レポート

オープンであること,それが最大の強みだ─「MeeGo Seminar Summer 2010」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

7月26日,東京,東京コンファレンスセンター品川において,モバイル機器や組込み機器に最適化されたLinuxベースのOS「MeeGo(ミーゴ)⁠の普及を目的とするセミナー「MeeGo Seminar Summer 2010」が開催された。

MeeGoはLinux Foundationが進めている組込みOSプロジェクト。モバイル用Liunxとして開発が進んでいたIntelの「Moblin(モブリン)⁠とNokiaの「Maemo(マエモ)⁠が統合されたプロジェクトとしても知られている。5月にVer.1.0がリリースされたばかり。

MeeGoセミナーは4月にも開催され,今回は2回目となる。Ver.1.0が正式にリリースされていることもあり,前回よりも踏み込んだ内容のビジネス,テクノロジーに関するセッションや展示が見られた。

MeeGoは「Linux第2の戦略的な転換点」

ジェネラルセッションではLinux FoundationのJim Zemlin氏が壇上に立ち,いよいよ実際に触れることができるようになったMeeGoのアドバンテージと特長,そして今後の展開について語った。

Jim Zemlin氏

Jim Zemlin氏

前回でのセミナーでも同氏が強調した点だが,今や皆が気づかないほどにさまざまな機器やシステムにLinuxが搭載されていることに触れ,高度化する携帯端末や組込みシステムとますます短納期が要求される開発サイクルに対応するには,オープンソースベースのシステムを採用するしかないと説いた。

その上で,PC以外のあらゆる組込みベースのシステムに対応するOSとして登場したのがMeeGoであると紹介。IntelとNokiaの2大企業が戦略的に手を組み,これに1000人規模のLinuxコミュニティの開発者が携わり,特定のビジネス基盤の影響も受けることがなくデファクトスタンダードたり得る「グレートなOSである」と結んだ。

MeeGoは「真にオープン」である

ジェネラルセッションの後半はパネルディスカッションが行われた。登壇者はLinux FoudationでMeeGo開発のコアメンバーを務めるイブラヒム・ハダッド氏,Nokiaの開発者 道勇浩司氏,IntelでMoblinから開発に携わっているマーク・スカープネス氏の3人。モデレータとして参加のLinux Foudationジャパンディレクタ 福安徳晃氏がMeeGoに関してよく尋ねられる質問を挙げ,それに3人が答える形でセッションが進められた。

パネルディスカッション

パネルディスカッション

質問は「MeeGoとは何か?」から始まり,開発の進め方やコミュニティの主体,そして利用のメリット,ビジネスで使う際のライセンス問題,開発したアプリケーションの配布まで多岐に渡った。

MeeGoとは何かに関連して,マーク氏はMeeGoの前身であるMoblinの強みであった安定したコアOSや使いやすいビルドシステムとMaemoの持っていたQtなどのツールキット,豊富なミドルウェアという両方のいい部分が合わさっているのが強みであると紹介。これを承けて道勇氏はMaemoに欠けていたのはソフトウェアスタックの開発継続性だったと指摘。新しいシステム用にソフトウェアを用意するには1からスタックを構築し直す必要があったのが,MeeGoはまったく再構築の必要なく同じスタックを使うことができるとのこと。

またイブラヒム氏は開発がすべてオープンで進んでいることを強調。100%オープンソースなのはもちろんのこと,コミュニティは誰もが参加可能で,利用や配布にも障壁がなく,技術的にもあらゆる組込みシステムに適用可能なOSはMeeGoだけであると説いた。MeeGo開発の舵取りを行っているのはIntelやNokiaの代表者から構成されるTSG(Technical Steering Group)と呼ばれるグループだが,TSGのミーティングの議事録やMLのやりとりなどもすべて公開されており,コア部分の開発体制もすべてオープンになっているという。

ライセンスについてはLinuxなのでもちろんGPL v3が採用されているが,コア部分以外はLGPLを組み合わせて,企業ユースでも出せる情報を絞った開発も可能であると紹介。マーク氏は「まだ意見を募集している面もあるので要望をどんどん送って欲しい」と呼びかけた。

ゼネラルセッションの後,ビジネス,テクノロジーに分かれてより突っ込んだセッションが行われた。

MeeGoのキーマンに聞く「私のイチオシポイント」

パネルディスカッション終了後,MeeGo開発のキーマンに個別に取材する機会を得た。そこで皆さんに,個人的に「MeeGoのどこがすごいのか」について伺ってみた。

キャハタヴァ・ユッシ氏(ノキアジャパン テクノロジーポリシー ディレクター)

画像

私はNokiaでビジネス部門にいて,ビジネス関係のクライアントにMeeGoの魅力を伝える立場にいます。MeeGoの一番のアドバンテージはその「広さ」だと思います。スマートフォンからネットブック,タブレット,テレビ,そして車載システムと幅広い分野で利用でき,そのどれもが同じアプリケーションを動かすことができるのです。

私が個人的に一番期待しているのはIVI(車載インフォテイメント)です。ちょうど標準化団体であるGENIVI AllianceがMeeGoの採用を発表しましたが,Nokiaも自動車システムをはじめさまざまなデバイスとスマートフォンなど携帯電話をネットワークでつないだシステムをいろいろと考えていて,ビジネス的にも今後大きく発展するのではないでしょうか?

もちろん,スマートフォンのOSとしてもMeeGoには期待しています。MeeGoは非常に機能が高いので「モバイル・コンピュータ」という位置づけですね。NokiaはモバイルOSとしてSymbianも採用していますが,こちらは携帯電話用のOSとしてこれまで以上に幅広い層に展開していくことになります。

Nokiaは現在,日本では具体的な製品やサービスを展開していませんが,MeeGo,そしてQtベースの開発は支援しています。MeeGo/Qtアプリケーションを開発すれば,世界中で使われているNokiaの製品,あるいはMeeGoを使ったさまざまなデバイスで動くのです。世界に発信するプラットフォームとして,開発者の皆さんにはどんどんMeeGo利用していただきたいですね。我々はそのための手助けを行っています。

コメント

  • 「オープンであること,それが最大の強みだ」というのは

    オープンというだけで強みにはならない。Nokia と Intel の息がかかった、つまりこの両者のためにつくられたものに過ぎないことを覆い隠そうとしているにしか見えません。きっと数年の内に失墜するでしょう。

    Commented : #1  Kenji Aida (2010/08/28, 01:26)

コメントの記入