レポート

群衆の叡智サミット2009開催―“群衆”が引き起こす価値の変革,あしたを変える 人の力・群衆の力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2009年5月26日,時事通信ホール(東銀座/東京)にて,「群衆の叡智サミット(WOCS)2009」が開催されました。WOCSは,群衆が持っている力にフォーカスした内容で,毎回,多方面からのパネリストによるディスカッションが行われています。3回目となる今回は,セッションを2つに分け開催されました。なお,パネルディスカッションのチェアはセッション1,2ともにテックスタイル岡田良太郎氏が務めています。

チェアを務めた岡田氏

チェアを務めた岡田氏

セッション1:「群衆」における情報の流れの変化―供給過多時代における情報,利用技術にまつわる変化

セッション1のパネリストは以下のとおり。

  • 佐々木 俊尚 氏(ITジャーナリスト)
  • 高須賀 宣 氏(LUNARR Inc)
  • 鷲田 祐一 氏 (博報堂)
  • 三浦 広志 氏 (Open Street Mapプロジェクト)
  • 徳力 基彦 氏 (アジャイルメディア・ネットワーク)
  • 山口 浩 氏(駒澤大学)

セッション1のパネリスト

セッション1のパネリスト

アメリカ大統領選に見るソーシャルメディア

セッション1では,情報の流れとメディアという観点から議論が進みました。とくにアメリカ大統領選におけるObama氏のソーシャルメディア活用について,TwitterやFacebook,YouTubeなどのWebサービスを利用したことの効果が取り上げられました。この件について徳力氏は「たとえば政治1つを取ってみても,アメリカと日本では扱い方・扱われ方が異なる。とくに選挙についてはアメリカのほうが格段に進んでいる」と述べました。さらに,佐々木氏も,「ネットによる集金(マネタイズ)の仕組みを作ったのが革新的だった」と,米国の政治におけるソーシャルメディア活用の有用性を述べました。

ソーシャルメディアについて,同じく佐々木氏は「ソーシャルメディア時代の情報流路」と題したミニプレゼンテーションを行い,ミドルメディアの爆発的拡大,ターゲティング化・ライフログ化,マイクロコンテンツ化の3点を紹介しました。

ミドルメディアと情報の再集約

中でも,ミドルメディアの爆発的拡大に関して,アメリカは実現できている一方で,まだまだ日本では未成熟であることを指摘しました。その他,これからのWeb,ソーシャルメディアの流れとして「情報の再集約」という表現を使って説明を行いました。

情報の再集約について議題が移ると,山口氏は「日本ではノリが悪い方向に行ってしまうこともある。たとえば2ちゃんねるのように」というデメリットの部分を指摘しながら,ではどうすれば良い方向に集約できるかという話題に移りました。

ここで,チェアの岡田氏からネットの中で集約できる領域として,「4方向への「知」のマッピング」というスライドが紹介されました。

4方向への「知」のマッピング

4方向への「知」のマッピング

このスライドに対し,「情報サービスを考えるときに完全なものを目指す発想は良くない」(山口氏),「直観という言葉は軽く使ってはいけないのではないか。もっと分析する姿勢が大事」(佐々木氏)というコメントが述べられました。

これに対して岡田氏は「このスライドの意図は,集団,一人一人における論理的なバックグラウンドと,集約するその人なりのメカニズムを表したい」と答えました。

オープンソースソフトウェア

次の話題は,オープンソースソフトウェアを軸に展開されました。三浦氏が関わっているプロジェクトOpenStreetMapおよび日本の活動であるOpenStreetMap Japanが紹介され,ユーザ,すなわち本サミットのテーマでもある群衆の力,可能性について述べ,このプロジェクトは群衆の叡智をデータ化した1つのモデルと紹介しました。

一方で,徳力氏から,「集約して可視化することは便利ではあるが,ビジネスにしにくい」という指摘が入り,その理由として,ECのようなわかりやすいモデルになっていないという持論が展開されました。また,三浦氏も「このプロジェクトの難しいところはただ使うだけの人が増えてしまうこと。できる限り参加してもらって,データを増やすことに協力してもらいたい。そのためのフィロソフィーをどうするかが検討課題の1つ」と訴えました。

ビジネスと文化

OpenStreetMapで展開されたオープンなモデルのビジネスに関しては,「もっと構造的に考えるべき。英語圏は日本の10倍以上がいると言われており,母集団の違いによる市場の大きさの違いがある」と佐々木氏はコメントし,さらに,自身を含めたパネリストを「その中でもマイノリティであることを自覚しなければ行けない」と,指摘しました。

そして,今の日本社会における文化には「年寄り文化」「若者文化(東京)」「若者文化(地方)」の3つがあるとし,ネットの中にも文化による違いがあり,とくに地域差を考えなければビジネスにはならないとしました。

セッション1はここで終了の時間となり,休憩時間の後,セッション2へと続きました。

コメント

  • スイカの写真

    スイカの写真、ありがとうございました。

    娘たちに大うけです。

    Commented : #1  鈴木@日立 (2009/05/31, 21:13)

コメントの記入