レポート

drikinが見たGoogle I/O 2010[1]初日基調講演

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2010年5月19,20日の2日間,2008年から「Google I/O」と呼ばれるようになり恒例行事となりつつあるGoogle主催の技術カンファレンスが,今年もサンフランシスコのモスコーンセンターで行われた。Google I/Oは,当初はWeb技術にフォーカスしたカンファレンスだったが,今ではWeb技術だけでなく,Android,Google Chrome,Google API,GWT,App Engineなど,Googleのさまざまなテクノロジーをカバーするカンファレンスに成長した。

会場となったモスコーンセンターウェストの入り口には巨大なGoogleマップのピンオブジェクトが登場。

会場となったモスコーンセンターウェストの入り口には巨大なGoogleマップのピンオブジェクトが登場。

今回縁あって(twitterで依頼されて),このカンファレンスの様子を初日,2日目の基調講演を中心にお伝えすることとなった。いくつかの個別レポートという形で,一エンジニアから見たGoogle I/Oという技術的な観点から,僕なりの感想をレポートして行きたいと思う。

まずはレポート第1弾として,初日の基調講演から紹介しよう。

基調講演の行われる会場3Fのメインフロア会場に設置された巨大ワイドスクリーン

基調講演の行われる会場3Fのメインフロア会場に設置された巨大ワイドスクリーン

いよいよ実用段階に入ったHTML5

朝9時,技術担当副社長Vic Gundotra氏の挨拶から始まったGoogle I/O 2010初日の基調講演。同氏は早々に挨拶を終えるといきなり「明日の基調講演は今日よりも30分早い,8時30分から開催されるけど,サプライズがあるから見逃さないように!」と明日の基調講演について発表。「皆さんデベロッパなので朝早いのが辛いのはわかるけど,頑張って来てね」と笑いを取るあたり,やっぱりエンジニアの夜型生活は世界共通なんだなと思いながら,カンファレンスはスタートした。

Google技術担当副社長Vic Gundotra氏による挨拶

Google技術担当副社長Vic Gundotra氏による挨拶

初日の基調講演はWebテクノロジーがテーマ。WebアプリケーションとHTML5を中心に,Googleの考えるHTML5の現状と今後についての展望が語られた。

HTML5の状況については,今年の年末にはGoogle Chrome/FireFox/Safari/Opera/IEなど主要ブラウザがHTML5の一通りの機能を実装完了するだろうというロードマップを提示。ただし一通りと言いつつ,IEだけが一部の機能しか実装していないグラフを見せて聴衆からは笑いが…。

その後,最近機能が追加され話題になったGoogle ChromeとGmailによるドラッグ&ドロップによる添付ファイルの追加機能や,メールの新着を通知してくれるNotification機能のデモ,MugTugやClickrなど最新のWebアプリケーションによりHTML5のテクノロジーが紹介された。

さらに,最近Googleが買収して話題となっていたビデオ圧縮技術On2テクノロジーのオープンソース化とロイヤリティフリー化によるWebMプロジェクトを発表。すでにFireFoxやOperaなどではWebM対応ビルドが動作しているとのことで,コーデックのライセンス問題で実装状況が異なるためなかなか対応が難しいHTML5のvideoタグ普及の切り札になることが期待される。 2004年のAjaxの登場から6年,ついに本格的なWebアプリケーションを実現するために必要となるHTML5技術の実装がほぼ完了し,いよいよ本格的Webアプリケーション時代が到来することを強くアピールしていた。

実際,去年までのGoogle I/Oでは,あるデモではGoogle Chromeを,別のデモではSafariやFireFoxを利用するなど,コンテンツが必要とするHTML5機能の実装状況に合わせてデモのたびに異なったブラウザを利用していたが,今年のGoogle I/Oでは,全体を通して基本的にGoogle Chromeだけでデモを行っていて,完成度の高さをアピールしていた。

朝一番で会場入りし,基調講演会場に向かう人々の様子

朝一番で会場入りし,基調講演会場に向かう人々の様子

次に,最近Flash対応問題で話題に事欠かないAdobeからCTOのKevin Lynch氏が登場。AdobeによるHTML5についての取り組み状況についての説明とデモが行われた。

ただし,この場ではFlashについては特に言及はなく,DreamweaverやIllustratorなど,先日発売された最新版のAdobe CS5シリーズでHTML5のオーサリングにも対応したことを紹介。Adobeとしてはある意味Flashのライバル技術とも捉えることができるHTML5機能に対して,オーサリングツールとしてきちんと対応してきたことは正しい対応であり,Webアプリケーション時代でもAdobeのアプリケーションが有用であることをアピールした形だ。

基調講演の開場を待つ人々

基調講演の開場を待つ人々

著者プロフィール

青木剛一(あおきこういち:drikin)

1975年生まれ。サンフランシスコに在住しソフトウェアエンジニアとして働くかたわら一週間分のテック・ガジェット系ニュースをお届けするポッドキャスト「backspace.fm」を主催。毎週旬なネタを配信中。自身のブログはこちら

コメント

コメントの記入