レポート

クラウドコンピューティングEXPO 2010

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

5月12日(水)から14日(金)の3日間,東京ビッグサイトにおいて「クラウドコンピューティングEXPO 2010」が開催されている。初の開催となる今回は,国内外のクラウドに関わるベンダ,技術が一同に会し,全体像を把握しにくいクラウドの最新事情を知る絶好の機会と言える。ここでは各社の展示から伺えるトレンドや最新の技術を紹介しよう。

IPv6対応の仮想データセンターサービス――ENTERPRISE-FARM

会場ではAmazon EC2に対抗する日本版のクラウドサービスがいくつも展示されていた。フリービットの提供する「ENTERPRISE-FARM」もそのひとつだ。

フリービットはメディアエクスチェンジとバーチャルデータセンター(VDC)というクラウドサービスのためのインフラについての技術と共同事業を発表しているが,このクラウドプラットフォームを利用したサービスが「ENTERPRISE-FARM」だと,フリービット ソリューション営業部 サービス企画営業 リーダー 国吉健一氏は説明してくれた。

フリービット ソリューション営業部 サービス企画営業 リーダー 国吉健一氏

フリービット ソリューション営業部 サービス企画営業 リーダー 国吉健一氏

このクラウド型サービスの特徴は,名前のとおりエンタープライズ用途を強く意識したサーバおよびシステム構成になっているという点だ。単純にサーバハードウェアやストレージをクラウド利用するだけでなく,IPv6対応,管理画面,ファイアウォール/IPSなどのセキュリティ機能,VPN,ロードバランサーなど,業務運用に耐える仕様および構成で利用できるという。

そして,このサービスの提供基盤となるVDCは,商用IXであるメディアエクスチェンジの持つバックボーン回線を利用できるというのも特徴のひとつといえるだろう。

ENTERPRISE-FARMの主なターゲットは? との問いに対しては,⁠ソーシャルサービスやオンラインゲームを提供するサービスプロバイダなど,いわゆる足の早いサービスがメインなるでしょう。」との回答だった。⁠足が早い」とは,サービスの開始,増強,縮小が負荷の増減にともない頻繁に必要になるようなサービスだ。オンラインゲームなどは,無料期間と有料化の負荷の増減に柔軟にサーバリソースを対応させることができ,キャンペーンや季節要因などのトラフィックにもスケーラブルに対応できる。また,これらのサービスは将来的にIPv6に対応しておくことは,これからIPアドレスを必要とするユーザや新興国でのサービスを考えると重要なポイントになるだろう。

フリービットのブース

フリービットのブース

フリービット⁠株⁠MeX営業部
URL:http://mex.freebit.com/

ブルーの基調でchatterなどの「Cloud2」をアピール――セールスフォース・ドットコム

エンタープライズ分野でのSalesforceというと,イエローのイメージカラーが浮かぶかもしれないが,クラウドプラットフォームをより意識したForce.comではブルーがサービスのイメージカラーとなっている。そのため,クラウドコンピューティングEXPOのセールスフォース・ドットコムのブースはブルーで統一されている。

セールスフォース・ドットコムのブース。プレゼンテーションの前には人だかりができていた。

セールスフォース・ドットコムのブース。プレゼンテーションの前には人だかりができていた。

このブースには各種サービスのデモコーナーのほかに,2ヵ所のプレゼンテーションエリアが設けられている。ここで,サービスの説明などプレゼンが始まると,人だかりができるほどのにぎわいを見せていた。デモコーナーでの人気は「chatter」の機能やサービスを体験しながら説明をしてくれるエリアだろう。

chatterは,Twitter風のインターフェースでメンバーのコミュニケーションや情報共有を行うクラウドサービスだが,業務用のツールなので,グループウェアの機能やCRMとの連携も可能になっている。画面はTwitterのようだが単なるコミュニケーションツールではないので,メンバーどうしでの議論や作業の進行管理など業務プロセスに応じた管理ツールとしても機能する。

デモでは,ある営業案件についてアポ,提案,再提案,見積もり,受注,納品,フォローといったステータスや業務フローをトレースしながら管理していく様子を見せていた。Twitterでいうタイムラインのような流れにフェーズ情報,ワークフローとの連携などさまざまな属性情報を付与して,だれもが進行状況を把握できるようになるというもの。チームで動いていても,それぞれが全体の状況を見ながら必要な作業をしたり,アドバイスやフォローを行うことができる。これまでの業務では定例会議や個別の打ち合わせ,メールで確認していたようなことが,chatter上で管理,共有できるようになっている。

chatterの画面はTwitter風

chatterの画面はTwitter風

商談ごとにステータスを共有,把握できる。Twitterでは「リスト」相当する部分か。

商談ごとにステータスを共有,把握できる。Twitterでは「リスト」相当する部分か。

個別の商談・案件について,意見,質問,指示,アドバイスなどを書き込む。そして,アクションやステータスを更新していく。

個別の商談・案件について,意見,質問,指示,アドバイスなどを書き込む。そして,アクションやステータスを更新していく。

chatterのダッシュボード画面

chatterのダッシュボード画面

ダッシュボード画面では,メッセージの投稿や更新状況がグラフ化される

ダッシュボード画面では,メッセージの投稿や更新状況がグラフ化される

営業活動のスタイルを変えるようなツールだが,SFAやCRMなどのデータベースとも連携できるので,基幹業務と切り離された単なるWeb便利ツールでもない。なお担当者の説明によると,セールスフォースではchatterのサービスをForce.comから切り離して展開するようなサービス形態も考えているようだ。

⁠株⁠セールスフォース・ドットコム
URL:http://www.salesforce.com/jp/

著者プロフィール

中尾真二(なかおしんじ)

1961年生まれ。ハードウェア・コンピュータ技術者からアスキーに転職し,およそ10年ほど技術書籍・雑誌の編集に携わる。その後,オライリー・ジャパンで5年ほど企画・編集に従事。編集長時代に当時の日本法人社長とケンカしてクビに(笑)。現在はRBB TODAY,レスポンス他でニュース,コラムなどを編集・執筆。

コメント

コメントの記入