レポート

“インターネットをソーシャルネットにするSocial Graph Providerへ”―mixi新プラットフォーム戦略を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ユーザ数2,100万人を超え,アクティブユーザ率約70%を誇る,日本最大のSNS「mixi」⁠2010年9月10日に開催された「mixi meetup 2010」にて,次なるプラットフォーム戦略について発表した。

mixiアプリのこれまで

最初のプログラム,オープニングプレゼンテーション「mixiアプリプラットフォームの次の展開」では,株式会社ミクシィ代表取締役社笠原健治氏が登壇し,これまでのmixi&mixiアプリを振り返りつつ,これからのmixiアプリプラットフォームの戦略について発表した。

写真1 mixi meetup 2010のオープニングプレゼンテーションに登場した,株式会社ミクシィ代表取締役社長笠原健治氏。

写真1 mixi meetup 2010のオープニングプレゼンテーションに登場した,株式会社ミクシィ代表取締役社長笠原健治氏

2010年に入り新展開を見せるmixiアプリ

2009年8月のリリース以降,着実にユーザ数を増やし,そして進化を続けてきたmixiアプリ。当初から,

  • ソーシャルネットワーキングサービスの1つという位置付け
  • 友人・知人とのコミュニケーションを媒介するもの

というコンセプトが定められていた。2010年に入り,そのコンセプトをさらに強化する動きが見られ,同6月にはmixiボイスとの連携が,そして7月にはmixiフォトとの連携が発表された。

写真2 mixiアプリでは,アプリ内の成長過程に応じてコミュニケーションを生み出すAPIを随時開発している。

写真2 mixiアプリでは,アプリ内の成長過程に応じてコミュニケーションを生み出すAPIを随時開発している。

さらに本日,笠原氏は「9月末からソーシャルギフトを可能にした⁠Request API⁠をリリースします。これにより,相手がmixiアプリをインストールしていない場合でも,相手に対してアクション(コミュニケーション)を取ることが可能になります」と,新たなコミュニケーションを生み出す技術として展開することを発表した。さらに「このAPIにより既存のSAP(ソーシャルアプリプロバイダー)はもちろん,これから参入を目指す後発のSAPにも新たなバイラルを生み出すチャンスが提供できます。私たちは今後も,コミュニケーションを促す技術を提供し続けていきます」と,mixiアプリだけではなく,mixiの基本コンセプトでもある「コミュニケーションインフラ」に則った戦略を述べた。

2010年10月にmixiアプリをリニューアル

さらに,mixiアプリ内でのソーシャルグラフの形成についても触れ,⁠これまでmixiアプリでは,マイミク同士の⁠ソーシャルグラフ⁠を意識したソーシャル性の高いコミュニケーションを目指していました。最近はユーザのソーシャルに対する理解度が高まってきているので,今の導線「0」の状況から導線の数を増やせるように考えています」とコメントした。それを実現するのが,後述のmixiプラットフォームのオープン化だ。

なお,ミクシィとしてはこれからもソーシャル性の高いソーシャルグラフを意識しながら,SAPをはじめ関係各社を含めた広くて新しいソーシャルグラフの形成を狙っているそうだ。

また,マイミク同士でのコミュニケーション促進の一環として,マイページの顔写真下に,各種アラートを表示させるUIを実装し,mixi内でのコミュニケーションエコシステムの構築強化についても発表した。

mixiアプリについては,2010年10月にリニューアルが予定されているそうだ。

世界初!PC/ケータイ/スマートフォン対応のソーシャルアプリ

mixiアプリと言えば,世界で初めてPCと携帯電話(いわゆるガラケー)に対応したソーシャルアプリとして注目されてきた。そして本日,iPhoneをはじめとしたスマートフォン向けのmixiアプリが発表された。これにより,mixiは,3デバイスに対応する世界初のソーシャルアプリプラットフォームとなった。

写真3 世界初となる3デバイスに対応するソーシャルアプリプラットフォームとなったmixiアプリ。

写真3 世界初となる3デバイスに対応するソーシャルアプリプラットフォームとなったmixiアプリ。

マネタイズ支援やインフラ支援も

この他,これまでPVが多いアプリのほうがマネタイズしやすかった点を考慮し,これからはUU創出型アプリの支援強化を行うこと,また,アプリの売上10%のレベニューシェアによるインフラ支援(10月中旬開始予定)などが発表された。

最後に笠原氏は「No.1ソーシャルプラットフォームへ。そして,世界へつながるプラットフォームへ」とコメントし,午前のセッションを終了した。

写真4 No.1ソーシャルプラットフォーム。そして,日本から世界を目指すmixi。

写真4 No.1ソーシャルプラットフォーム。そして,日本から世界を目指すmixi。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入