レポート

ビジネスドリブンのWeb戦略について考える~ソーシャル時代に適応したコンテンツ管理と運用~ レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2010年5月12日,日本オラクル株式会社オラクル青山センターにおいて「ビジネスドリブンのWeb戦略について考える~ソーシャル時代に適応したコンテンツ管理と運用~」と題したセミナーが開催されました。ここでは,その中から,Oracle Universal Content Management(以下,Oracle UCM)の導入事例として,ブラザー工業株式会社のコーポレートサイトリニューアルおよび運用,そしてOracle ECMソリューションの紹介セッションについてレポートします。

ソーシャル時代に適応したコンテンツ管理と運用~
ビジネスドリブンのWeb戦略について考える~
http://gihyo.jp/event/2010/ucm

会場には,多数の聴講者が集まった

会場には,多数の聴講者が集まった

アクセスを増やすWeb運営 ブラザーでの実践

柴田直子氏(ブラザー工業株式会社CSR・ブランド戦略推進部 ブランド戦略グループチームマネージャー)

柴田直子氏(ブラザー工業株式会社CSR・ブランド戦略推進部 ブランド戦略グループチームマネージャー)

統一されたブランド戦略の実現

ブラザー工業のWebサイトは元々ブラザー販売とブラザー工業と別々に運営されていました。2005年にガイドラインの策定を行い,2006年にブラザー工業のサイトを全面リニューアル,同10月にCMS(Oracle UCM)が導入されました。そして,2007年4月に統合し,1つのサイトとして新たに生まれ変わったのです。

「ブラザー工業では,本社CSR/ブランド戦略推進部中心にWeb事務局となり,日本,中国,アジアパシフィック,欧州,米州など各リージョンのWebブランド戦略を進めています。このように本社からの戦略を一貫して行うべく,日本でサイトリニューアルが実施されました」と語るのは,ブラザー工業株式会社CSR・ブランド戦略推進部 ブランド戦略グループ チームマネージャー柴田直子氏です。

さらに「最近のマーケティングは,顧客主導のものとなってきています。こうした状況に対応するためにもWebサイトの整備は重要です。とくにお客様にとっては,⁠Webサイトは)無視できないメディアに成長してきており,今後デジタルネイティブの台頭がさらに進めば,この動きはさらに加速することが予測されます。

一方で,社内に目を向けてみると,まだまだ企業に(Webに関する)ノウハウが確立していなく,マーケティング,ITシステム,チャネル戦略などのさまざまな視点の違い,また社員のネット活用やリテラシーのばらつきといった課題が浮かんできます。これらを解決するための考え方として⁠統合的視点⁠を持つことが挙げられます」と,サイトリニューアル時の目的と課題,その解決策について説明しました。

見えてきた課題とブラザーでの実践

では,実際にどのように取り組んでいるのでしょうか。2007年4月よりブラザー工業の製品サイト運営がブラザー販売に変更した事と同時に立ち上がった柴田氏が所属するブラザー販売のWebガバナンスが先頭を切って,次の3点を押さえながら成功へと導いています。

  • ① 社内啓蒙・意識合わせ
  • ② CFT(Cross Functional Team)的組織・役割分担の明確化
  • ③ アクセスログ計測によるPDCAサイクルの確立

①については,たとえば,経営層に向けては定期的にWeb活動報告の場を作り,Webへの意識を高めてもらうように取り組んでいます。また,現場の担当者には,きちんと各業務のゴールとWeb活用との関係を意識させることを推し進めているそうです。

②は,同社に限らず,大きな組織になればなるほど実現するのが難しいポイントです。同社では,それぞれの部門に「Webキーマン」となる人材を確保し,その人物とWebガバナンス部門との間で連携を取ることで,CFT的組織を実現することに成功しました。

最後の③は,コーポレートサイトを運営するための基本かつ最重要課題です。この点について柴田氏は「宣伝やマーケティング,商品企画など各部門できちんとWeb KPIを設定し,数字と向き合いながら日々サイクルを回しています。何より,顧客視点でのWeb品質の維持・改善を忘れずに行っています」と,同社の取り組み方について述べました。

そして①~③を実現していくうえで,Webガバナンスチームの存在とともに大きな枠割りを果たしたのが,CMS(Oracle UCM)の導入でした。

グローバルWebガバナンスへのアプローチ

ブラザー工業のCSR・ブランド戦略推進部およびWeb事務局では,日本国内だけではなく,グローバルにおけるコーポレートブランドイメージの確立,グローバルでのWeb活用推進についても取り組んでいます。これは,グローバル企業ならではの取り組みで,国や地域,製品によって異なる企業イメージを持たれないよう,ブランドエレメンツの確立やロゴ,デザインの整備を行うとともに,どの国のサイトにアクセスしても同等のWeb品質を提供できるようにしているとのことです。

Oracle UCMは,こうしたグローバルでのブランド統一を実現する最適なCMSソリューションだと言えるでしょう。

王道なし。奇をてらわず真摯でまめな更新を

最後のまとめとして,柴田氏はこうコメントしています。

「Webはツールであり,目的ではありません。大事なのはビジネスゴール。そのためのビジネス戦略があったうえで,そこで何をやるかを考えたときにWebを選択してから,初めてWebで取り組むべきことを考えるのが大切です。Webというのは立ち上げは簡単ですが,維持していくことが難しいツールでもあります。この点をふまえ,主役となる顧客にどのように伝えていくか,これがコーポレートサイトが取り組むべき課題ではないでしょうか」と,自身のこれまでの経験とWebに対するスタンスを述べ,プレゼンテーションを終えました。

コメント

コメントの記入