レポート

Chrome,HTML5,Android,クラウドの最前線が見えた―Google Developer Day 2010 Tokyo開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2010年9月28日,東京国際フォーラム(東京,有楽町)にて,東京で4回目となる「Google Developer Day 2010 Tokyo」が開催された。

今回で4回目となる東京開催

Google Developer Day(GDD)は,Googleが主催する世界各地で開催される開発者のためのカンファレンス。Googleの技術だけではなく,Web/インターネットに関連する標準的な技術,新しいトレンドについて包括的に取り上げている。

満席となった基調講演

満席となった基調講演

オープニング基調講演に登場したのはGoogle当協会初センターエンジニアリングディレクター Joseph Ternasky氏。Joseph氏は,今回のGDD基調講演について

  • Chrome & HTML5
  • Android
  • Cloud Platform

の3つのテーマを取り上げることを説明した上で,各テーマのプレゼンテーションがスタートした。

Joseph Ternasky氏

Joseph Ternasky氏

Chrome & HTML5

まずはじめに登場したのはGoogleシニアエンジニアリングマネージャの及川卓也氏。及川氏は「Chrome & HTML5」というテーマで,最新のWeb動向について語った。

及川卓也氏。HTML5というWeb標準技術の可能性について,Googleの取り組みと合わせて語った。

及川卓也氏。HTML5というWeb標準技術の可能性について,Googleの取り組みと合わせて語った。

及川氏は「いま,人々がWebの上で生活してきています。それを支えるのがWeb標準の技術であり,これから主流となるHTML5です」と,人間生活とWebの関係,それを支えるWeb標準技術の重要性を述べた。とくに,「スケールしやすい」「ベンダロックインにならない」といったWeb標準のメリットともに,HTML5が普及することで,Webそのものがアプリケーションとして機能していくことを示唆した。

ここで,慶応義塾大学大学院 政策メディア研究科教授の一色正男氏が登場した。一色氏は,2009年1月より,国際規格W3C(World Wide Web Consortium)のSite Managerに就任している。一色氏はW3Cの紹介をした後,「今のWebは見るだけのものではなくなってきています。HTML5により,Webはアプリケーションのプラットフォームになります。これによりビジネスの根底が変わっていくはず。その瞬間に皆さんはいるのです。このイノベーションの中で,新しいビジネスを生み出してください」というメッセージを伝えた。

慶応義塾大学大学院 政策メディア研究科教授の一色正男氏。W3C Site Managerを務める。

慶応義塾大学大学院 政策メディア研究科教授の一色正男氏。W3C Site Managerを務める。

再び及川氏にマイクが戻り,HTML5の現状に関して話が進んだ。及川氏は「ようやく主要ブラウザでのHTML5が進んできました」と説明してから,Microsoftが提供するHTMLデモサイト「FishIE Tank(http://ie.microsoft.com/testdrive/performance/fishIE%20tank/default.html)」を紹介した。

主要ブラウザでのHTML5対応が進んでいる。

主要ブラウザでのHTML5対応が進んでいる。

ここでInternet Explorer 9とGoogle Chrome開発版での稼働比較を行い,Chromeのパフォーマンスの良さをアピールした。この理由として,GPUのアクセラレーションを活用し,処理速度をチューニングしている結果だそうだ。

Chrome上でのFishIE Tunkのデモ

Chrome上でのFishIE Tunkのデモ

続いて,Googleデベロッパー アドボケイトの北村英志氏も登場し,CSS3のtranlate,音声認識のデモが行われた。

CSS3のtranslateを使い,画面を横に回転して表示させている。左は北村氏。

CSS3のtranslateを使い,画面を横に回転して表示させている。左は北村氏。

これらのデモを終えた後,Chrome+HTML5のメリットとして,

  • ハードウェアとの連携
  • ローカル資源の活用

を挙げた。一方で,及川氏は「現状,メリット以外にもいくつか課題が見えてきました」と,今後のWebサイトに付随するであろう3つの課題を挙げた。

  • みつけやすさ
  • 再アクセスの容易さ
  • マネタイゼーション

そして,これらを解決するものとして現在開発中のChrome Web Storeを紹介し,プレゼンテーションを終えた。

Chrome Web Storeのデモ。クリック操作でアプリケーションの追加や削除,ファイルの移動などが行える。

Chrome Web Storeのデモ。クリック操作でアプリケーションの追加や削除,ファイルの移動などが行える。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入