レポート

みんなでものづくりを楽しもう ―― Make: Tokyo Meeting 04開幕

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

11月22日,オライリー・ジャパンから刊行されている雑誌Make(日本語版)の世界観を実際に体験できるイベント「Make: Tokyo Meeting(MTM)04」が,東京工業大学大岡山キャンパスにて開幕した。ここでは,その模様を写真とともにお届けする。

大切なのは楽しむ心―技術力と表現力の融合

MTMは今回で4回目となるイベントで,フラッグシップ雑誌となっているMakeが持つ,DIY,電子工作,サイエンス,アート,クリエイティブなどのコンセプトを,実際に表現し発表することを目的に開催されている。

2008年4月に第1回目が開催され,当日の展示での交流はもちろん,その場から新しいつながりが生まれ,ものづくりの原点となる技術力と表現力を醸成するイベントとして注目を集めている。

体験型作品が多数出展,触って楽しむ展示会場

第4回目となったMTM04。その中からいくつかの展示を紹介する。

DNPAC Project Stage1:写心機ProtoType

大日本印刷とワンパクのコラボレーションユニットDNPA(ドンパク)のプロジェクト第一弾のプロトとタイプとして写心機が展示された。これは,iPhoneを入力デバイスとし,そのデータを特殊スクリーンで読み込むというインスタレーション。手書きした文字が認識され,それがスクリーン上の日本地図に投影されるという体験を楽しめる。

まずはiPhoneで文字を入力。

まずはiPhoneで文字を入力。

入力した文字が表示されたiPhoneをスクリーンに載せることで文字が認識される。認識した文字を,さらに指で触り,日本地図の好きな場所へ置くことができる。

入力した文字が表示されたiPhoneをスクリーンに載せることで文字が認識される。認識した文字を,さらに指で触り,日本地図の好きな場所へ置くことができる。

Craftive ── インタラクティブなクラフト

ワンパクからはもう1つ出展が行われていた。こちらは,AXIS designとの共同プロジェクトで,インタラクティブをテーマにしたクラフトを展示。まずはアイデアありきで動き出した実験的な内容となっているが,技術的な仕組みにも凝っており,これからのさらなる展開が楽しみだ。

Craftiveより。ワンパクの皆さん。

Craftiveより。ワンパクの皆さん。

シリアル通信を使った測定記録装置「LOGER」(ログ+メジャー)。

シリアル通信を使った測定記録装置「LOGER」(ログ+メジャー)。

ニコ生放送スタジオへようこそ

西9号館会場には,ニコニコ生放送のメンバーによる「ニコ生放送スタジオ」が設置されていた。ここでは,ニコニコ生放送の技術を駆使して,実際にさまざまな生放送が行われていた。

ニコ生放送スタジオ風景。

ニコ生放送スタジオ風景。

このように,即席でニュースキャスターになれる様子を,放送の裏側から見ることができる。

このように,即席でニュースキャスターになれる様子を,放送の裏側から見ることができる。

新世界『透明標本』

会場内の展示の中でも,異彩を放っていたのがこの新世界『透明標本』。誰もが一度は目にしたことがあるであろう標本を題材に,新しい表現として「透明な標本」として作成している。会場では標本や標本を撮影した写真を使ったカレンダーなどの販売も行われており,たくさんの来場者が集まっていた。

独特の雰囲気を醸し出す「透明標本」。「たんぱく質を酵素により透明にし硬骨を赤紫,軟骨を青色に染色をする」という骨格研究の手法として確立された形態。

独特の雰囲気を醸し出す「透明標本」。「たんぱく質を酵素により透明にし硬骨を赤紫,軟骨を青色に染色をする」という骨格研究の手法として確立された形態。

コメント

コメントの記入