レポート

座談会『Web関連メディアの編集長がWEB業界の2009年を大予測!』 後編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

11月18日に行われたWeb関連メディアの編集長による座談会の後編前編はこちら)。座談会のスピーカーは以下の6名です。

目利きが気になる,企業の注目技術

ロフトワーク 林千晶氏

次のテーマに移りましょう。先ほどのテーマとも重なりますが,「この会社では,こんなテーマで,こんな技術をおもしろく使っている」というような,注目の企業ってありますか?

Web Site Expert 馮富久

最近「クラウドソーシング」といわれるサービスで,リクルートのメディアテクノロジーラボが始めた「みんなのクリエイティブエージェンシー C-TEAM(シーチーム)」に注目しています。それからアルカーナという会社の「アポロン」というビジネスマッチングコミュニティのサービスです。この2つはCGM(Consumer Generated Media)であったり,群衆という数の多さをビジネスにしようとしていて,スゴイなと思いますね。

C-TEAMは取材させてもらいました。リクルートの戦略は,今のように全般的に広告費が削られている中で,「出す側の効果を上げることで,市場を大きくしよう」というものです。

ロフトワーク 林千晶氏

もう少し具体的に説明していただけますか?

Web Site Expert 馮富久

C-TEAMはクリエイターがサイトに登録する。企業側から,たとえば「バナーを作ってほしい」という案件が来たときに,登録クリエイターは仕様に合ったものをどんどん投稿して作っていく。企業側はその中で良いと思ったものを採用して使っていくというスタイルをとります。しかも投稿されたバナーは,「CTR(クリック率)が高かったのはこれだ」というデータをもとに,より効果的なバナーに改善されていく。そうすると,いちばん効果のあるものができあがってくる。作っているクリエイター側も,「自分の作ったものがお金になる」「人に見てもらえる」というよろこびにつながっています。

広告代理店と考え方が少し違っていて,「はじめに大枠の予算をとって,それを割り振る」というのではなく,「最初に作ってもらって,良い効果を出したものに対しては,ふさわしいフィーを発生させていく」という考え方です。そうやって(広告の市場を)大きくしていけるところが,Webの強さかな,と思います。クラウドソーシングをサービスにつなげているという意味で,おもしろいと思います。

アポロンは,まだそれほど事例を聞いていませんが,企業側が良い人材をスポットで契約したりだとか,「買い手のニーズと売り手のスキルをマッチングさせていって,ビジネスを成功させていこう」というものです。「バイヤー(買い手)」と「セラー(売り手)」がそれぞれ登録するという形でやっています。

こういった考え方は,どんどんビジネス化していくのではないかと思います。単に,たとえばブログを書いてもらうだけではなく,その先のマーケティングだったり,戦略といった部分ともリンクしていくのではないかと思って,僕は今注目しています。

日経ネットマーケティング 渡辺博則氏

僕がおもしろいと思うのは,Amazonの「windowshop.com」です。Amazonは今までは検索して商品を探すスタイルでしたが。ここでは「ウィンドウショッピング」みたいな演出をしています。Amazonがこういうのやるのっておもしろいな,と。出会い系というか……このようなサービスを始めるということは,いわゆる「欲しいもの」を,買う側が見に行くだけでなくて,売る側が引っかけに行かないと買ってくれないない。ECショップでも,見せ方を工夫し始めているということですね。

Web担当者forum 安田英久氏

Eddie BauerのUSのショッピングサイトが,すごく良くなってました。JavaScriptをうまく使って,一昔前のショッピングサイトとはぜんぜん違う感じのインターフェイスになっています。

Web Designing 馬場静樹氏

IKEAのWebサイトもちょっとおもしろいですよ。IKEAのお店と同じようにレイアウトされた部屋のイメージが画面上に流れていて,「これおもしろそうだな」と思ってクリックしたら,商品説明が出てくる。Webのデザインにおいても実店舗と同じIKEA商法を展開していて,しっかりとブランディングできているなと思いました。

Web担当者forum 安田英久氏

Amazonで,「この本を買った人は,こういう本も買っています」と出ますが,あれは協調フィルタリングと呼ばれる技術なんですよね。過去の行動履歴パターンから,「この人にはこういうもの」という形で,最適なレコメンデーションを出すためのものです。

米国のDVDレンタルの会社「Netflix」が,過去の行動データのログを1億件ほど提供して,「いちばん性能の良い協調フィルタリングエンジンを作って」というコンテストを実施しています。はじまってから2年ほど経っていますが,ここですごいのが,ずーっと普通にやっていたのに,ある人が「プレフィルタでまずこの処理をしてからやるといいよ」というのを発明すると,みんながそれを使うようになったりして,協調フィルタリングの技術がすごく進んでいるのです。

こうした技術は,「おもてなし」の部分ですね。広告でどう集めるとかじゃなくて,「来た人をどうやってがっちりとつかまえて金にするか?」の部分。協調フィルタリングでレコメンデーションをうまくやると,効果は上げやすいです。そのあたりの技術は,日本でもホットリンクとかPFIとかデータセクションとか,いろいろな企業ががんばって開発しています。

画像

コメント

コメントの記入