レポート

第0回gihyo.jp FreeBSD勉強会開催―目指すのは「日本のFreeBSDユーザが集まる“場”」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

4月15日,(株)技術評論社オフィスにて,「第0回gihyo.jp FreeBSD勉強会」が開催されました。この勉強会は,FreeBSDコミッタである佐藤広生,後藤大地両氏の発案がきっかけとなり実現したもので,Software Design『FreeBSD Expert』や,FreeBSD Daily Topicsなどの読者を中心としたFreeBSDユーザがリアルに集い,コミュニケーションする場として定期的に開く予定です。

第0回の応募倍率は3.5倍!

開催に先立ち,実行委員の一人である(株)技術評論社 馮富久より,勉強会設立の背景と経緯の説明がありました。まず,第0回に関しては20名の定員に対して70名の応募があったという,予想以上の注目を集めたことが紹介されました。そして「こういう形で勉強会が開催できたことを嬉しく思います。今回は第0回という位置付けで,参加された皆さんのご意見をいろいろ伺いたいと思います」と,オープニングの挨拶が行われました。

開会にあたって挨拶を行う技術評論社 馮富久

開会にあたって挨拶を行う技術評論社 馮富久

第1回目に向けて

挨拶の後,企画委員の一人,後藤大地氏より「第0回 設立の案内」と題したプレゼンテーションが行われました。

第0回のプレゼンテーションを担当した(有)オングス 後藤大地氏

第0回のプレゼンテーションを担当した(有)オングス 後藤大地氏

まず開催の背景として,先日開催されたAsiaBSD Conにおいて,参加者やスポンサーから

  • 「FreeBSDについて議論できる場所がない」
  • 「どこに話をもっていけばいいかわからない」

という声が上がった一方で,「何か交流の場を設けなければならないとは思うものの,具体案がなく,うまくいかない状況」(後藤氏)が続いていたことがあります。

そこで一歩進めて,実際にフェイス トゥ フェイスでコミュニケーションが図れる場,FreeBSDについて討論したり,情報共有ができる場をまず作ってしまおう,と考えたのが開催に至るきっかけでした。そしてこの話が技術評論社へ持ち込まれ,今回のような形で実現したという経緯が説明されました。

具体的に「場」を作るにあたって,

  • 月1回のペースで毎月開催
  • 仕事が終わったあとも参加できるよう,19:00から1時間程度を検討
  • 勉強会のあとには懇親会を企画(希望者/有料)

といったフレームを決め,これをベースに継続して開催することで,「月に1回,FreeBSD勉強会が実施されているという認知を広め,これを起点に交流や勉強ができる場所を広げる」ことを目指しつつ,現実的な課題であるリソース不足をふまえて,まずは長期に運営していける仕組みを模索する,という勉強会の目標について説明されました。

今後については,下表に挙げたサイトやサービスを通じて,情報を発信していく予定です。

 gihyo.jp FreeBSD勉強会に関する情報源

リソースURL備考
gihyo.jphttp://gihyo.jp/ 
FreeBSD Daily Topicshttp://gihyo.jp/admin/clip/01/fdt
Twitterhttp://twitter.com/daichigoto 
mixi FreeBSDコミュニティhttp://c.mixi.jp/freebsd要mixiログイン
Google Calendarhttp://www.google.com/calendar/embed?src
=j957iip7q7sjmd72c1o11k7794%40group.calendar.
google.com&ctz=Asia/Tokyo
 

会場からの声―「勉強会」から「交流会」まで

このようなFreeBSD勉強会の狙いについての説明の後,本勉強会に期待すること,実現してもらいたいことなどをテーマに,後藤氏を中心に,参加者を巻き込んだ形でのディスカッションが行われました。

会場には,dankogaiこと小飼弾氏の姿も。FreeBSD歴10年以上だから期待すること,改善してほしいことなど,本音の意見を述べていました。

会場には,dankogaiこと小飼弾氏の姿も。FreeBSD歴10年以上だから期待すること,改善してほしいことなど,本音の意見を述べていました。

このほか,会場から上がった声には次のようなものがありました。

  • FreeBSDの用途はサーバがメイン。クライアントサイドでの普及が必要では?
  • そもそもの勉強会のターゲットをどうするか?
  • ヘビーユーザ(10年以上)と,それ以外のユーザとの壁をなくすためには?
  • たとえば改訂第二版 FreeBSDビギナーズバイブルをテキストとして,初心者向けのFreeBSD講座を開催する。
  • 業務で使える場合と使えない場合の差があるので,業務で使いやすくするための方法について議論する。
  • FreeBSDユーザが気になる事例をいくつか紹介する(ライトニングトーク形式)。
  • 初心者をターゲットにした内容で,しきいを下げる。
  • ハンズオンでインストール大会を実施する。

このようにアイデアレベルから具体的なものまで,非常にたくさんの意見をいただくことができました。この点について,「おそらくFreeBSDユーザは日本に数多くいる反面,ここ数年こうした『自分たちが考える課題や悩みを共有する場』が減ってきていたという現実があったと思います。今回第0回の反響を見て,本勉強会の存在価値がとても高く,また期待されていることを再認識しました」と,発案者側(馮)も勉強会終了後にコメントしています。

20名の参加者がFreeBSDへの思い,期待を込めた意見交換を行いました

20名の参加者がFreeBSDへの思い,期待を込めた意見交換を行いました

勉強会の枠を超えた“場”づくり

会場から出た意見の中で,とくに多くの賛同が得られたのが「ネーミング」に関するものです。つまり,「勉強会」という名前の場合,どうしても参加者の意識は「学習」「技術習得」といったものに触れがちになってしまうので,ここを再考しても良いのでは,という意見でした。

この件については,さっそく実行委員のほうでも検討課題として取り上げ,「たとえば,FreeBSDの場というような表現をすることで,その中で勉強会を実施したり,交流会だけの回を設けるなど,たくさんのニーズを満たせるものが良いですね」と後藤氏はコメントしています。

本件については,第1回開催に向けて,プログラム内容とともに検討されることになりました。詳細は,前述の表などで随時お知らせすることになっています。

懇親会でさらに交流を深める

1時間のプレゼン&ディスカッションの後,同じ会場にて軽食とともに懇親会が開催されました。参加者が皆,FreeBSDに対する思いや考え方を述べながら,ユーザ同志の交流を深めていました。第1回開催に向けて期待を込める形で,第0回は閉幕しました。

懇親会は,お酒を片手にカジュアルな雰囲気で行われました

懇親会は,お酒を片手にカジュアルな雰囲気で行われました

gihyo.jp FreeBSD勉強会
http://gihyo.jp/event/01/freebsd

コメント

コメントの記入