レポート

mixiアプリカンファレンス2009開催:「これまでの5年間で最大の変革を迎えている」―笠原健治氏

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

4月23日,日本最大のユーザ数1,683万人(2009年3月31日時点)を誇るSNSサービス「mixi」を展開する株式会社ミクシィ主催のイベント「mixiアプリカンファレンス2009」が,品川The Grand Hallにて開催されました。今回,昨年発表された「mixi Platform」の一環である「mixiアプリ」がいよいよ本格的に展開する,第一弾の戦略として開催されたもの。ここでは,その模様についてお届けします。

mixiアプリカンファレンス2009開催

mixiアプリカンファレンス2009開催

「これまでの5年間で最大の変革を迎えている」

オープニングにあたり,株式会社ミクシィ代表取締役 笠原健治氏による主催者挨拶が行われました。

5年間のmixiの動き,そしてこの先5年について述べる笠原氏

5年間のmixiの動き,そしてこの先5年について述べる笠原氏

まず,ユーザ数の推移や属性とともにこれまでのmixiの5年間を振り返った。前述の通り,1,600万人以上ものユーザを獲得できた理由について,「mixiがSNSとして日本で普及した一番の要因は,やわらかいコミュニケーションを実現できたからだと思います。それまでのブログによるやりとり,掲示板でのコミュニケーションとは異なり,ゆるいつながりである一方で,リアルなコミュニケーションにつながったからです。その感覚を実現している最大の機能が日記です」とコメントした。

mixiのユーザ数の推移

mixiのユーザ数の推移

さらに,「mixiで一貫している理念はコミュニケーションプラットフォームであること」と前提したうえで,「昨年のmixi Platform戦略の発表により,現在,過去5年間のうち最大の変革期を迎えています。そして,それを担うものとしてmixiアプリがあります。これにより,今後は誰もがmixi上にアプリケーションを作ることができ,ユーザに対してインパクトのあるサービスを提供できるのです」と,mixiアプリに対する期待を述べました。

具体的なmixiアプリのメリットは,

  • 日本最大のSNSで提供できるソーシャルアプリケーション
  • PCとモバイルの同時展開は世界初(同カンファレンス翌日に,モバイル向けmixiアプリの仕様が公開された)
  • ソーシャルアプリケーションプロバイダー向けビジネス支援プログラム

の3つがあるとして,これからのmixiアプリの進化,普及について強く語りました。

Googleが期待するmixiアプリとOpenSocialの可能性

続いて登場したのは,グーグル株式会社代表取締役社長 辻野晃一郎氏。

グーグル株式会社代表取締役社長 辻野晃一郎氏

グーグル株式会社代表取締役社長 辻野晃一郎氏

OpenSocialによるエコシステム

OpenSocialによるエコシステム

Googleと言えば,ソーシャルアプリケーションの基盤技術であるOpenSocialの推進に大きな役割を果たしている企業の1つ(http://gihyo.jp/news/report/2008/12/2401)で,mixiアプリがOpenSocialに準拠していることから,日本におけるソーシャルアプリケーションの普及に期待しているコメントを述べました。

「日本はとくにモバイルが進んでおり,(mixiアプリからの)モバイル仕様策定への貢献に期待しています。そして,mixi自体が発展することで,さらなる貢献してもらいたいです」。

コメント

コメントの記入