レポート

Are You Hot?―ワンパクがお届けする2009年最初の“熱さ”

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

先日gihyo.jpでご紹介したワンパクHOTサイト抽選終了まで残り1週間となりました。

今回,このサイトと仕掛けがどうなっているのか,実際にワンパクオフィスに足を運び,その裏側を取材しました。その模様をお届けします。

今回の取材に対応していただいたワンパクの阿部淳也氏,野村政行氏,山口晋司氏(左から)。ワンパクHOTサイトの心臓部,ガラガラシステムの前で。

今回の取材に対応していただいたワンパクの阿部淳也氏,野村政行氏,山口晋司氏(左から)。ワンパクHOTサイトの心臓部,ガラガラシステムの前で。

“ホット”のコンセプトを伝えるために

まずはじめに,今回のサイト制作に至った経緯について,ワンパク代表取締役 阿部淳也氏に伺いました。

「ワンパクという会社は設立以来,ホットをキーワードにクリエイティブなものづくりを心がけ,自分たちがつくったモノを見た人たちに熱さを伝えたいと考えていました。そこで,2009年の一番最初に,(見た人の)心の中に熱い体験が残るものを作りたいという思いが,今回のサイトを作るきっかけでした」(阿部氏)。

こうしてホットをコンセプトにしたサイト作りがスタートしたのです。はじめに「インターネットではこれまで経験したことのないようなリアルに近い体験をユーザにしてもらう」という方向で考えていったそうです。その結果,普段自分の身の回りや目にしているリアルなゲームをWeb上から楽しめたらホットな体験になるのではないかという方向に舵をきりました。「じゃあ,リアルでネットから操作できそうなゲーム性の高いものは何があるだろう?」と考えたときに,ダーツや黒ひげゲームなどがあがったそうですが,ハード的なつくりやすさも考慮した結果,今回のガラガラを採用することになったのです。

さらに「ただガラガラを回すだけでは体験としては薄いため,ガラガラを回すまでの遊びとしてピタゴラスイッチ的な要素を入れ,カメラを切り替えていくことで,ユーザのビー玉の行方がダイナミックに伝わるだろう」と考えたそうで。「ハードを動かすにはGainerを使えるだとうと考えていましたので,エンジニアの野村と相談しながら進めていきました」と阿部氏は語ってくれました。

今回のデバイス周りを担当した野村氏は「私自身,元々RIAC(RIAコンソーシアム)などにも参加しており,サーバサイドのFlashに関連する技術などに強く興味を持っていました。それ以外に,個人的な興味として(フィジカルコンピューティングを実現する)Gainerを使っていろいろと試していました。阿部はそのことを知っていたので,今回はGainer使えるよね?と尋ねられ,私自身もGainerやRemotingなどを組み合わせればできると思っていたので,即答でGainerを使うことになりました」と述べています。こうして,今回のワンパクHOTサイトのリアル部分に,Gainerを使うことが決まりました。

ガラガラで和の雰囲気を

「最終的なコンセプトはユーザにホットかい?と問いかけるということから「Are You HOT?」となっています。そうなるとデザインも音楽もロックな方向で考えていったのですがガラガラって,おそらく日本ならではで和の文化だと思います。そのあたりで若干新春企画とお正月らしさを出せるということも狙いでした」(阿部氏)。

企画自体は2008年の11月からはじまりましたが,ハードの組み立ても含めて本格的に動き始めたのは12月に入ってからということです。

写真2 ワンパク社員の手で作られたオリジナルガラガラ。

写真2 ワンパク社員の手で作られたオリジナルガラガラ。

コメント

コメントの記入