レポート

日本Hudsonユーザー会も発足した「Hudson勉強会」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

11月12日金曜日,Hudsonの生みの親である筆者の訪日にあわせて,法政大学情報科学部,Seasarファウンデーションの後援で,Hudson勉強会(またの名を「日本ビルド職人の集い」)が開催されました。200人以上集まる大きなイベントとなり,様々な発表やLTが行われました。その模様を報告します。

「Hudson初心者向けデモ」

まず,cactusmanさんによる,Hudsonをさわった事のない人向けへの紹介とデモが行われました。「java -jar hudson.war」で起動できるのが大変便利だとし,Hudsonからはスケジューリング,チェックアウト,ビルドの実行,結果のまとめ,ビルドの通知などができると紹介されました。

デモでは,Subversionリポジトリ上に格納されたMaven2プロジェクトをビルドする様子を紹介し,コミット後すぐにビルドが始まる様子や,新しいテストを追加してその様子がHudson上のグラフに反映されるのを見ることができました。

「Hudsonプロジェクトの現状と将来」

つぎに,CloudBees所属の筆者がHudsonプロジェクトの現在と将来の計画などに関する発表を行いました。プロジェクトの沿革を簡単に紹介した後で,幾つかのサーベイによるCIサーバのマーケットシェアを紹介し,Hudsonが一人勝ち状態であるとしました。

これに続いて,日本のHudsonコミュニティを紹介し,日本Hudsonユーザー会の発足を発表しました。会長の丸山先生からは「日本ではあちこちでHudsonが使われているにも関わらずなかなか情報が出てこないので,ユーザー会にひっぱり出して情報交換を深めたい」という挨拶がありました。

最後に,Hudsonの将来の計画として,プラグインがよってたつ基盤となるコアの拡張と,計算機を湯水のように豪勢に使うための様々な工夫,そしてワークフローなどのより大型・複雑な用途に耐えうる機能を作り込んでいきたい,という発表をしました。

「Hudson活用事例」

株式会社シャノンのQAエンジニア,西野伸作さんから,シャノンでのHudsonの活用事例についての発表です。シャノンでは1サイクルが毎月新しいスプリントが始まり,それぞれが6週間というスクラム開発をしているので「自動化テストの効率的運用が必須」であり,そのためにここ数ヶ月の間にHudsonを使い始めたそうです。

Hudsonを使う工夫の一つとして,まず,ダッシュボード機能を使って,4人のQAエンジニアが,それぞれ自分の担当範囲の中で失敗したジョブだけを簡単に確認できるように工夫したと紹介されました。また,失敗したテストの繰り返し実行を容易にするために,5,000以上のテストケースを依存関係にしたがって木構造に構成し,任意のテスト(とそれに依存するテスト)だけを再実行できるようにしたとのことです。この手法は,テストの並列化にも貢献する大変面白いアイディアでした。

また,開発言語としてはPerlを使っており,Javaでない言語での事例としても面白いものでした。

「Ruby on Rails on Hudsonの活用事例」

大手SI企業で研究開発を担当しているという牧俊男さんからは,Ruby on Rails開発におけるHudsonの有用性に関する発表がありました。

牧さんによると,RoRアプリケーションは実行環境の微妙な差による動作不良の問題が多く,これを解決するためにクリーンな環境でテストするのが重要であるそうです。このためにHudsonが役に立つとのことでした。また,テストをサーバで走らせることによる省力化,可視化によるテストコードを書くモチベーションの向上なども役に立ったとのことです。また,具体的な運用例の紹介として,rpmをベースにしたインストール・テストの仕組みを発表し,使っているプラグインの設定等が解説されました。

最後に,マシンのスペックが貧弱なことに由来する苦悩が多かったというポイントと,最初は社内で抵抗があったけれどもお膳立てをしたら使ってくれるようになった,というアドバイスが印象的でした。

著者プロフィール

川口耕介(かわぐちこうすけ)

Hudsonプロジェクトの創始者。他にもオープンソースプロジェクト多数。Sun MicrosystemsでXML, Web services, GlassFishなどに関わった後,現在CloudBees, Inc. アーキテクト。

Blog:http://kohsuke.org/
Twitter:@kohsukekawa

コメント

コメントの記入