レポート

2010年は「オープンソースと政府・自治体」がテーマ~オープンソースカンファレンス(OSC)活動報告2010

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

オープンソースカンファレンス実行委員会が運営するオープンソースコミュニティ/イベント「オープンソースカンファレンス(OSC)」が,2010年秋,50回目の開催を迎える。これに先立ち,2009年までの活動報告および2010年の展望について記者会見が開催されたので,その模様をお届けする。

図1 2010年,50回という節目の回を開催することになったオープンソースカンファレンス。それに先立ち,今後の展開と狙いについて,記者会見が行われた。

図1 2010年,50回という節目の回を開催することになったオープンソースカンファレンス。それに先立ち,今後の展開と狙いについて,記者会見が行われた。

2009年のOSCは全国12会場で開催,約6,400名が参加

まずはじめに,株式会社びぎねっと代表取締役社長兼CEOでもあり,オープンソースカンファレンス実行委員会の中心人物でもある宮原徹氏より,2009年までのOSCの実績および振り返りが行われた。

図2 オープンソースカンファレンス実行委員会 宮原徹氏。OSCについて「名実ともに全国すべての地域におけるネットワークを整備できた」と述べた。

図2 オープンソースカンファレンス実行委員会 宮原徹氏。OSCについて「名実ともに全国すべての地域におけるネットワークを整備できた」と述べた。

OSCは,

  • オープンソースコミュニティの「活動成果」の発表の場の提供
  • 開発者とユーザの「出会いの場」の提供
  • ビジネスチャンスの創出
  • 企業・コミュニティ・その他グループの緩やかな連動
  • OSSの今後をより良くしていくための試みの検討

という目的に基づいて開催されており,2004年9月に第1回目が開催されて以降,昨年2009年には,全国12会場で述べ6,400名以上の参加者を集めるほどの大規模イベントにまで成長した。

宮原氏は「この10年間,オープンソースそのものの認知が高まったことに加えて,オープンソースを中心に,業界内でビジネスとボランティアの融合が図られてきました。その中で,OSCが果たしてきた役割は大きいと感じています」と述べ,これまでのOSCについて振り返った。

また,「オープンソースの特性の1つがコミュニティであり,それを活かすために開催2年目から日本全国を意識し始めました。そして,2007年全国8ヵ所で開催したことが1つの転機となり,2009年は北から南まで全12会場での開催が実現できました」と,OSCを軸としたコミュニティと地域間交流の実現について紹介した。

2010年は「オープンソースと政府・自治体」

OSCは,2009年から「その年のテーマ」を設定するになっており,昨年は「チャレンジ」というテーマのもと,

  • 地域間交流の活性化へのチャレンジ
  • 各地域の自立した開催へのチャレンジ
  • 新しい人材発掘へのチャレンジ

が行われてきた。

そして,2010年のテーマとして「オープンソースと政府・自治体」が掲げられた。このテーマについて宮原氏は「海外ではGOSCONのように,オープンソースと政府というテーマで,参加者が積極的に交流し議論できるイベントがありますが,ここ日本ではまだそのレベルのイベントが存在しません。しかし,現在の市況を鑑みて,政府・自治体のオープンソースへ意識が高まっていることを感じます。また,IT育成という観点では,松江など,すでにコミュニティベースで自治体と交流が図れている地域が増えてきました。あと足りていないのは,調達側のノウハウであったり,調達における議論です」と述べた。

このように,日本のオープンソースおよびIT,それに対する政府・自治体の現状と課題を指摘した上で「潜在的なニーズに対して情報を提供できる場を作りたいという意識から,今回のテーマを設定しました」と,政府・自治体へ積極的にアプローチすることを発表した。

具体的には「OSC.Government」と題したイベントを開催するとのこと。今回は,政府・自治体におけるシステム調達に関わる人やソリューションベンダの政府・自治体担当者を対象に,講演・事例紹介・パネルディスカッションのプログラムが予定されている。今後,実行委員会を編成し,詳細が詰められていく。

また,OSC.Government開催に先立って,政府・自治体におけるOSS活用の情報交換用メーリングリスト「oss-gov」が開設された。

oss-gov
URLhttp://list.ospn.jp/mailman/listinfo/oss-gov

2010年のOSCは新たに神戸,香川での開催が決定,全12都市13会場で開催

以上,2010年のテーマ説明の後,2010年のOSCの全体プログラムが発表された。すでに1月に開催済みのOSC2010 Oita(大分)を加え,全13会場での開催が予定されている。このうち,新しい開催地域として,神戸と香川が加わった。前述のOSC.Governmentは,9月上旬開催のOSC Tokyo/Fallとの併催で,OSC初となる全3日間の日程で予定されている。

OSCの詳細については,以下サイトを参照のこと。

オープンソースカンファレンス開催情報
URLhttp://www.ospn.jp/

最後に,OSCへのエンドーストメントという形で,協賛企業・団体を代表し,4名の方からのコメントを受け,説明会が終了した。

図3 「日本HPでは,FOSSガバナンス・プラットフォーム対応・Linux印刷&イメージングという3つのポイントからOSSに取り組んでおり,今後も積極的に交流を図っていく」と説明した日本ヒューレットパッカード株式会社インフラストラクチャーソフトウェア・ブレード事業本部担当部長 赤井誠氏。

図3 「日本HPでは,FOSSガバナンス・プラットフォーム対応・Linux印刷&イメージングという3つのポイントからOSSに取り組んでおり,今後も積極的に交流を図っていく」と説明した日本ヒューレットパッカード株式会社インフラストラクチャーソフトウェア・ブレード事業本部担当部長 赤井誠氏。

図4 「“マイクロソフトのオープンソースへの取り組みという,数年前では考えられなかったことが,今実現できている。今後も,オープンコミュニティとの相互理解を積極的に進めたい」とコメントしたマイクロソフト株式会社プラットフォーム戦略本部 吉川顕太郎氏。

図4 「“マイクロソフトのオープンソースへの取り組み”という,数年前では考えられなかったことが,今実現できている。今後も,オープンコミュニティとの相互理解を積極的に進めたい」とコメントしたマイクロソフト株式会社プラットフォーム戦略本部 吉川顕太郎氏。

図5 「SRA OSS, Inc.のようなオープンソースを扱うビジネスを行う企業にとって,OSCはとても貴重な場。ぜひ世界版のOSCにも期待したい」と述べたSRA OSS, Inc.日本支社取締役支社長 石井達夫氏。同氏からは,今年リリースが予定されている最新のPostgreSQL 9.0についても紹介された。

図5 「SRA OSS, Inc.のようなオープンソースを扱うビジネスを行う企業にとって,OSCはとても貴重な場。ぜひ世界版のOSCにも期待したい」と述べたSRA OSS, Inc.日本支社取締役支社長 石井達夫氏。同氏からは,今年リリースが予定されている最新のPostgreSQL 9.0についても紹介された。

図6 「OSCの原型を作ったのはjus。そして,そのjusが実現できなかった継続的開催・全国展開を実現したのがOSC。こういった関わりから唯一コミュニティの立場で,今回の発表会に参加させてもらった」とコメントし,「OSCに参加して,ぜひそこでしか得られないを体感して欲しい」と熱く語った,日本UNIXユーザ会幹事 法林浩之氏。

図6 「OSCの原型を作ったのはjus。そして,そのjusが実現できなかった継続的開催・全国展開を実現したのがOSC。こういった関わりから唯一コミュニティの立場で,今回の発表会に参加させてもらった」とコメントし,「OSCに参加して,ぜひそこでしか得られない“熱”を体感して欲しい」と熱く語った,日本UNIXユーザ会幹事 法林浩之氏。

2010年のOSCがどのように展開されていくのか,ぜひ読者の皆さんも会場に足を運び,実際に参加してもらいたい。そして,法林氏が述べたように,オープンソースが持つ可能性を肌で感じ,リアルイベントから生まれる熱を体感してもらいたい。

直近では,2010年2月26,27日の2日間,明星大学(東京)にて「オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Spring」が開催される。

オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Spring
URLhttp://www.ospn.jp/osc2010-spring/

gihyo.jpでは,これからも積極的にOSCやオープンソース関連のイベントやセミナーに注目し,情報をお届けしていく。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2010年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入