レポート

drikinが見たGoogle I/O 2010[2]Androidの日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

「drikinが見たGoogle I/O 2010」第2弾は,初日より30分早い8時30分からスタートした2日目の基調講演についてレポートしよう。

2日目の基調講演開催直前の様子。初日のサーキットを基調とした背景と変わって,Androidをイメージしたデザイン。

2日目の基調講演開催直前の様子。初日のサーキットを基調とした背景と変わって,Androidをイメージしたデザイン。

初日の基調講演がHTML5に終始し,比較的派手さのない堅実なプレゼンだっただけに,より注目が集まる中,前日同様,技術担当副社長Vic Gundotra氏の登場から2日目の基調講演は始まった。まずは,初日の基調講演のYouTubeのライブストリーミング配信について説明があり,24,000アクセスがあったと発表。

実際,初日の基調講演を聴きながらライブストリーミングを閲覧してみたが,遅延の少ない(1,2秒程度の遅れ)配信で画質のクオリティも高く,このような大規模ライブストリーミングを軽々と行ってしまうあたり,YouTubeの性能の高さをさりげなくアピールしている(やる気になれば,Ustreamのようなサービスも容易に実現できるのでは? と思えてしまった)⁠

2日目の基調講演も技術担当副社長Vic Gundotra氏の登場からはじまる。

2日目の基調講演も技術担当副社長Vic Gundotra氏の登場からはじまる。

Froyo登場!

2日目の基調講演最初のテーマはAndroidについての発表だ。Androidで重要なことは2つある。

  • フリーなOSであること
  • オープンであること

「1社が未来を作るものではない」とストレートにApple(iPhone)を牽制しつつ,Androidの現状について語った。現在では1日に10万台ペースのアクティベーションが行われる勢いでAndroidデバイスが増え続けている。USではついにAndroidデバイスのシェアが1位になったことなどが発表された。AndroidのGoogle Mapアプリケーションのナビゲージョン機能では10億マイルのナビゲーションを行い,モバイルデバイスによるGoogleの検索数は5倍に膨れあがったことなどを例に挙げ,利用率と実用性の高さもアピールした。

Android2.2(Froyo)と2.1(Eclair)のパフォーマンス比較を行うデモ

Android2.2(Froyo)と2.1(Eclair)のパフォーマンス比較を行うデモ

そんな絶好調のAndroid状況の中,満を持して登場する次期メジャーバージョンアップAndroid2.2(Froyo)の発表へと話は続く。以下に発表された主要なFroyoの特徴を挙げておこう。

[スピード]
  • Dalvik VMにJIT技術を導入しJavaアプリケーションの動作が2~5倍に高速化
[エンタープライズ]
  • 20のエンタープライズ関係の新機能の追加
  • Exchange Serverへの対応
  • アプリケーションデータバックアップ用のAPIの追加
[クラウドからデバイスへのメッセージAPI]
  • 単なるメッセージのPushではなくIntentを通知することが可能
[テザリングとポータブルホットスポット]
  • Androidデバイスを経由してPCからネットワークを利用できるテザリング機能
  • Androidデバイス自体をPocket WiFiのようなプライベートホットスポットとして稼働させる機能
[ブラウザ]
  • JavaScriptが2~3倍の高速化
  • HTML5の対応強化として
[音声認識機能の向上]
  • 単なる検索だけではなく,電話をかけたりより多くの操作が可能
[Flash 10.1対応]
  • Flash 10.1のPublic Beta版とAIR Developer Pre-Releaseの発表
[Android Marketの強化]
  • ついにアプリケーションをSDカードにインストール可能に
  • Update All機能とアプリケーション単位での自動アップデート設定
  • PC上のMarket提供とデバイス連携
[広告機能の強化]
  • 使いやすい広告ツールを提供
  • 伸縮する新しいタイプの広告フォーマットの追加
  • 動画や,マップ表示,電話機能などを広告内に表示可能
  • 広告の内容は,オープンでGoogle以外の広告も表示可能

ざっと上げても,単なるコンマ1のマイナーバージョンアップとは思えない充実したバージョンアップとなることが発表された。

待望のFlash10.1対応だけでなくAIR環境の提供までアナウンスされた。

待望のFlash10.1対応だけでなくAIR環境の提供までアナウンスされた。

Dalvic VM JITによる高速化については,一部のゲームなど,すでにネイティブコードで実装されている場合には高速化の恩恵は受けられないが,通常のJavaベースのAndroidアプリケーションにおいては劇的な高速化が期待できる。実際いくつかのデモが行われたが,同じアプリケーションが2.2では見違えるように高速に動いていた。iPhoneと違い,Androidではさまざまなメーカが次々にデバイスを登場させている状況で,すでにCPUのクロックスピードは1GHz程度が当たり前,今後さらにパフォーマンスは向上していくことが期待できる。まさに,オープンなプラットフォームであることのメリットの1つと言える。

テザリングやポータブルホットスポット化については目新しい技術ではなく,すでにiPhoneやAndroidのサードパーティアプリケーションなどでも実現されていたが,どちらかというとキャリアとの兼ね合いがあり,あまり公に実現できなかった。Androidがテザリングを標準機能として組み込むことで,この状況がどう変わっていくか注目したい。

実際問題,Androidの進化と普及がモバイルデバイスの増加をますます促進させて行く中で,ユーザが端末ごとに回線契約を行い月額の回線費用を増やしていくことは現実的ではない。メインとなるAndroidの携帯デバイスが通信のハブとなって,他のモバイルデバイスでインターネット利用が行えれば,モバイルデバイス市場の活性化にもつながるので,ユーザとしてはありがたいことこの上ない機能である。

ブラウザとHTML5の機能強化については,初日の基調講演でもGoogle ChromeによるPC上のWebアプリケーション実現のための機能強化やChrome Web Storeによる配信プラットフォームの提供がアナウンスされた。そしてもちろんAndroidのブラウザにおいても,通常のAndroidアプリケーションと遜色がない機能を実現するための機能強化が行われている。JavaScriptからコンパス情報にアクセスして,ブラウザ内で表示しているGoogle Mapの地図を回転させるデモや,Google Buzzサイトでブラウザから直接カメラ機能にアクセスして写真を投稿できるデモなど,従来のWebアプリケーションでは越えられない壁を,HTML5というオープンなスペックとして越えられるよう技術を牽引していくあたり,冒頭でアピールしていた「オープンであること」の活動の一環としても捉えることができる。

基調講演の開始を待つ会場の風景

基調講演の開始を待つ会場の風景

著者プロフィール

青木剛一(あおきこういち:drikin)

1975年生まれ。サンフランシスコに在住しソフトウェアエンジニアとして働くかたわら一週間分のテック・ガジェット系ニュースをお届けするポッドキャスト「backspace.fm」を主催。毎週旬なネタを配信中。自身のブログはこちら

コメント

コメントの記入