レポート

「Groovyコンファレンス2008」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2008年8月22日,渋谷マークシティにある日本IBMで「Groovyコンファレンス2008」が開催されました。GroovyとはJavaベースの軽量言語で,Grailsのようなオープンソースのフレームワークと組み合わせることで,手軽にエンタープライズ向けアプリケーションを作り上げることができると言われています。

本イベントではGrails code readingコミュニティの方々が,製作したアプリケーションを披露しながらGroovyの魅力を語りました。それぞれ約10分という限られた持ち時間でしたが,JUDEで作成したモデルをGrailsでそのまま動くようにする実験的なデモから,簡単な社内システムをGrailsを使って開発する実用的な事例まで,幅広い内容で発表が続きました。Javaベースのため低い学習コストで挑戦でき,またJavaの安定性や信頼性を引き継げるという魅力を実感することができました。

Grailsで開発した携帯写真投稿サービス「携帯百景」を紹介する発表者のキムゾー氏

Grailsで開発した携帯写真投稿サービス「携帯百景」を紹介する発表者のキムゾー氏

詳しい講演内容は渋谷テクニカルナイトの講演資料ダウンロードページで公開されています。

なお,本イベントは渋谷テクニカルナイトの一環として行われました。渋谷テクニカルナイトは金曜日の夜,渋谷マークシティにある日本IBMのSWCOCセミナールームで,ほぼ毎週開催されているセミナーで,注目の技術情報が第一線の技術者によって紹介されます。Webページに随時情報が掲載されますので,興味のある方はご覧になってください。

渋谷テクニカルナイト
URLhttp://www.ibm.com/jp/software/swcoc/events/events.html#shibuya

コメント

コメントの記入