レポート

iPadファーストインプレッション――想像以上の高レスポンスがもたらす「新たな世界」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

いきなりだが,この記事と前回の記事はほとんどiPad上のEverrnoteアプリで執筆した。iPadはそれがまったく苦にならない端末である。画面が大きいためにタッチタイピングが簡単にできるということもあるが,何よりもiPadのレスポンスの良さによるところが大きい。このレスポンスの良さはまったく予想していなかったが,このことがiPadを驚くほど魅力ある商品にすることに成功している。

Evernoteで執筆中の画面

Evernoteで執筆中の画面

iPadのサイズが持つ意味

まずiPadを手にとってみると素直にその大きさに感動させられる。デカいiPhoneという言葉どおり。ホームボタンの大きさだけが全く同じだ。

iPadの大きさをiPhone,MacBook Airと比較

iPadの大きさをiPhone,MacBook Airと比較

画像やWebのブラウジングがiPhoneとは比べられないほどに快適でストレスがない。パソコンのディスプレイと同じように表示領域が広がる気持ち良さと,後述するタッチデバイスをより快適にするという2つのメリットが,この大きさには秘められている。

Webの閲覧や動画の鑑賞がこのことによって遥かに楽になるのはもちろん,電子書籍を堪能するにはもってこい大きさだ。部屋の中に置いておくことが前提の大型本が主流だった時代,文庫本はポケットに入れて持ち歩けるという点で革命的だった。しかし文庫本は本を読むための最適なサイズではない。文庫本は携帯性が優れており軽量だから,読みやすく感じたり体が慣れたりしてしまっているのだ。

iPadでマーベルのスパイダーマンのコミックを読んでいると,その画面の大きさから得られる快適さに衝撃を受ける。相当な数のコンテンツを厚みを増すことなく収納できるiPadは,快適さを保ったまま大きな画面を堪能できる。

マーベルのコミック『スパイダーマン』をiPadで読んでいるところ。

マーベルのコミック『スパイダーマン』をiPadで読んでいるところ。

コミック本が週刊誌と同じ大きさではないのは,それが読みやすいからではなく,保管のしやすさと読みやすさとの兼ね合いから生まれたということに気付かされる。文庫本サイズの週刊漫画誌を読みたいという人はいないだろう。逆にiPadなら好きな漫画全巻を大きな画面で堪能することが可能なのだ。

iPadが開くタッチデバイスの新次元

このiPadの画面の大きさは,視覚的な快適性だけでなく,タッチデバイスとしての扱いやすさにもそのままつながっている。

一時期ネットブックがかなり人気を博していたが,その理由としてあげられるのがキーボードの打ちやすさだったという人も多いのではないだろうか。PanasonicのLet's noteが売れているのも,あのキーボードで軽量さ,性能を維持しているからという点が大きい。ではiPhoneの大きさは,タッチデバイスとして最適な大きさなのだろうか? ─おそらく答えはNOだろう。

iPhoneが登場したばかりのころ,文字入力のしづらさがよく指摘されていた。その指摘は正しかったのだけれど,僕らはiPhoneの利便性に惹かれ,その打ちづらさには慣れてしまったのだ。それでも意識しない中でタッチしづらいことによるストレス,使いにくさがあるはずである。

iPhoneは携帯性を前提にした商品なので,タッチデバイスとして最適なサイズではない。またiPhone以外の多くのタッチデバイスとして普及した商品でも,コストパフォーマンスの制約などから,必ずしもタッチデバイスとして使い易いサイズではなかった。ストレスなく使えるキーボード,自分の手にしっくりとくるマウスと同じように,iPadの大きさは,ストレスなくタッチデバイスを操作するのに本来求められるべきサイズなのだと感じてくる。

iPadを縦に持ったときに表示されるアイコンは縦4列。iPhoneと同じだ。アイコンとアイコンの間にはかなり間隔がある。これだけ大きな画面なのだから,もっと表示させるアイコンが多くても良いのではと考えてしまう。しかしiPadを手にすると,この間隔に意味があることがわかる。

アイコンにタッチするときに,「押し間違わないようにしなくては」というストレスを感じることがまったくない。そしてiPadを両手に持って親指だけでアイコンをタッチする操作も軽々とできるし,どのアイコンを押さなければいけないのかを視線を微妙に動かして確認する必要もまったくない。

iPadを横に持った時のホーム画面

iPadを横に持った時のホーム画面

キーボードの大きさだけではなく,こんなところにもタッチデバイスとしての使いやすさが追求されている。

あるアメリカ人によるiPadのレビュー記事の中で「Appleがマウスを利用するGUIを初めて搭載したApple Lisaコンピュータの登場以来,30年近く続いてきたマウスによるユーザインターフェースが,iPadの登場によって本格的にタッチデバイスを前提としたものとなるかもしれない」と述べられているが,その可能性を強く体感することができる。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

バックナンバー

2010年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入