レポート

第2回 iKnow!デベロッパーカンファレンス開催―将来は自分の知能をすべて管理するためのサービスに/iKnow! API KICK OFF結果発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2009年2月2日,語学学習SNSとして幅広いユーザを獲得しているiKnow!ユーザを対象とした「第2回 iKnow!デベロッパーカンファレンス」が開催されました。同イベントは,iKnow!の開発元であるセレゴ・ジャパンが,iKnow! APIリリースに際して開催した記念プログラミングコンテスト「iKnow! API KICK OFF! Developer Challenge」の受賞者を発表するための場として用意したものです。ビールとピザを片手に,カジュアルな雰囲気の中始まりました。

2回目となるデベロッパーカンファレンスがスタート

2回目となるデベロッパーカンファレンスがスタート

iKnow!のこれから

まずはじめに,Kirk McMurray氏によるセレゴ・ジャパンの方向性の発表後,同社の開発陣より機能やサイト上のアップデートについて発表が行われました。

開発陣による発表は表1の通りです。

表1 発表内容とスピーカー

発表内容発表者
OAuth,OpenIDの利用状況,Facebookコネクト真武 信和氏
ブックマークレットの機能拡張(多言語対応)William Shostak氏
Android上で起動するアプリSamuel Joseph氏
構成されていない言語―情報の集りに対するセマンティックアプローチDominiek ter Heide氏,Kim Ahlstrom氏

まずはじめに真武氏から,iKnow!の認証に関してOAuthおよびOpenIDの利用状況,また,iKnow!でのOAuth実装やFacebookコネクトに関する発表が行われました。とくにOAuthに関しては,日本の各Webサービスの対応がこれからということもあり,非常に貴重な資料となりました。プレゼンテーション資料については,後日SlideShareで公開されるとのことです。

日本ではまだ実装例が少ないOAuthについて,Provider/Clientの両面から語った。

日本ではまだ実装例が少ないOAuthについて,Provider/Clientの両面から語った。

続いて,William氏からはiKnow!ブックマークレットの機能拡張について,Wikipedia(英語版)上での利用を元にした内容が発表されました。現在は,英語←→日本語,英語←→中国語に対応しています。この事例は,iKnow!が持っている翻訳精度の高さなどがうまく活用されている機能と言えるでしょう。

iKnow! Bookmarklet
URL:http://www.iknow.co.jp/bookmarklet

プレゼンテーションではWikipedia(英語版)でiKnow!ブックマークレットを実行する様子を見せた。

プレゼンテーションではWikipedia(英語版)でiKnow!ブックマークレットを実行する様子を見せた。

次にSamuel氏より,Android上で動くiKnow!アプリ「gKnow」に関する発表が行われました。今後の展開を期待したい内容です。

Android上で動くiKnow!アプリ

Android上で動くiKnow!アプリ。

そして最後に,Dominiek氏とKim氏から,iKnow!の将来像として,セマンティックでのアプローチについての発表がありました。この中で,iKnow! APIを構成する「Contents Structure」「Linguistic Tools」「Semantic Tools」の3つの要素について説明があり,今後は最後となった「Semantic Tools」に関する開発に取り組むとのことです。具体的には「言語処理に関する開発を進めていき,まずは文字体系(例:漢字→ひらがな)を翻訳する機能,将来的には構文解析,最終的なゴールとしては,語義の曖昧性までを含めた機能を盛り込むことを考えている」と発表されました。

そして,「今,iKnow!は徐々に語学学習ではなく,自分の知能をすべて管理するためのサービスを目指します」とBrian氏はコメントしました。

iKnow!の最終的なゴールについて「自分の知能をすべて管理できるサービス」と語る,COOのBrian Tsai氏。

COOのBrian Tsai氏

バックナンバー

2009年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入