レポート

このカンファレンスは伝説になる-「勉強会カンファレンス2009」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

6月6日(土),東京の日本オラクル本社にて,最近各地で大きな盛り上がりを見せているさまざまな勉強会の主催者によるコミュニティ「勉強会勉強会」のカンファレンス「勉強会カンファレンス2009」が開催されました。この模様をお届けします。

AM:目覚まし勉強会

勉強会カンファレンスの開催に先立ち,午前中は参加自由の「目覚まし勉強会」が開催されました。勉強会を盛り上げていく技術や,開催,運営,進行に役立つツールの紹介などを中心に,一人10分~20分のLT(ライトニングトーク)形式で,5つのミニセッションが行われました。

午前,午後の部とも「前説」を担当されたお二人。場の盛り上げはお任せ。

午前,午後の部とも「前説」を担当されたお二人。場の盛り上げはお任せ。

PHP懇親会の居酒屋プレゼン

「勉強会カンファレンス」の参加ページの管理もされていた鈴木達文(みちやす:lind)さんによるPHP懇親会についての紹介。一見ただの飲み会のように聞こえますが,居酒屋にプロジェクターを持ち込んでプレゼンする本格的なものです。会場は居酒屋である必要はありませんが,飲食できるというのがポイント。それほど大規模に行うのは無理ですが,参加者全員が一人5分の持ち時間で必ずプレゼンを行います。これが懇親を深めるのに効果的で,初めての人でもプレゼンを行うことで参加した皆さんに自分を知ってもらえ,他の人のプレゼンを元に自分のネタを考えることで,その相手との距離感を近づける効果があるそうです。

PHPといっても,ソースコードが1行も出てこないプレゼンもあるとか。何かを表現するフックとなるのがPHPというわけです。

PHPといっても,ソースコードが1行も出てこないプレゼンもあるとか。何かを表現するフックとなるのがPHPというわけです。

あなたのメッセージで世界をつなぐTimer

igaiga(五十嵐邦明)さんによる,カウントダウンタイマー+IRCメッセージツールTwYM(Timer with Your Msessages)の紹介。igaigaさんは高専カンファレンスのスタッフとしての経験から,Ustream中継のチャットが会場にいる参加者やスピーカとコラボできないかと考え,TwYMを作りました。MacOS XのQuartzComposer上で動きます。

高専カンファレンスもよろしく

高専カンファレンスもよろしく

今ではさまざまな勉強会などのイベントで使われているそうで,Ustreamやニコニコ大放送は,空間の制限を外しました。YouTubeやニコニコ動画は時間の制限を外したと言えます。そして,TwYMは時間と想いを共有するものだそうです。

今回のLTでも使われたTwYM

今回のLTでも使われたTwYM

まっちゃだいふくメソッド

セキュリティ関係の勉強会を主催するまっちゃだいふくさんによるプレゼン。「まっちゃだいふくメソッド」とは,まっちゃさん主催の勉強会に付きものといえる「お菓子」を出すことによる効果についての発表です。休憩時に甘いお菓子を出すのですが,案外男性の食いつきが良いそうで,これをきっかけに会話が弾むのだそうです。

参加した人がブログに「美味しい勉強会」と書いてもらえるのも励みになるとのこと。

参加した人がブログに「美味しい勉強会」と書いてもらえるのも励みになるとのこと。

勉強会で使える笑いのテクニック

「お笑い勉強会」を主催する芸人社長さんのLTです。IT系の勉強会ではあまり聞くことのできない「受ける,笑いをとる」ためのノウハウが披露されました。キーワードはFail Safe”。場が引いたときにどうするか,話に詰まったときにどうするか,に備えて先に手を考えておくのです。具体的にはその発表者の話をしたり,見えているものに即突っ込む,来場者アンケートを開く,今の心境をそのまま話すというテクニックが使えるそうです。そのほか,笑いの場を作るため,ある人にだけ向けて話をするなど,参考になるワザがいろいろ披露されました。

今回の勉強会の進行役としても,テクニックは遺憾なく発揮されました。

今回の勉強会の進行役としても,テクニックは遺憾なく発揮されました。

IT勉強会カレンダーと募集ツール

今や勉強会に参加しようと思う人の誰もが利用する「IT勉強会カレンダー」を運営するはなずきんさんのLT。現在の「勉強会ブーム」とも言える状況を作り出した立役者の一人といえます。カレンダーに掲載する勉強会情報はどうやって集めているのか,そして勉強会参加者を集めるのに便利なツールを紹介するプレゼンでした。

カレンダーを始めてみて,さまざまな勉強会があることがわかり,新たな発見の毎日が非常に楽しいとのこと。

カレンダーを始めてみて,さまざまな勉強会があることがわかり,新たな発見の毎日が非常に楽しいとのこと。

「IT勉強会カレンダー」はそもそも,参加者ではなく主催者が勉強会の日程がかぶらないよう情報共有できないかという動機で始まったそうです。更新は,現在はなずきんさん,まっちゃだいふくさんなど6名が「趣味」で行っています。今ではカレンダーから目的の勉強会を探すのが難しいほど大きくなり,LT後の質問コーナーではタグ等を使って分類することはできないか,といった意見が出されました。

休憩時には皆さんから持ち寄られた景品やお菓子が振る舞われました。

休憩時には皆さんから持ち寄られた景品やお菓子が振る舞われました。

コメント

コメントの記入