レポート

パソナテックセミナー インフラエンジニアDay[その2:Bトラックセッション]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

5月22日開催,パソナテック主催によるセミナー「インフラエンジニアDay」のレポート。クラウドをめぐるインフラエンジニアの立ち位置についてのアグレッシブな提案が行われたBトラックのセッションの模様をお伝えします。

Bトラック会場は地下1階。

Bトラック会場は地下1階。

クラウドによって広がるITの世界をリードしていくために

Bトラック最初のセッションは,「クラウドによって広がるITの世界をリードしていくために」と題した(株)NTTデータ 基盤システム事業本部の濱野 賢一朗氏による講演です。濱野氏は同社にて最近注目を集めるクラウド関連技術である大規模分散データ処理システムHadoopや,Key-Value Store型のデータ処理技術を使ったサービスの企画などに携わる傍ら,日本OSS推進フォーラムのクラウド部会 部会長としても活躍されています。これらのプロジェクトに関わった経験を元に,クラウド技術がもたらすIT世界の変化,そしてそれがおよぼす社会の変化について触れ,こうした変化にインフラエンジニアはどのように対応すべきかについて語るスケールの大きな講演となりました。

株式会社NTTデータ 基盤システム事業本部 システム方式技術ビジネスユニット シニアエキスパート 濱野賢一朗氏

株式会社NTTデータ 基盤システム事業本部 システム方式技術ビジネスユニット シニアエキスパート 濱野賢一朗氏

濱野氏は,「今は流行りなのでなんでもクラウドと呼ばれている」として,まずSaaS,PaaS,IaaSなどのレイヤ別のクラウド技術の定義や特徴を紹介し,これら全体のクラウドコンピューティングを特徴づけるものとして「スケーラビリティとユビキタス性」を挙げます。このうちスケーラビリティとは,いつでもオンデマンドに大きくしたり,逆に小さくしたりできることで,ユビキタス性とはいつでもどこからでも,そしてどんな端末からもリソースにアクセス可能なことです。こうした特徴を生かし,濱野氏はクラウドを使うことで,これまでになかったITの新たな活用分野が生まれるのではないかと考えています。

濱野氏はここ数年,ITでできることに限界を感じ,個人的に危機感を持っていたと言います。つまり「今までできなかったことがITのおかげで可能になった」という話を聞かなくなったのです。しかしクラウドコンピューティングの広がりで,いままでなかった可能性を感じるようになりました。

例として,クラウドを使ってある短期間だけ膨大なコンピュータリソースを必要とするケースがいくつか紹介されました。米国の新聞社NewYork Timesが行っている過去記事のアーカイブ閲覧サービス「TimesMaschine」では,過去の誌面をそのまま4TバイトぶんのPDFファイルに変換することになりました。このとき従来のマシンでは1ヵ月かかる処理を,Amazon EC2の仮想マシン100台を利用することで24時間で終了し,その際の使用量は240ドルだったとのことです。

Hadoopのもつポテンシャルの説明には力が入ります。

Hadoopのもつポテンシャルの説明には力が入ります。

このようなスケーラビリティについては古くから研究されており,「CAPの定理」として証明されています。システムの整合性(Consistensy),可用性(Availability),分散処理(Partitioning)の3つの要件のうち,2つしか満たすことができないというものです。このうち可用性と分散処理はクラウドの必須要件だと濱野氏は言います。ではもう1つの整合性はどう確保するのか? クラウドではある程度のタイムラグを持たせ時間を限定させることで,この法則を超えた整合性を取ることが可能になると指摘します。一例として,GPSによる位置情報データをキャッシュさせて,これを元にした最適な情報を提供する携帯キャリアの行うサービスが挙げられました。

このようにクラウドを使うことで,これまでできなかったことが可能になる点に着目し,エンジニアが一緒に新たなITの流れを作っていけるというのが濱野氏の目指すポイントです。この流れは技術的にはかつてないスケーラビリティの追求であり,社会的にはシステムや組織を横断した連携への試みと言えます。こうした動きにより,「所有と利用のバランス」が大きく変化し,すべてのシステムが囲い込みから「連携」に向かいます。またプログラミング的にはNoSQLやHadoopといったソフトウェアに代表されるプロセス指向からデータ指向への転換があります。これらを駆使して「新しいIT領域,新しいビジネスを切り開いて行きましょう」と訴え,セッションを締めくくりました。

コメント

コメントの記入