レポート

drikinが見たGoogle I/O 2010[4]展示会場フォトレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ghiyo.jp編集部の馮さんの何気ないTweetから始まったGoogle I/O 2010レポート。思わず張り切りすぎて長文4部作になってしまったが,最後を飾る第4弾は「会場レポート」と題して,写真を中心にカンファレンス当日の様子や,たくさんの出展ブースの中から個人的に気になったブースをいくつかレポートしよう。

会場入り口に現れた巨大なピンシンボル

会場入り口に現れた巨大なピンシンボル

会場となったのはサンフランシスコのダウンタウンにあるモスコーンセンター Westホール。来月にはライバルイベントAppleのWWDC(World Wide Developers Conference)も同じ会場で行われる。会場に到着するといきなり目に付くのはGoogle Mapでもおなじみのピンアイコン。従来もプロモーションなどで都内各所に現れていたオブジェクトだが,このサイズは最大級と思われる。

各フロア紹介

会場1F入り口付近の受付の様子

会場1F入り口付近の受付の様子

会場は3階建てになっていて,1Fが受付とカフェテリア。昼食時にはカフェテリアでランチが配られる。

会場2Fには多数のメーカがブースを出展

会場2Fには多数のメーカがブースを出展

2Fには9つのセッションブースとメーカによる出展ブースが配置され,ここがメインフロアとなる。

基調講演の開場を待つ人々

基調講演の開場を待つ人々

3Fに上がるとフロア全体を使った基調講演の会場が現れる。ここは基本的には朝一番の基調講演のみで使われるフロア。基調講演開始直前には開場待ちの人で溢れ,朝食もここで振る舞われた。

ランチ風景

2日目のランチ風景

2日目のランチ風景

1Fに戻って昼食時のカフェテリアの様子をレポートしよう。日替わりで2種類ずつ異なるランチが提供された。写真はSLOPPY JOEという,ハンバーガーの中身をミートソースに置き換えたような料理。まんまミートソースバーガという感じだったが美味しかった。

1Fのカフェテリアでのランチ風景

1Fのカフェテリアでのランチ風景

カフェテリアは巨大で昼食時にはたくさんの人でごった返す。写真ではわかりづらいが,各テーブルにはGoogle GhromeやApple EngineなどGoogleプロダクトのアイコンを印刷したプレートを配置してエリア分けされ,居場所がわかりやすくなるような配慮が見られた。

歴代Android展示ブース

2Fのフロア中央に設置されたAndroidデバイス展示スペース

2Fのフロア中央に設置されたAndroidデバイス展示スペース

2Fのエスカレータ横中央スペースには歴代Androidデバイスが展示してあり,Androidデバイスの勢いをアピールしていた。

Sony Ericsson製のXperia X10 mini proの展示

Sony Ericsson製のXperia X10 mini proの展示

個人的に注目しているのがSony EricssonのXperia X10 mini。現在日本での発売は未定だが,ぜひ発売を期待したい。

著者プロフィール

青木剛一(あおきこういち:drikin)

1975年生まれ。サンフランシスコに在住しソフトウェアエンジニアとして働くかたわら一週間分のテック・ガジェット系ニュースをお届けするポッドキャスト「backspace.fm」を主催。毎週旬なネタを配信中。自身のブログはこちら

コメント

コメントの記入