レポート

第2回 iKnow!デベロッパーカンファレンス開催―将来は自分の知能をすべて管理するためのサービスに/iKnow! API KICK OFF結果発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

1位はボキャブレイヤー―動画からリストやアイテム作成が可能

その後,イベント当日体調不良のため参加できなかった審査委員長の伊藤穰一氏がSecondLifeおよびSkypeを通じて会場に登場し,受賞作品の発表を行いました。

SecondLifeに登場した伊藤穣一氏(奥のアバター⁠⁠。

SecondLifeに登場した伊藤穣一氏(奥のアバター)。

発表された審査結果は表2の通りです。

表2 iKnow! API KICK OFF! Developer Challenge受賞作品

順位受賞作品名受賞作品概要作者名作品URL
1位ボキャブレイヤー動画からリスト,アイテム作成ができる長澤智也http://jipanglish.com/english/
vocablayer.php
2位iKnow 3G!iPhone Safari上で動く学習サービス安藤靖http://apps.technohippy.net/
iknow3g/
3位iKnowLyrics.
com
lyrics.comとのマッシュアップ山内雅浩http://iknowlyrics.com/
3位NovitaiPhoneネイティブアプリBrett Gneitinghttp://blog.bakarakuda.com/
novita/

授賞式にあたり,LTでは発表されなかった,2位 iKnow 3G!,1位 ボキャブレイヤーの順に,それぞれのデモが行われました。

iKnow! 3G。iPhone Safari上で動く学習サービスで,かなりの完成度だった。名前については「今後セレゴ・ジャパンさんから正式版のiKnow! for iPhoneが出されることを期待して,iKnow! 3Gにしました」と安藤氏はコメント。

iKnow! 3G。iPhone Safari上で動く学習サービスで,かなりの完成度だった。名前については「今後セレゴ・ジャパンさんから正式版のiKnow! for iPhoneが出されることを期待して,iKnow! 3Gにしました」と安藤氏はコメント。

1位を受賞した「ボキャブレイヤー⁠⁠。凝ったビジュアルデザインやiKnow! APIを上手に活用した点など,非常にすばらしい作品だった。当日は開発した長澤氏が参加できなかったため,セレゴ・ジャパン真武氏が代理で発表・受賞した。

1位を受賞した「ボキャブレイヤー」。凝ったビジュアルデザインやiKnow! APIを上手に活用した点など,非常にすばらしい作品だった。当日は開発した長澤氏が参加できなかったため,セレゴ・ジャパン真武氏が代理で発表・受賞した。

開催を終えて

今回の発表会は,iKnow!のサービスの魅力はもちろん,APIの公開によるオープン化,また,OAuthやOpenIDなど技術的な展開など,これからの進化が期待できる内容でした。

iKnow!
URL:http://www.iknow.co.jp/
iKnow!デベロッパーサイト
URL:http://developer.iknow.co.jp/

バックナンバー

2009年

バックナンバー一覧