レポート

Microsoft ReMIX Tokyo 09開催─Silverlight 3最新動向など注目のユーザエクスペリエンス,Web技術情報が初披露

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

7月16日,東京ミッドタウンホールにてMicrosoft ReMIX Tokyo 09が開催された。

画像

同イベントは,ソフトウェアやWebサービスにおけるUX(ユーザエクスペリエンス)の向上を目的としたもので,7月11日に発表されたばかりのSilverlight 3の話題をはじめ,今後のMicrosoftおよび関連企業の展望を見ることができた。

ホストを務めたMicrosoft Developer Platform Corprate VPのScott Guthrie氏

ホストを務めたMicrosoft Developer Platform Corprate VPのScott Guthrie氏

オープニングは川崎和男氏による「コンピュータが消える日」

Guthrie氏の開幕スピーチの後,オープニングトークを務めたのは国立大学法人大阪大学大学院工学研究科教授でデザインディレクターの川崎和男氏。「コンピュータが消える日―The invisible day of the computer」と題し,これからのコンピュータ,インターネットの世界について考察した。

川崎氏は大学の講義さながらに,デザインとユーザエクスペリエンス,それに関連したコンピュータの未来について語った。

川崎氏は大学の講義さながらに,デザインとユーザエクスペリエンス,それに関連したコンピュータの未来について語った。

講演では,大きく以下の3つのテーマが取り上げられた。

  1. OS競合という経済呪縛の終演による解放
  2. OSとWi-Fiが融合するとき・Web-Social Infrastructure
  3. Not Contents, Context Procedure Design

さらに3人のキーマンとして,Gordon More,Paul Vixie,William J. Mitchellの名前を挙げ「これら3人はソフトウェアやWebに関わるプロフェッショナルであればぜひ知ってもらいたい」と紹介した。そして,技術進化のスピードだったり,過去のキーマンのプレゼン資料から現在のインターネットの状況が示唆されていた点などを説明する様子は,あたかも大学の講義のようだった。

最後に,

    雲の上には、見えないWebがストラクチャーとなり、私たちの目の前から、コンピュータはやがて消えるだろう

    On the cloud, invisible Web becomes the social structure. And, from our sight, the computer will fade away before long.

という一文を紹介し,現在のクラウドコンピューティングの世界,そして講演のテーマである「コンピュータが消える日」へ紐付ける形で,講演を終了した。

Silverlight 3の可能性,採用事例

川崎氏のアカデミックな講演に続いて,「ソフトウェアエクスペリエンス」というキーワードとともに現在のMicrosoftとしてのUXに関する取り組みが紹介され,その中で鍵を握る技術としてSilverlightを取り上げた。

「Silverlightは22ヵ月前に最初のバージョンがリリースされてから,現在,世界中のインターネットデバイスの1/3にインストールされ,40万人を超える開発者・デザイナーが存在し,最も急速な広がりを見せるプラグインです。そして,先日7月11日に最新バージョンSilverlight 3を発表しました」とGuthrie氏は,Silverlightのリリース後から最新バージョンまでの経過を説明し,次のスピーカーへバトンタッチをしました。

次のスピーカーには,マイクロソフト株式会社デベロッパー&プラットフォーム統括本部UXテクノロジー推進部 春日井良隆氏が登場し,「What's NEW Silverlight 3 ?」というテーマにて,Silverlight 3の機能紹介などを行った。

Silverlight 3の魅力,新機能を語る春日井氏

Silverlight 3の魅力,新機能を語る春日井氏

コメント

コメントの記入