レポート

WordCamp Fukuoka 2010最速レポート(随時更新)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2010年2月27日,日本で4回目,九州地区では初となるWordPressに特化したカンファレンス「WordCamp Fukuoka 2010」が西南学院大学コミュニティーセンターにて開催された。ここでは,その模様について速報でお届けする。

※順次公開していきます。

会場となった西南学院大学コミュニティーセンター。

会場となった西南学院大学コミュニティーセンター。

開会に先立ち挨拶を述べる株式会社ヌーラボ代表取締役橋本正徳氏。福岡で働くWebの人々(FWW)などの運営にも関わっている。

開会に先立ち挨拶を述べる株式会社ヌーラボ代表取締役橋本正徳氏。福岡で働くWebの人々(FWW)などの運営にも関わっている。

WordPress for the world from Japan~日本から世界へ

オープニングセッションを務めたのは,ニューヨークを拠点とした情報システムコンサルティング会社1080dの最高情報責任者で,アメリカの最大手出版社であるTime社でWordPressを使った様々なオンラインメディアサイトに関わる立場でもあるNed Watson氏。同氏は5~6月ごろにヌーラボに所属することになっている。

Ned Watson氏。

Ned Watson氏。

まずはじめに,これまでの氏の実績が紹介された。そのうちの1つ,aimeewilder.comは,WordPressを使って制作されている。「それまでWordPressを使ったサイトというのは,投稿数が増えていくいわゆるブログ型のサイト構造だったものが,aimeewilder.comでは,ページを増やすCMS型のサイトを実現できた。このときに,WordPressの新しい可能性を感じた」とNed氏はコメントした。

Ned氏の制作実績の1つ。http://aimeewilder.com/。

Ned氏の制作実績の1つ。http://aimeewilder.com/。

日本人はWordPressを使うべき

Ned氏は,WordPressの魅力として

  • OSSで作られていて完全に無料
  • 英語国以外でもそれぞれの言語で使える
  • コミュニティはニューフェース(初心者)に優しい
  • デザイナーはすぐにキレイなサイトを制作できる

といった点を挙げ,さらに「日本人の作るテーマは,外国人の目から見てキュートである」という持論を交えながら,日本人はもっとWordPressを使うべきと熱く語った。

No WordPress No Life

前述のとおり,Ned氏はこの春からヌーラボに所属するのだが,それに合わせて福岡での目標として,

  • 福岡を日本のWordPressのベースにしたい
  • Automatticの人間を福岡に呼びたい

などの目標とともに,他の地域でのWordCampには負けたくない!という思いとともに,地域に根ざした活動をしていくことを宣言し,「No WordPress No Life」というコメントで発表を終えた。

次回はこれまで開催された東京や京都の規模を追い越すと意気込んだNed氏。そして,資料の右下には打倒ライバルプロダクツ!の文字が表記され,その場での宣言も行われていた。

次回はこれまで開催された東京や京都の規模を追い越すと意気込んだNed氏。そして,資料の右下には打倒ライバルプロダクツ!の文字が表記され,その場での宣言も行われていた。

WordPressとプラグインで連携するWebサービス

二番目に登場したのは,ヌーラボでBacklogやCacooなどのプロダクトデザインを務める縣俊貴氏。

『WEB+DB PRESS』の連載でもおなじみ縣俊貴氏。

『WEB+DB PRESS』の連載でもおなじみ縣俊貴氏。

まずはじめに,昨年秋にリリースし現在世界100ヵ国以上で2万2,000人のユーザを獲得しているオンラインクリエイティブツールCacooの紹介を行った。

Cacoo for WordPress

今回のプレゼンでは,オンラインクリエイティブツールCacooをWordPressでさらに使いやすくするためのプラグイン「Cacoo for WordPress」が紹介された。

このプラグインを利用することにより,WordPressの管理画面から直接Cacooを呼び出し,Cacoo上で編集した画像をそのままアップデートできるようになる。このように,外部のサービスを使いやすくできるのもWordPressをはじめとしたオープンソースの特徴であると縣氏はコメントした。

WordPressコミュニティのススメ

この他,オープンソースとフリーミアムなどの概念を説明した後,OSSのFree Riderにならないためには,WordPressの普及促進をサポートすること,WordPressを使うことなど,自分たちができる範囲から始めることで十分だと述べた。

縣氏は「WordPressのプラグイン開発の仕組みは,iPhoneのAppStoreの構造に似ている」と語った。

縣氏は「WordPressのプラグイン開発の仕組みは,iPhoneのAppStoreの構造に似ている」と語った。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入