レポート

速報レポート:エンジニアの未来サミット0905

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2009年5月23日(土),秋葉原UDXカンファレンスにて「エンジニアの未来サミット 0905:エンジニア・サバイバル」(株)技術評論社 主催,(株)パソナテック協賛)が開かれました。業界をリードするアルファギークと若手エンジニアたちによるディスカッションやUstream.TV中継などの試みが各所で話題になった前回。今回は「エンジニア・サバイバル」をサブテーマに掲げ,深刻な不況の中で求められるエンジニア像などが論じられます。

会場となった秋葉原UDX Conference

会場となった秋葉原UDX Conference

第一部:「おしえて! アルファギーク ─エンジニアが幸せになる方法」

13時5分より第一部がスタート。モデレータによしおかひろたか氏独立行政法人 情報処理推進機構),パネラーにひがやすを氏(株)電通国際情報サービス),谷口公一氏(株)ライブドア),楠 正憲氏マイクロソフト(株)を迎え,ITエンジニアの仕事を語っていただきました。

左からよしおか,谷口,楠,ひがの4名(敬称略)

左からよしおか,谷口,楠,ひがの4名(敬称略)

人生の転機:エンジニアの転機

自己紹介を経て経歴の中にある転機を語っていただきました。アルファギークの中でも王道と言われる経歴のよしおか氏。「基盤系ソフトウェアを作りたいエンジニアにとって当時はハードウェアベンダへの入社が王道だった。それがソフトウェアベンダに代わり,オープンソース化によって今や意志さえあれば自分自身でキャリア設計ができるようになった」と,その発言はIT産業のパラダイムシフトを経験した世代ならではです。

一方,谷口氏の転機は「渋谷Perl Mongersの勉強会でオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)のエンジニアと出会ったことと,宮川達彦さん(現SixApart)に憧れて会社に入社したこと」だそう。待遇は低くなれど「自分がやりたかったことができるので楽しくて仕方がなかった」という思い出話には,会場やパネリストの間から「かっこいい!」との声が上がっていました。きっかけは色々ですが目指す目標との出会いはやはり大きいもの。

とはいえ,自社内でのロールモデル的存在が減少しエンジニアに王道なしの現在。「勉強会は素晴らしい人に出会うチャンス」と語る谷口氏の言葉を始め,外部との関わりはエンジニアにある種の可能性や刺激を与えてくれると言えそうです。

エンジニアと社会との関わり

勉強会などによる外部との接触という観点から,エンジニアが社会と関わりながらどう生きていくべきかについての提言が進みます。ブログなど社会的に発信できるメディアを持っている人や,勉強会に参加している人を会場から募ると,ほとんどの人の手が上がりました。

「ブログも本もソースコードも書くのは好きじゃないけど,人が喜んでくれるから続けられる」と意外な発言のひが氏や「間違いを指摘してもらえるし物事を自分自身納得できる形に直す力があると感じる」楠氏とさすがはアルファブロガー。発言からもブログが持つ社会的な影響力を感じさせてくれます。エンジニアが自分の得意分野と出会い,仕事で活かす上で大きな武器となるブログ。優れたエンジニアの活動や企業情報が伝わるようになった点も含め,社会と繋がる上で使わない手はないでしょう。

会場からの質問(1)

(1)今後の労働環境はどうなるか,(2)とくに中小企業において,偽装請負やサービス残業などのコンプライアンス問題はどうなるか,(3)SIerにおける上流・下流格差はどうなるか,(4)鬱などメンタルヘルスの問題がIT産業に多い理由を聞きたい。

ひが氏は(3)に関して「上流も下流も重要。上流だけでは用件落とし込みなどの不明点を先延ばしにする傾向があるし,実装側も設計の意図がわからないと顧客に必要な物が作れない。結合テストなどで手間がかかる理由も分業が原因なので,今後は一社ですべて賄える会社がコスト的にも質的にも強くなるはず。下請けに丸投げのSIerは今後苦しくなると思う」と回答。

楠氏は(2)についてブログで情報開示を始めたエンジニアの例を挙げつつ回答し,「ここ数年で企業は優秀な人材を集めるためにも勤労条件を改善しつつある気がする」また「見積もりの仕様やスケジュール変更に柔軟に対応できるようになれば,さらに環境はマシになるはず」とまとめました。

谷口氏は(4)に関して,自身の鬱直前まで行った経験から「サービス残業含め自分を犠牲にして働くエンジニアが多い状況を早く変えていくべき」と力説。「メンヘル系のノウハウがマネージメント層にもないのでメンタルケアカンファレンスをやってみたい」というアイデアのほか,よしおか氏の書籍のチーム執筆プロジェクトを通して人的マネジメントを行う案など,興味深い提案が多数出ていました。

エンジニアの未来・ITの未来について

ひが氏や楠氏は近い未来の予想として,バズワードから現実のビジネスになりつつある「クラウド(コンピューティング)」をピックアップ。「小さなチームが作るサービスがビジネスになっていくと思う」(ひが氏),「各自治体独自に運営されていたインフラを共有・統合すべきという話のきっかけを作った点は評価できる」(楠氏)と語りました。先のメンタルヘルス問題を受け「心を病んでまで働く業界か」と疑問を掲げながら,むしろ「働く人のモチベーションが見えないブラック企業などは淘汰され,働きやすい環境が広がる気がする」という希望的観測を述べた谷口氏。IT企業にも淘汰が起こり,今後は企業の浮き沈みのスピードもさらに速まりそうな状況にあります。

そんな中で「技術を社内の所有物ではなくコミュニティの物であるという考え方を受け入れられるならば可能性は大きく広がるはず」(よしおか氏),「枯れた技術が動き出す今こそチャンス。第一人者になれる土壌で勝負をしてみては」(ひが氏)など,不況だからこそ見いだせる光も出てきていると言えそうです。

大盛況だった会場。前回と同じく携帯電話・PCからのメールによるコメント投稿も行われた

大盛況だった会場。前回と同じく携帯電話・PCからのメールによるコメント投稿も行われた

会場からの質問(2)

こんな技術者が出てきてほしいという理想像を教えて

谷口氏は「近い未来に叶う気がするが,東京は技術力が集結しているのでグーグル的集団が生まれればいいと思う。あとは幸せで羨ましがられるエンジニアになってほしい」と回答。「日本はダメだと言うような人をぎゃふんと言わせられる人」というひが氏ほかどのパネラーも,日本ににおける優れたエンジニアの増加を指摘していました。

会場からの質問(3)

(1)IPAフォーラムでの,インテグレーターと学生が二極化した理由について,(2)情報系の学校の存在意義と,学生は何をすべきか

「個人的には資格にはそうこだわる必要はないと思う。専門系学校卒の人は社会で著しく成長することが多いので,適当な学部で適当に学んできた人よりは高く評価している」という谷口氏を始め,パネラーの大半は資格に重要性を感じないとのこと。また楠氏は「世代によっても参考になる部分は違うので,自分が行きたい業界の人が書いているブログをチェックしておくといいと思う」とアドバイスされていました。

まとめ

「自発的な活動の中で自分のできることを積み重ねていければ未来は明るくなるはず」(よしおか氏),「前回とは違って伝えたかったことが話せてすっきりできた」(谷口氏),「3年,5年単位で変化する業界であり,会社も一人ひとりの人生に責任を持てない状況。そんな中で自分の参考になる物を見つけるためには,実際に目で見,自分が楽しめる物をはじめ自分を知った上でその道を模索してほしい」(楠氏),「今回は伝えたいことを事前に用意し,結論が出なさそうなことはなくすように心がけた。その辺りの評価も含め,ぜひ感想をブログで教えてほしい」(ひが氏)。

4者のディスカッションには,不況にあっても日本のエンジニアが秘める可能性を感じさせるなど,比較的明るい見通しを感じさせる内容となりました。

著者プロフィール

木村早苗(きむらさなえ)

フリーランスライター。滋賀県出身。ギャラリー勤務,Webデザイン専門誌の編集を経て,現在はデザイン,ファッション,音楽,IT系など幅広い分野で執筆を行う。著書にWSE BOOKSシリーズ『社内ブログ導入・運用ガイド』(技術評論社)。お笑い&音楽好き。

コメント

コメントの記入