんなことが見えてきた。

Binary Hacks(高林 哲/鵜飼 文敏/佐藤 祐介/浜地 慎一郎/首藤 一幸著,オライリー・ジャパン)を見てバイナリアンになりたい,いまもそう思っている。はじめに手を付けた詳解Linuxカーネル(Daniel P. Bovet, Marco Cesati原著,オライリー・ジャパン)は,実は「積ん読」になっていた1冊だった。第3版が出るときに,手元にあるのは第2版。高価な名著を放っておけぬと読み始めたら,「プロセスとは何か」「スレッドとは何か」「仮想メモリとは何か」「ファイルがどうキャッシュされるのか」「システムコールの裏側」など,知りたかったことが次々とわかってきた。数冊のLinuxカーネル関連の技術書を頼りにカーネルのソースを読んでいった。切り口の違う数冊の書籍を合わせて読むことは,カーネルソースを読むのに役立った。

そして,はてなのインフラの刷新。対症療法との決別をし,確実な根拠に基づく負荷分散を行えた。ノウハウ=技術ではない,自分にとって陳腐化しない確かな技術,といったことが明らかになってきて技術者としてのレベルアップを実感。冗長化も行い,サービスが安定稼働する。安心して眠れる日々がやってきた。そんな経験を経て,『[24時間365日]サーバ/インフラを支える技術』の執筆に参加した。執筆を担当した4.1節「Linux単一ホストの負荷を見極める」は,一番思い入れがある節になった。

技術者としてのレベルアップを実感

技術者としてのレベルアップを実感

バックナンバー

2008年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入