レポート

ニコニコ動画のバージョンアップについても発表!日本の動画サービスの今がわかる―「CNET Japan Innovation Conference 2008~いよいよ本格化する動画ビジネス最前線~」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2008年11月11日,泉ガーデンギャラリー(六本木/東京)にて,「CNET Japan Innovation Conference 2008~いよいよ本格化する動画ビジネス最前線~」が開催された。同イベントは,現在,急速にユーザを獲得し,市場としても拡大し続けている動画サービスについて,マーケティング面と技術面の両方から解説するビジネスセミナー。

ここでは,午後の部を中心に,その模様をお届けする。

MSNで展開するオンラインマルチメディア戦略

午後の最初のセッションは,マイクロソフト株式会社の「オンラインサービスにおけるマルチメディア戦略」。スピーカは同社コンシューマ&オンラインマーケティング統轄本部オンラインマーケティング本部 業務執行役員の浅川秀治氏が担当した。

マイクロソフト株式会社 コンシューマ&オンラインマーケティング統轄本部オンラインマーケティング本部 業務執行役員 浅川秀治氏

マイクロソフト株式会社 コンシューマ&オンラインマーケティング統轄本部オンラインマーケティング本部 業務執行役員 浅川秀治氏

外部企業と連携した展開

現在,マイクロソフトでは,MSNビデオチャンネルMicrosoft Live Searchによる画像/動画検索といった「エンタテインメント分野」,ニコニコメッセニコニコアラートといった「コミュニケーション分野」,MSN相談箱での「知識共有分野」の3つの分野において,マルチメディア展開を行っている。

鍵を握る「動画コンテンツ」

どのサービスにおいても,浅川氏は「鍵を握るのが動画コンテンツである」と述べ,また,ドワンゴやOKWaveなど外部サービスとの連携による機能の拡充について説明した。

最後には,これから予定されているMSN相談箱におけるマルティメディア化について,現在開発されているプロトタイプとして,Q&Aの投稿における静止画や動画,音声といったリッチコンテンツへの対応について,デモとともに紹介された。

Microsoft Excelの使用方法に関する質問に対し,操作手順を撮影した動画を含めた回答がアップされた様子。このように,視覚的・直感的に情報を伝えることができる。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm5224566

“シェア・話す”“調べる”ためのマルチメディア

最後に,浅川氏は「テキスト以外の画像や動画を使うことで,より多くの情報ができます。今後,動画やマルチメディアは,見る・楽しむからシェア・話す”,調べるといった用途に展開されていくはずです」とまとめた。

日本初のYouTubeへの有償広告も実施,東芝が取り組む動画プロモーション

続いて,企業による動画プロモーション事例として,株式会社東芝の広告部国内広告担当部長代理/WEB戦略広告チーム 荒井孝文氏により,「東芝の動画プロモーション戦略」と題したセッションが行われた。

東芝では,自社製品のプロモーション手段として,Web,とくに動画を早くから積極的に活用しており,さまざまな展開を行っている。今回は,過去の事例と現在進んでいる企画について紹介された。

株式会社東芝の広告部国内広告担当部長代理/WEB戦略広告チーム 荒井孝文氏

株式会社東芝の広告部国内広告担当部長代理/WEB戦略広告チーム 荒井孝文氏

YouTubeの積極的な活用

最初に東芝がYouTubeを活用したのが2006年12月。このとき発売された,パソコン「Qosmio」,携帯電話「910T」,液晶テレビ「REGZA」のキャンペーンの一環として,マルコ・テンペスト氏が,YouTubeの他,iTunes,MyVideo,LIVEVIDEOに映像をアップした。このときの映像が,YouTubeの全世界でのエンターテインメント分野で2位,その後展開が始まったYouTube日本語版エンターテインメント分野では,1~3位を独占するなど,非常に大きな効果が見られたと説明した。

さらに,同社は,日本初となるYouTubeへの有償広告出稿を展開し,新しい広告プロモーションへ取り組んだ。このときの経緯について「YouTubeの視聴ユーザはTVの視聴ユーザと異なり,また,TV CMとは違った効果が狙えると考えました。とくに新たなファンの獲得やエンゲージメントの強化,また,YouTubeという注目されているサービスへの最初の広告事例ということで,東芝という企業の先進性をアピールすることを目指しました」と,荒井氏はコメントした。

このときの具体的な仕組みとして,toshiba note pcチャンネルという,PC向けの基幹サイトを準備し,YouTubeやネット広告など多面的な展開を実現した。

toshiba note pcチャンネルのキャラクター「ぱらちゃん」。ぱらちゃんを中心としたさまざまな映像を準備し,ネット上でのクチコミ,幅広いユーザ獲得を実現している

toshiba note pcチャンネルのキャラクター「ぱらちゃん」。ぱらちゃんを中心としたさまざまな映像を準備し,ネット上でのクチコミ,幅広いユーザ獲得を実現している

動画広告出稿による効果:動画視聴者の態度変容

動画広告出稿による効果:動画視聴者の態度変容

また,荒井氏は「最近の事例としてニコニコ動画を活用したEMIコラボレーション企画である『太郎×東芝コラボ』配信のように,ニコニコ動画でブレイクした楽曲を活用し,さらにそれをYouTubeへ展開するといったような横断的な取り組みを実施しています」と,各種数値データや外部評価と合わせて紹介した。

さらに,自社ビデオカメラを訴求するために,YouTubeのコンテスト機能を活用した企画が実施され,商品接触の機会拡大およびブランドイメージの定着が実現できたことについても紹介された。

ヤッターマン×トウシバ

最後に,現在も展開が進んでいるプロモーションとして,テレビ番組『ヤッターマン』とのコラボレーション企画ヤッターマン×トウシバ」が紹介された。

これは,

  • 新しい東芝ファン層の獲得
  • 長期的かつ多面的な誘導展開
  • 東芝商品への興味関心の喚起
  • 東芝ブランドへの親近感の醸成

を目的に取り組まれたもので,エンターテインメントを中心に置いた企画となっているのが特徴である。

本格的な展開は2009年1月29日から開始,2009年3月までの展開が予定されている。

『ヤッターマン』でおなじみ「今週のビックリドッキリメカ」に,東芝製品を組み合わせる形で,アニメのカラーを損なわずに商品プロモーションを実現している

『ヤッターマン』でおなじみ「今週のビックリドッキリメカ」に,東芝製品を組み合わせる形で,アニメのカラーを損なわずに商品プロモーションを実現している

荒井氏は最後に「YouTubeなどのWeb動画配信を利用することで,東芝としての企業カラーを損なわず,新しいファン層の獲得や見込み客への訴求・接触機会を実現できました。これからもさまざまな取り組みを進めたいです」と,メーカ企業として先進的なプロモーションを続けていく意向をコメントし,まとめた。

コメント

コメントの記入