レポート

100Gbps回線時代いよいよ到来! ─Interop Tokyo 2010を振り返る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今年のInteropは,技術的な視点で見ると,例年と同じく最新技術の展示とともに,各種製品がさまざまな現場での活用を見すえてより実用的な技術へと技術革新している方向性を感じました。傾向としては,最新技術はShowNetで展示され,各出展社ブースでは最新技術とともに各種現場を見据えた実用的な新提案も見ることができました。

画像

ShowNetのみどころ

Interopは,未発売の最新機器などを使って構築するライブネットワークであるShowNet上で,各種ネットワーク実験を行う実験場という側面を持っています。このShowNetで今回最も派手だったのが,100Gbpsの広帯域回線による対外線です。さらに,クラウドサーバネットワークゾーンでの仮想化サーバ,Ether OAMによる運用などもありました。

2つの100Gbps対外線

今回のInterop ShowNetでは,2種類の100Gbps回線が対外線として利用されました。

NTTコミュニケーションズ,インフィネラジャパン,イクシアコミュニケーションズの3社が共同で実現した100GBASE-LR4(25Gbps 4波)による100Gbpsと,ソフトバンクテレコムとアルカテルルーセントが共同で実現したコヒーレント変調による100Gbps 1波の100Gbpsです。

100GBASE-LR4

100GBASE-LR4などの100ギガビットイーサネット(100GbE)などの100Gbpsクラスの回線は,これから実用化されていく技術です。

2002年ごろに製品として登場し始めた10GbEは,現在バックボーンネットワークで一般的に利用される通信インターフェースとしては最速です。10GbEを複数束ねるリンクアグリーゲーション機能を活用して,仮想的に40Gbpsの通信インターフェースとする運用はさまざまな場所で使われていますが,単一の通信インターフェースで10GbEよりも広帯域の通信インターフェースはありませんでした。

NTTコミュニケーションズ,インフィネラジャパン,イクシアコミュニケーションズの3社が「今回のInterop Tokyo 2010のShowNetでの運用が『世界初』⁠と共同発表していることからもわかるように,100GbEは「まだこれから」の技術と言えます。実際には100GbE規格の標準化は完了しておらず,まだ製品化前の状態です。100GbEの標準化が開始したのは2005年ですが,2010年6月(今月)やっと標準化が完了すると言われています。このように,100GbEの規格であるIEEE 802.3baが,まだ標準化完了前のP802.3baということもあり,100GbE-LR4による実トラフィックを活用した実運用は世界初という形になっています。

ShowNetで行われている100GbE-LR4運用は,幕張と大手町の間で接続されています。間の伝送装置としてはInfinera DTNが利用されています。Infinera DTNのDWDMモジュールからは10Gbps 10波として伝送されます。100GbE-LR4は,シングルモードファイバ内に25Gbps 4波として伝送されるので,今回のShowNetでの100GbE-LR4まわりを光の波という視点で見ると図1のようになります。

図1 Interop Tokyo 2010のShowNet 100GbE-LR4構成

図1 Interop Tokyo 2010のShowNet 100GbE-LR4構成

ShowNetで行われた世界初の100GbE-LR4運用は,展示としては2ヵ所で行われています。1つはShowNet NOCブースのラック内で,もう1つはNTTコミュニケーションズブース内です。ShowNet NOCブースにCRS-3が設置されており,CRS-3からNTTコミュニケーションズブースのInfinera DTNまで100GbEで接続され,Infinera DTNが幕張から大手町への伝送を担っています。

図2 100GbE-LR4運用構成

図2 100GbE-LR4運用構成

CRS-3はバックプレーン容量が140Gbpsであることが大きな特徴ですが,100GbEをワイヤースピードで運用するためには,バックプレーンが 40GbpsであるCRS-1ではバックプレーン容量が足りないため,ShowNetではCRS-3が利用されています。

Cisco CRS-3

Cisco CRS-3

Infinera DTN

Infinera DTN

100Gbps 1波伝送

昨年と比べた今年のInterop対外線の大きな特徴の1つとして,ソフトバンクテレコムのULTINA Data Servicesによる対外線コントリビューションがあります。

ULTINA Data Servicesを利用した100Gbps伝送は,ソフトバンクテレコムとアルカテルルーセントが共同で実現しています。光の干渉効果を用いた新変調方式であるコヒーレント変調を利用して,幕張と池袋間を100Gbps 1波で実現しているものです。今回使用されたアルカテルルーセントの1830 PSS-32(Photonic Service Switch)は,この100Gbpsを88波まとめることができるDWDM装置なので,機器としては8.8Tbpsを実現可能です。

ShowNet NOCブースに設置してあるアルカテルルーセント1830 PSS-32に入っている銀色のカードが100Gbps伝送用のカードです。製品化前なので,表面塗装が行われていない銀色のカードとなっています。

この100Gbps 1波伝送の中を流れていたのが,10GbE 3本です。各10GbEリンクを利用して,Yahoo! BB,ODN,mpls ASSOCIOの3ヵ所とBGPによるピアリングが行われました。図3の「ULTINA Data Services」となっている部分が,ソフトバンクテレコムによるコントリビューションです。

図3 対外線図(Interop Tokyo公式サイトより)

図3 対外線図(Interop Tokyo公式サイトより)

各10GbEは,幕張会場でアルカテルルーセント1830 PSS-32へと接続され,1830 PSS-32が100Gbps 1波としてまとめたものを池袋まで運ぶという形です。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入