レポート

「Python Hack-a-thon 2010.07」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

Pythonハッカソンは,Djangoハッカソン(8回まで開催)から引き継がれる形で開催されている勉強会です。7月10日,オラクル青山センターにて,4回目の勉強会Python Hack-a-thon 2010.07が開催されました。

Pythonと銘打っていますが,Pythonに限定しない話題も数多く登場します。今回も,Ocaml, C++(?), PHPなどについてのプレゼンもありました。初心者から上級者まで評判が良く,リピート率も高いイベントです。とにかく人気で,とくにここ数回は100人以上の規模での募集にも関わらず,申し込み後すぐにいっぱいになってしまう盛況ぶりです。

画像

Pythonハッカソンは,ハッカソン,ハンズオン,プレゼンテーションの3つのパートで構成されています。本稿では,これらのパートごとに,今回の勉強会についてレポートします。

Note:
もともとは,PythonのウェブフレームワークのDjangoのイベントだったのが,Djangoに限らず様々な話題が登場するようになったために,Pythonハッカソンという名前になったという経緯があります。現在ではPython以外の話題も数多く登場するため,別の名前も検討されています。

ハッカソン

ハッカソンは,参加者が自分で課題を持ってきて自分でやるというスタイルのコーナーです。当日は1/3ほどの人が参加し,周りの人とフリーなディスカッションをおこないました。「大学の研究室やサークルの部室の夜中」のような雰囲気というと伝わりやすいかもしれません。中級以上の人に限定されますが,運営側の仕事としては場所の提供だけなので,運営の手間がきわめて低い,エコなスタイルです。

一部の方々に,ハッカソンで取り組んでいることについてのインタビューをしました。

Python本体のデバッグ

プレゼンのセッションでも発表をされた@atsuoishimotoさんが取り組まれていたのは,Python本体のデバッグです。 bugs.python.orgに登録されているバグの中で,正規表現で検索する文字列にUnicode文字列が指定できないというものがあったので直していたんだそうです。

bugs.python.orgのバグ修正をされている方は日本にはほとんどいないんだとか。

画像

Twitterボットの機能拡張

数少ない女性の参加者である@wirohaさんは,自作Twitterボットであるかーりるん@calilunの機能拡張を行っていました。Twitter上でボットに向かって「○○県△△市」「著書名」借りられる?と尋ねると,図書館検索サイト「カーリル」のAPIを利用して調べてくれるという優れモノです。カーリルAPIコンテストでは,なんとグランプリを受賞されていました。@wirohaさんは,今までGAEでしかリリースしたことがないので今度はDjangoで作成したボットにも挑戦したいとのことです。

IPythonのPython3対応

Bazaar関連の開発に携わっており,今回,エキスパートPythonプログラミングのサイン会でサインも行った@methaneさんは,現在は Python3に対応していないIPythonを,Python3で使えなるように修正作業を行っていました。ちなみに,IPythonはできるPythonプログラマ必携のインタラクティブモード拡張ツールで,『エキスパートPythonプログラミング』でも紹介されています。

修正作業は,IPythonのコードを純正の変換ツールで変換し,出たエラーを修正されていました。自動でコードを変換してくれるツールもありますが,完全ではないため,一部手作業が必要とのことです。

旧式Macの文字コードに対応するコーデックの開発

某出版社の編集の@turkyさんは,Xmac Japaneseという文字コードのコーデックの開発をされていました。Xmac Japaneseは,昔の出版物の元データにあたるときにたまにぶつかる形式ですが,Shift JISの独自拡張でそのままでは変換できないことも多いため,自作に踏み切ったそうです。

マルチプラットフォーム版の,昔ながらのPSG音源の開発

プレゼンセッションで大規模システムの事例発表をされた@ransuiさんが取り組んでいたのは,昔ながらのPSG音源の開発です。MML(昔はよく使われていた楽譜データ)をパースし,リアルタイムに矩形波を作ったりミキシングしたりして,最後は各OSの音声デバイスをラップした,マルチプラットフォームのライブラリで出力しているとのことです。

画像

著者プロフィール

渋川よしき(しぶかわよしき)

社内SE。ソフトウェアを中心に,ライフハック,インラインスケートなど,様々なコミュニティの運営に関わってきた。日本XPユーザグループには設立準備の時から。現在メインのコミュニティはとちぎRubyとPython温泉(系)で,ドキュメントツールのSphinxのコミュニティも最近立ち上げた。趣味は技術文書の翻訳とLT。最近関わった本は「つまみぐい勉強法(技術評論社)」と「エキスパートPythonプログラミング(アスキーメディアワークス)」で,さらに数冊進行中。

Twitter:@shibukawa
ブログ:http://blog.shibu.jp


鈴木美穂(すずきみほ)

株式会社アクセンス・テクノロジー 技術部所属。

IT業界に入ったばかりの新人エンジニアであり,Python Hack-a-thonやPython温泉の主催者である@voluntasさんの弟子。現在はPythonの他にも幅広く勉強中。将来の目標は,カッコイイエンジニアになること。

Twitter:@_mipo_
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/miho36/

コメント

コメントの記入