レポート

HTML5とWeb標準へのアプローチ――ブラウザカンファレンス2010レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2010年11月2日,ヤフー株式会社・株式会社技術評論社主催によるイベント「ブラウザカンファレンス2010」が開催された。本イベントは,来たるべくHTML5時代に向けて,主要ブラウザべんだ4社と主催のYahoo! JAPAN,そして,Web開発者というそれぞれの立場の人間が一堂に会し,現状の考察とこれからのアプローチについて熱く語るというもの。

会場には200目い近くの参加者,そしてUstream.tv経由でたくさんの視聴者を集め,非常にホットな時間となった。

インターネットの可能性を信じて,みんなとコミュニケーションを図っていきたい――Yahoo!JAPANの取り組み

オープニングキーノートとして,主催社でもあるYahoo! JAPANより,R&D統括本部制作本部制作部長 是井真氏が登場した。

「HTML5時代におけるYahoo! JAPANの考え方」と題して,オープニングキーノートを務めたYahoo! JAPAN是井氏

「HTML5時代におけるYahoo! JAPANの考え方」と題して,オープニングキーノートを務めたYahoo! JAPAN是井氏

冒頭で「すべてのお客様に役立つサービスを提供すること。これを私たちは「ライフエンジン」と呼んでいます。さまざまな場所,あらゆる時間,多様なデバイスで,お客様のニーズに答えるための開発・運用を行っています」とYahoo! JAPANの基本姿勢を述べた上で,その実例として,災害情報告知モジュールや同社のUIガイドラインについて紹介した。UIガイドラインでは,サポート環境として,

  • PCブラウザのみでも10数種類のブラウザバーションをサポート
  • モバイルコンペショナル端末,スマートフォン,テレビなどもサポート範囲を定義して最適化を行う
  • サービス提供にあたり,必須サポート環境をクリアしないとサービス提供は行わない
  • 必須グレードの下位には,完全表示と動作を免除して一連の利用が可能となっていることを定義した環境グループがある

といった内容が規定されているそうだ。

さらに,マルチデバイスに対応するための工夫として,マークアップ言語+ジェネレート配信システム「Yahoo!モバイルトランスコーダ(YMT)⁠と呼ばれる技術やスマートフォン用テンプレートが用意されている。

Yahoo!モバイルトランスコーダ(YMT)の概要

Yahoo!モバイルトランスコーダ(YMT)の概要

こうした基礎的背景の解説が終わったあと,Yahoo! JAPANとしてHTML5および関連APIへの取り組みとしてすでに下表のような対応が行われていることが紹介された。

 Yahoo! JAPANとしてのHTML5および関連APIへの取り組み

サービス/サイト特徴
Yahoo! JAPANトップページLocal Storage,GeoLocation API,CSS Transform,CSS Gradient,CSS Media Queries,Touch Support
ヤフー各サービス(トピックス,ニュース他)スマートフォン用テンプレートの実装
yubichizApplication cache,Local Storage
クリップYUI3.2.0ウィジェット,Yahoo! Inc.のHTML5/CSS3 Application Framework,Transition,Touch Events,ScrollViewウィジェット
TRENDLINEHTML5マークアップ,CSS3,SVG,IE9のGPU利用

最後に,Yahoo! JAPANが考える新技術/標準化へのアプローチとして,

  • 多くのお客様が別け隔てなく利用出来ることを実現すること
  • 新しいことへの挑戦と新しい価値の創造のバランス

の2点を挙げ,今後はまず,スマートフォンを中心に推進していくと述べられた。

Yahoo! JAPANの標準化への取り組み,今後の方向感

Yahoo! JAPANの標準化への取り組み,今後の方向感

最後に是井氏は,⁠私たちYahoo! JAPANは,インターネットの可能性を信じて,ユーザそして開発者の皆さんと一緒にものづくりを行える関係,コミュニケーションを図っていきたいと考えています。ぜひ一緒に取り組んでいきたいので,アドバイス,コメント,ご意見など,歓迎しています」とコメントし,キーノートを終えた。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入