レポート

Blogopolis(一般の部),どこでもラストガイ(企業の部)がGrand Prix―Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード2009結果発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回で4回目を迎える,インターネット上のクリエイティブ表現の可能性を追求したアワード「Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード」⁠2009年11月19日に,2009年度のGrand Prixをはじめとした各賞の発表が行われ,グランドハイアット東京(六本木)にて贈賞式が行われた。ここではその模様をお届けする。

4回目を迎え,615作品が応募

贈賞式に先立って,主催者であるヤフー株式会社代表取締役社長 井上雅博氏から「本アワードは,技術陣とクリエイター陣が切磋琢磨しながら,より良いものを作っていけるような環境作りのサポートすることを目的に行ってまいりました。回を重ねるごとに応募作品の質が高くなっていて,また,応募数も昨年を上回る結果となり,うれしく思っています。Yahoo!JAPANとして,その切磋琢磨から生まれた,質の高いクリエイティブを表彰していきたいと考えています」という挨拶があり,各賞の発表に移った。

アワード結果発表および贈賞式に先立ち挨拶を述べるヤフー株式会社代表取締役井上雅博氏。

アワード結果発表および贈賞式に先立ち挨拶を述べるヤフー株式会社代表取締役井上雅博氏。

一般の部:バナー部門(LIFE ENGINE)

一般の部,バナー部門(LIFE ENGINE)には,次の3作品が選ばれた。

審査のポイントとして,ユーザの接しやすさ,ふだんの日常生活との関わりといった部分が評価され,Goldを受賞したYahoo! DOGが最も,そのポイントを表現したクリエイティブという評価がなされた。

GoldYahoo! DOG(ADBRAIN interactive division)
SilverYahoo!スタンプラリー(島田宣幸)
Bronzeあいさつ(内田伸哉,加藤寛之,中原祐輔(InMonochrome)⁠

一般の部,バナー部門(LIFE ENGINE)受賞者の顔ぶれ。

一般の部,バナー部門(LIFE ENGINE)受賞者の顔ぶれ。

一般の部:バナー部門(公共広告)

一般の部,バナー部門(公共広告)には,次の3作品が選ばれた。

こちらの受賞については,これまでもたくさん生まれてきた「公共広告」という表現に対して,Webならではという部分を盛り込んだ作品が選ばれた結果となった。

Goldを受賞した大村昇平氏は「私自身,いつか公共広告に関する表現に取り組みたいと考えていました。本アワードに応募し,さらにGoldに選出されるという結果をいただけてとても嬉しく思います。これが終わりではなく,これからさらに磨きをかけた表現活動をしていきたいです」と受賞の喜びと今後の抱負について語った。

Gold描いたあとは(大村昇平)
Silver削る(上田貴宏)
Bronzeどうぶつおりがみ(ADBRAIN interactive division)

一般の部,バナー部門(公共広告)受賞者の顔ぶれ。

一般の部,バナー部門(公共広告)受賞者の顔ぶれ。

一般の部:ウェブコンテンツ部門

一般の部,ウェブコンテンツ部門には,次の3作品が選ばれた。

Webという広い括りの中,Webの中の空間をどのように活かすか,また,その先にいるユーザに対するコミュニケーションをどう取るかといった点が審査のポイントの1つとなっていた。Goldを受賞した「ENDLESS NIGHTMARE」は,直訳すると終わらない悪夢となるのだが,この作品では,悪いイメージと言うよりは,Webの中で永遠に続いていく幻想を表現することで,ユーザをWeb空間へ吸い込んでいくような世界観を表現しているのが印象的だった。

GoldENDRESS NIGHTMARE(山本文,森本友理)
Silvermidair30cm(鈴木健司)
BronzeBUILDING(上甲トモヨシ)

一般の部,ウェブコンテンツ部門受賞者の顔ぶれ。

一般の部,ウェブコンテンツ部門受賞者の顔ぶれ。

コメント

コメントの記入