レポート

インフラエンジニアDAY大阪レポート~既存ホスティングとクラウドの融合

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2010年7月31日,パソナテック大坂支店にて,インフラとしてのクラウドにフォーカスしたセミナー「クラウドコンピューティング時代を生き抜きたいエンジニアに贈る インフラエンジニアDay 大阪」が開催されました。

5月22日に東京で開催された同イベントの大阪開催となる今回も,今後IT業界では無視できない「クラウド」についてのセミナーということで,多くの参加者を集めました。

画像

今回のセミナーは,株式会社NTTデータの濱野賢一郎氏,株式会社さくらインターネットの田中邦裕氏,株式会社ゼロスタートコミュニケーションズの山崎徳之氏らをスピーカーに迎え,クラウドコンピューティング時代を生き抜くためにインフラエンジニアはどうあるべきなのか,3セッションに渡り講演されました。

また最後に各々のセッションを担当されたキーマン3人が一堂に会し,それぞれのポジションで「クラウドはこれからどうなるのか」,「エンジニアはどういったスキルを持つべきか」などをテーマに展開されたパネルディスカッションも非常に盛り上がりました。

本レポートでは当日の各セッションおよびパネルディスカッションの様子を紹介します。

クラウドによって広がる世界をリードしていくために

最初のセッションでは「クラウドによって広がる世界をリードしていくために」と題し,株式会社NTTデータ 基盤システム事業本部 濱野賢一郎氏より,クラウド技術によって変化するIT業界でインフラエンジニアは何を追求するべきなのかについて講演が行われました。

株式会社NTTデータ 基盤システム事業本部 濱野賢一郎氏

濱野賢一郎氏

濱野氏は,クラウドコンピューティングというと,仮想マシン技術を活用したサーバ集約やSaaSに注目が集まりやすいのが現状ですが,これら全体のクラウドコンピューティングの特徴として大きく3つ軸がある。1つは,オンデマンドベースでサービスやアプリケーションを利用できる「ユビキタス性」,2つ目はリソースを自由に伸縮(増減)できる「スケーラビリティ」,3つ目はサービスとして提供されるもの「サービス化」を挙げます。

そのうち,技術的には「スケーラビリティとユビキタス性の追求」ではないかと独自の意見を述べました。

今あるサーバを仮想マシンの提供サービスへ移行しようというような,今あるものをクラウドに置き換えるというコスト削減に結びつく話もあるが,むしろ「今まで出来なかったことがクラウドで出来るようにする」という角度でものを考えて欲しい。クラウドはスケーラビリティを追及し,「今まで出来なかったことがクラウドで出来るようにする」ことで更なる広がりを見せる(=面白くなる)のだそうです。

例として,米国の新聞社New York Timesが行っている過去記事のアーカイブ閲覧サービス「TimesMachine」では,過去の誌面4TバイトのデータをPDFファイルに変換することとなりました。このとき従来のマシンでは1ヵ月かかる処理を,Amazon EC2の仮想マシン100台を利用することで僅か10時間で画像の変換を終了し,その際の使用量は240ドルだったとのことです。

このようなスケーラビリティの追及がクラウドには重要であり,古くから研究されており「CAPの定理」として証明されています。システムの整合性(Consistensy),「可用性(Availability)」,「分散処理(Partitioning)」の3つの要件のうち,2つしか満たすことができないというものです。

クラウドの潮流では,即時に整合性がとれなくても時間差で整合していれば良しとする「イベンチュアル・コンシステンシー(Eventual Consistency)」という発想の広まりから,可用性と分散処理はクラウドの必須要件だと濱野氏は言います。

スケーラビリティを追求する発想にも従来と異なる思考が必要になってきたというのです。

濱野氏は,インフラエンジニアにとって特に注目すべきはスケーラビリティの追及であり,社会的にはシステムや組織を横断した横を繋ぐ発想が重要なテーマです。

Hadoopなどに代表されるように,従来は利用するのが難しいと考えられていた分散処理技術が身近なものへと変化してきており,これが新しいサービスやビジネスへとつながり始めています。

このように技術・発想の転換期でもあるクラウド時代。何かと最適化やコスト削減に結び付けられる風潮もありますが,それだけではIT業界が新たに発展するのに一歩及びません。

濱野氏は,クラウドは技術的にも変化をもたらすものであり,これまでできなかったことが可能になる点に着目し,「新しいIT領域,新しいビジネスを考えて実現していく」ことが重要であると締めくくりました。

コメント

コメントの記入