レポート

「ソフトウェアテストシンポジウム2009 東京」(2日目)レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

1月28,29日の両日,東京,目黒雅叙園にて開催された「ソフトウェアテストシンポジウム 2009 東京」(JaSST '09 Tokyo/主催:NPO法人ASTER),2日目のセッションからいくつか紹介してみよう。

キーノート

2日目のキーノートは日立製作所の居駒 幹夫氏による「10年後のソフトウェアテスト技術-日本発のブレークスルーを生み出そう!-」と題したセッション。

居駒幹夫氏

居駒幹夫氏

居駒氏は,2009年のソフトウェアテストの現状として,テストの重要性に対する認識,品質を保証する技術に対する認識ともに,数年前とは比べものにならないほど高まっているものの,テストによるバグの摘出率は,あるレベルで停滞していると見る。

その原因として,現状のテスト技術が統計学的な手法に依存している点を挙げ,実際のバグは人間の営みから生まれるため自然現象や経済現象のように均質ではなく偏在し,独立した事象となっていることが多く,統計的な処理になじまないと指摘する。この偏在性を居駒氏は「凸凹(でっこぼこ)」と呼び,これを克服して有効性の高いテストを行うための方法を,さまざまな具体例を挙げながら解説した。

まず1つの方法として,凸凹を少なくする(テストが有効に機能する)ようにソフトウェア自体を設計するという方法がある。その1つの例として居駒氏はRuby on Railsを挙げた。「on Railsとはよく言ったもので,Rubyだけなら自由にテストしづらいコードも書けます。でも簡単に遠くに行くことはできない。ちょうど蒸気機関があるだけのような状態。これをレールに乗せることで,凸凹なく自然にMVCやデザインパターンに従ったプログラムにできるのです」(居駒氏)。テストの有効性を高めるためにも,フレームワークやMVCに従った開発は有効であると指摘した。

しかし現実的に,テストのことを重視して開発を進めることはできない。そんな場合は,凸凹があっても適用可能なソフトウェアテスト技法を局面に合わせて使うことを居駒氏は勧めている。一例として品質工学で有名な「タグチメソッド」をソフトウェアに応用できないかと提案。またテストツールそのものとしてもタグチメソッドの考え方を使うことが有用であるとのこと。

チュートリアル

ソフトウェアテストの技術的なセッションやチュートリアルも行われ,多くの参加者を集めていた。

「現場で使えるソフトウェアテスト」と題した,NTTデータの町田欣史氏によるチュートリアルの模様

「現場で使えるソフトウェアテスト」と題した,NTTデータの町田欣史氏によるチュートリアルの模様

同名の書籍を元にしたセッションで,テストツール、手法、技法といった実践的な部分とテスト心得の両方をカバーし,個人とチームのテストの進め方の両方に重要なポイントについても解説する非常に欲張りなチュートリアルだった。

コメント

コメントの記入