レポート

「クラウドコンピューティングEXPO 2010」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

11月10日から12日の3日間,幕張メッセで「クラウドコンピューティングEXPO 2010」が開催されました。このイベントにおいて,特に注目を集めたブースを紹介します。

クラウドサービスを発表したさくらインターネット

画像

仮想サーバを利用したホスティングサービス「さくらのVPS」で話題を集めているさくらインターネットは,このイベントに合わせて「さくらのクラウド」を発表,同社の代表取締役社長である田中邦裕氏のセミナーも多くの聴衆を集めていました。

さくらのクラウドはIaaS型のパブリッククラウドサービスで,12月頃を目処にアルファ版のサービスを開始する予定です。

CPUやメモリ,ストレージ容量をカスタマイズできるほか,従来のさくらインターネットのサービスと同様,ネットワーク利用に対する課金は発生しないのが特徴です。課金は1日単位でいつでも解約できる上,申し込みからわずか数秒で使い始められるなど,気軽に利用できるサービスとなっています。

さらに注目したいのが,さくらのクラウドにおいて提供される「VMイメージバンク」でしょう。これは仮想マシンイメージを保存できる領域で,ローカルにある仮想マシンイメージやOSのインストールイメージをアップロードしたり,逆に保存されているディスクイメージをダウンロードしたりできるというもの。さくらのVPSと連携もサポートしており,VMイメージバンクに保存されているイメージをさくらのVPSにデプロイするといったこともできるとしています。

田中氏はさくらのクラウドについて,⁠何も足さない,何も引かない」ことがコンセプトだと説明します。その言葉の裏には,IaaSとして必要な機能に注力し,不必要な機能を省くことによって性能がよい仮想サーバを低コストで提供するという意図が込められています。現時点では価格は未定としていますが,現在980円で提供されているさくらのVPSをやや上回る程度とのこと。今後,大いに注目したいサービスと言えるでしょう。

さらにさくらのVPSの今後について田中氏に伺ったところ,上位プランの提供やDNSの逆引きへの対応などを考えているとのこと。こちらも,これからの発展が楽しみです。

クラウドの活用事例をアピールするニフティ

画像

ニフティのブースでは,2010年1月に提供を開始した「ニフティクラウド」を大々的に紹介。その中で,パートナー企業がニフティクラウド上で展開しているサービスや,多数の導入事例が展示されていました。

IaaS型パブリッククラウドサービスであるニフティクラウドは,すでに500社以上に使われているとのこと。さらにSaaS提供インフラとしての利用,あるいは企業がエンタープライズ用途で使うといったケースも増えているということで,幅広い領域でクラウドが着実に浸透している様子がうかがえます。

さらに来場者の注目を集めていたのが,家電製品とニフティクラウドを小型サーバで接続する小型サーバです。現在,ネットワークに接続できる家電背品が増えていますが,これらとニフティクラウドを専用の小型サーバを使って接続することにより,クラウドの新たな使い方を提案していました。そのほか教育機関向けのICT基盤としての利用事例の紹介なども行われており,積極的にクラウドの活用方法を広げようとする姿勢が印象的なブースとなっていました。

高性能サーバで差別化を図るカゴヤ・ジャパン

画像

カゴヤ・ジャパンは,2011年2月に提供を予定している「カゴヤ・クラウド/VPS」について展示を行っていました。

カゴヤ・クラウド/VPSは仮想化ソフトとしてOpenVZを利用したVPSサービスです。サービスの特徴として挙げられたのはパフォーマンスの高さで,QuadCore CPUを2基搭載し,さらに128GBのメモリを搭載したハイパフォーマンスサーバが利用されるとのこと。同社のそのほかのサービスと同様に低価格であることも特徴で,予定価格は1時間あたり2円,月額固定の場合は900円としています。

同サービスで構築した仮想マシンを,KAGOYA 専用サーバー FLEXで提供している物理サーバへ移行できる点も特徴でしょう。これにより,事前のテストはカゴヤ・クラウド/VPS,本番環境はKAGOYA 専用サーバー FLEXと,スムースに使い分けることが可能です。

ちなみに同サービスのベータ版を先着200名に無償提供するとアナウンスしたところ,わずか1日で定員に達したということで,コストパフォーマンスの高さで提供のあるカゴヤ・ジャパンのVPSサービスということで,多くのユーザーが注目しているのが分かります。サービスの正式リリースに大いに注目しましょう。

コメント

コメントの記入