レポート

2009 iPhoneアプリ最新事情─Macworld 2009の展示から

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

1月5日~9日に米国サンフランシスコで開催されたMacworld 2009では,展示スペースが小さく目だたかったものも含めると,かなりの数のiPhoneアプリが展示されていました。ここでは筆者がMacworld会場で見つけることができたiPhoneアプリを一気に紹介したいと思います。

HearPlanet

Macworldの中で一番派手に宣伝していたのがHearPlanet。GPS機能を使って近くの観光情報がわかるという旅行アプリです。声で案内を行うのが特徴となっており,現在プロモーション期間中で無料となっています。

実はこのアプリはMacworld会場内で宣伝しているのではなく,会場周辺でチラシを撒いたり,会場前にペインティングされた二階建てバスを停めて来場者にアピールをしていました。夜には観客をバスに乗せて,近くのイベント会場へと誘導していたようです。

HearPlanetのバス

図1 HearPlanetのバス

展示場内ブースから

このようなゲリラ的な展示とは異なりまっとうなブースを構えていたのが,smule,Polar Bear Farm, Appigo,UEIなど10社弱。あとはビジネス系アプリを中心に半畳くらいのスタンドブースに出展しているところがちらほらとありました。他にBtoB向けのiPhoneアプリの出展などもいくつか見られましたが,ここではAppStoreでダウンロード可能なものに限って紹介したいと思います。

Smule

SmuleはOcarinaという音楽系アプリで有名になった会社。行ってみると,Ocarinaをを使った演奏パフォーマンスをやっている最中した。音楽系アプリは楽しげなのが羨ましい。開発者がアジア系だったのは知りませんでした。

図2

Polar Bear Farm

Polar Bear FarmRecordTelegramNotePadなど6つの仕事系ツールアプリを中心に展示。展示といっても,アプリが印刷されたパネルが立てられ,コーナーのデスクの上にiPhoneが1台あってそこでスタッフが説明し,申し訳程度にチラシが置いてあるだけでした。

図3

Appigo

AppigoTodoNotebookAccuFeelの3つのアプリを展示。その名のとおり,ToDoアプリとノートアプリと燃費アプリをPR。Polar Bearよりは凝っていましたが,基本的にはあっさりとしたお金のかかっていないブースでした。でもシールを配っていたのはiPhoneアプリ関連ではここだけだったかも。

Viximo

最初,何の展示をしているのかまるでわからなかったのがViximoのブース。赤いライティングとカーテンで囲まれたちょっと怪しげな雰囲気でした。展示されていたのはTrue Flirtという5.99ドルで販売されているナンパ系アプリです。Flirtというのは「ナンパする」とか「口説く」という意味があり,SMSを送るかわりに豪華なナンパ用の3D空間と一緒にメッセージを受け取れるというものでした。

図4

デモを見せてもらいましたが,ラブホテルのような内装のハート型のベッドの上で,ミラーボールが回っているという背景の上にメッセージが表示されます。メッセージを送る方だけでなく,受け取る方もこのアプリを持っていないとメッセージを見ることができないので,受け取るだけの機能を持ったTrue Flirt Liteという無料版もリリースされています。正直「こんな悪趣味なアプリを誰がダウンロードするんだろう?」と思いましたが,展示ブースは一番広かったです。Flirtで検索してみるとかなりの数のアプリがヒットするので,アメリカでは結構大きなジャンルなのかもしれません。

図5

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入