レポート

Tokyo Cloud Developers Meetup #02レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

6月10日(水),東京のリクルートアネックス1にて,クラウドコンピューティングを扱うデベロッパ・エンジニアのカジュアルなイベント「Tokyo Cloud」の2回目,「Tokyo Cloud Developers Meetup #02」が開催されました。

今回はGoogle App Engineがテーマです。また,スペシャルゲストとしてGoogleデベロッパーアドボケイトのFred Sauerさんの発表もあります。

早速,その模様をお届けしたいと思います。

Building scalable,complex apps on App Engine

スペシャルゲスト:Fred Sauerさん

画像

GAEでのアプリケーション開発は,それなりに浸透してきましたがさらにスケールさせるにはこんな方法があるというのをマイクロブログ(Twitterやjaiku的なもの)を例に説明しました。

List Propertyを使用して複数へのBigTableでスケールさせる方法,実データとインデックスは別に持つなどの話しをRDBとBigTableで実際にサンプルを紹介し,さらにSQLとGQLでの問い合わせの違いなどにも触れました。

また,BigTableの実装として内部でソートしてあるためmerge-joinをつかっているなどの内部の話しも聞けました。

kay A web framework on GAE

松尾貴史さん(Python)

画像

kayという,GAE/Python専用のフレームワークの紹介でした。

既存のフレームワークをGAE上で使用すると,何かしらの設定や準備が必要になってしまうため,専用のフレームワークを使用したほうが良いという事で作成されています。基本はDjangoの設計に似せているためDjangoを使用していた人はすぐに使えるようになるとの事でした。

さらにデバッガが強力だという事をデモも含めて説明し,ライブラリも同梱のためすぐにGAEで開始できるのが利点のようです。

また,名前である「kay」は産まれてくる子供と同じ名前にしたそうです。これで開発に対するモチベーションも維持できるという話でした。最後にGoogle WaveでのRobotのデモをする予定でしたがトラブルのために動きませんでした。

Google App Engineがすばらしいと思える2つの理由

山田大悟さん(Python)

画像

自分で実際にGAE上で作成した「konomi」というアプリケーションの紹介しました。

その経験を元に,とくにGAEがすばらしいと思う点を2点挙げていました。

  1. めんどくさい環境構築から開放される
  2. DBスキーマ設定から開放される

さらに世界一簡単に出来る管理画面としてGoogleスプレッドシートを,JSON形式で呼び出す方法を紹介していました。これだとGDATA API不要でもできますし,簡単な管理なら十分だという話でした。

そして「(GAEは)クラウドとかスケーラビリティで語られる事がおおいけど,デベロッパにやさしいっていう点も大事だよね」とのメッセージを大学生が卒研で使ったりする事例と一緒に伝えていました。

また,リクルートとしての立場から見ると,サービスのプラットフォームとしてGAEを使うかどうかはまだ議論にあがるほどにもなっていないので,みんなで超Coolな実績を作っていきましょうとのことです。

著者プロフィール

庄司嘉織(しょうじよしおり)

株式会社ドワンゴ研究開発部勤務。java-ja主催。

基本はJavaやったりPythonやったり色々な言語の勉強したりするのが好きですが,最近はペアプロ&TDDによっていかにチームとして力を発揮できるかに夢中。

email:yoshiori@gmail.com

Twitter: http://twitter.com/yoshiori

コメント

コメントの記入